1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【大人の恋の処方箋】好きな人がいるけど、別の人に告白された時の対処法

【大人の恋の処方箋】好きな人がいるけど、別の人に告白された時の対処法

  • 2018.3.28
  • 12702 views

「4年間片思いをしています。今までは遠くから眺めているだけで十分でした。

でもこの間、別の人から「ずっと好きだった」と言われ、すごく戸惑っています。

告白はうれしくて、彼のことを嫌ではないけれど、片思い相手のことも諦めたくない気持ちがあるのです」(27歳女性 営業)
好きな相手がいても、その人があなたを好きでいてくれれば……

そもそも、恋愛で悩む必要はありませんよね。
ですが、そうはいかないことが多いのが現実。

質問者さんのように、好きな人がいても他の相手に告白されてしまうこともあるでしょう。
今回のコラムでは、好きな人がいながら、他の相手に告白された時の決断の仕方について解説していきます。

<片思いの相手と、告白してくれた相手の関係は?>

片思いの相手と告白してくれた相手は、知り合い同士でしょうか?

2人が知り合い同士なら、片思いの相手を見つめる喜びと、彼氏ができる喜びを比べて今のあなたに必要な方を選びましょう。
2人が知り合い同士でないなら、告白してくれた相手とお付き合いを検討してみては?

だからといって、片思いの相手もあきらめることはありません。

今の恋愛をうまくいかせながら、片思いの相手と近づく努力、両方やりましょう!
恋愛の力は、自転車と同じ。一度習得したら、そう簡単に忘れることはありません。

つまり、告白された人とお付き合いをスタートさせたら「恋人ができる力」を習得したということ。
その力は、他の相手にも使うことができます。

告白してくれた相手と付き合うことで男性とのコミュニケーション力がアップして、片思いの相手に近づけるかもしれません。

もしくはお付き合いの方が楽しくて、片思いはどうでもよくなるかもしれません。
結末は、なるようになります。

チャンスが落ちているのですから、まずは拾ってみることをお勧めします。
 

<相手を一人に絞らないススメ>

「初めて付き合った相手と結婚して、ずっと幸せに暮らしました」

というのが、理想的な恋愛だと思いますが、なかなかそうはいかないもの。
アラサーくらいであれば、異性に求めるものが年単位で変わっていくことがあります。

好きな人が何人かいたり、しょっちゅう変わってしまっても、自分を責めることはありません。
「相手を一人に絞らないと!」と力を入れすぎない方が、不思議と運命の相手に巡り合えるもの。

片思いの相手でも、告白してきた相手でも、運命の人であれば、彼とのデートが忙しくて他をチラ見する余裕なんてなくなりますから。
【大人の恋の処方箋】好きな人がいるけど、別の人に告白された時の対処法はWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

橘つぐみ

恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』、『最終彼氏の見つけ方(大和出版)』他。2児の母。