1. トップ
  2. スキンケア
  3. 額のシワ悩み……そのエイジングサイン、メイクで解決できます!

額のシワ悩み……そのエイジングサイン、メイクで解決できます!

  • 2018.3.29
  • 9447 views

「MAQUIA」5月号では、メイクアップアーティストのレイナさんが、スキンケアではなかなか解決できなくなってきた”老けサイン”を、メイクで解決する方法を教えます。

教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト
レイナさん

的確に悩みを解決して美しさを引き出す審美眼に定評。メイクアップサロン「クリスタリン」主宰。

表情グセで朝起きるとおでこにクッキリシワが…夫からも「おでこにシワできてるよ」と注意喚起。


REINA's アドバイス

「額や眉山が上がる人は険しい表情につながりがち。表情グセでできる影の部分をコンシーラーでカバーして優しい感じに仕上げて」

シワ一本一本に対して塗るのではなく、おでこ全体を横断するようにくるくる螺旋状に塗るのがポイント。

光の反射を行き渡らせるように指先でなじませる。潤いの膜で細かな乾燥ジワまでふっくらと。


これを選んで
光の反射で凹凸をフラットに整える。エアリフトスムージングワンド ¥3800/THREE

眉山の筋肉は無視して角のないなだらかな眉に描き、眉山上の影を筆ペンタイプのコンシーラーでひと塗り。

指先でなじませる。普段は気にしない眉山の影を意識してカバーすれば印象が優しく女度アップ。


これを選んで

素肌にとけ込む色。アドバンスドスムージング コンシーラー 02¥3500/THREE

解決!

潤いと光のWカバーでふっくら優しく

乾きと影を感じさせた額の小ジワを透明な光のヴェールで埋めて、眉山の筋肉のもり上がりを補正するだけで、表情が優しく変化。堅さがほぐれて美人度も上がる!

MAQUIA5月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 五十嵐 真(物) ヘア&メイク/レイナ スタイリスト/立石和代 文/秋田ゆみ子 企画・構成/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】