1. トップ
  2. 恋愛
  3. 心を開いてもらうにはまず自分から!相手と打ち解ける極意とは?

心を開いてもらうにはまず自分から!相手と打ち解ける極意とは?

  • 2018.3.29
  • 15854 views

相手のことをもっと知りたいけどなかなか話してくれない、初対面の人となかなか打ち解けることができない。そんな悩みを抱えている方多いのではないでしょうか。相手に悩みなどを打ち明けてもらってもっと親密になりたい、そんな時に使えるとっておきのテクニックを今日はご紹介したいと思います。

大切なのは自己開示

まずみなさんに知って頂きたいのは「返報性の原理」という言葉です。これは「人になにかしてもらったらそれをお返ししたくなる」という人の心理を指す言葉。つまり、好意をもらったら好意を、悪意をむけられたら悪意を返したくなるということです。

もうお判りかもしれませんが、今回のテーマである「相手に心を開いてもらう」を実現するためには、こちらの心をまず開くことが重要なのです。自己開示とは読んで字のごとく「自己を開示する」ということ。そんなことわかってるわよ!という声が聞こえてきそうですが、実はコミュニケーションで悩んでいる人というのはこれができていない人がほとんどなんです。相手の話を聞こうとしすぎていたり、相手に質問してばかりだと相手はいつまでも心を開いてくれません。人間関係は鏡、相手に心を開いてほしいのならばまずは自分から自己開示しましょう。

実際の会話

では実際の会話でどのように自己開示していったらよいのでしょうか。

答えは簡単です、自分が相手のことで知りたいことをまず自分が話せばいいのです

相手の趣味を知りたいのなら「私本を読むのが大好きで、月に10冊も読んじゃうんですよね!○○さんは何かはまっていることとかありますか?」というように、まず自分のことを話します。

相手も同じような趣味ならそこから話を広げられますし、全く違うようならその人の趣味を自分も少しかじってみる。このようなテクニックを使えば相手の出身地や性格、色々なことまで聞き出すことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。相手がなかなか自分のことを話してくれないと感じているときはあなた自身が自分のことをさらけだしていない可能性があります。

自分のことを話すのは勇気がいるという人も多いかもしれませんが、それは相手も同じです。まずは自己開示することを心がけて、相手のことをどんどん聞き出していきましょう。