オトコの10人に1人は「義理と本命チョコの区別がつかない」!

2月14日はバレンタイン。多くのショコラブランドには、宝石のようなきらびやかなチョコがズラリと並んでいますよね。

会社でわたす義理チョコ、本命、友チョコ、自分用……。早くも、どんなチョコをあげようか、考えている女子も多いのでは?

でもちょっと待って!

“チョコをあげること”に夢中になり過ぎると、当日思わぬ失敗を招いてしまうかもしれませんよ……?

■男性の1割は「義理チョコ」と「本命チョコ」の区別が付かない

株式会社アイシェアが「バレンタインに関する意識調査」を行ったところ、チョコをあげる予定の女子は全体の約6割。「義理チョコ、本命チョコの両方あげようと思っている」女子も22.8%と、意欲的な女子が多いことがわかります。

しかし、同対象の男性の11.3%が、「本命チョコと義理チョコの区別がつかない」と答えており、約1割の男性がもらったチョコレートが「これって義理? それとも本命……?」と、判断に困っている実態が明らかになったのです。

最近のバレンタインチョコはラッピングも凝っていて、たとえチョコの数が少なくてもそれなりの値段に見えるもの。

「ブランドチョコだけど、数は2〜3個だし……」

「“いつも構ってくれてありがとう”というメッセージカードが入っていたけど、これって脈アリ……?」

もしかしたらあなたの何気なくあげたチョコも、相手の男性をウンウンと悩ませてしまっているかもしれません。

■本命と義理の予算差は、わずか「500円」

そもそも世の中の女性たちは義理チョコ、本命チョコにどのくらい予算を割いているのでしょうか。

株式会社デゥ・ハウスが20〜60代の女性1,326人に「バレンタインに関するアンケート」を取ったところ、本命チョコの予算は1,000〜1,999円が最も多く、42.1%。

対する義理チョコの予算は、「500円以内」が最も多く41.9%。わずかな上乗せなので、判断に迷ってしまう男性がいるのも仕方がないかも……?

誤解させたくない時は、渡す時に「お礼はいいですから」「いつもお世話になっているので」と、前もって断っておくと、男性も変に気を遣ったり、誤解がなくて済むかもしれません。

いまやバレンタインは恋愛だけに限らず、友チョコ、自分チョコと、労いの意味で楽しむイベントになっています。人間関係を良好にするアイテムとして、バレンタインを楽しんでみるのも悪くないのでは?

元記事を読む
提供元: closetの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理