1. トップ
  2. グルメ
  3. 美味しいパリの日常を再現!「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー」が吉祥寺にオープン

美味しいパリの日常を再現!「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー」が吉祥寺にオープン

  • 2018.3.27
  • 493 views

パリ10区の人気店「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー」の世界展開1号店が2018年3月24日(土)、吉祥寺にオープン。「100年前からそこにあるかのような、親近感のある店」をモットーに作られた店の2Fには、リベルテにとって初めてのカフェも。「パリのおいしい日常」を再現したメニューが揃う。

オーナーのミカエル・ベニシューが「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー」をパリのBOBO(ブルジョワ・ボヘミアン)地区と呼ばれるエリアにオープンしたのは2013年のこと。新しいカルチャーやファッションの発信源とも言えるその地区で、リベルテの人気は着実にアップ。「菓子作りの繊細さで作るパン」という意味を込めた店名のもと、「透明性」「親近感」「品質」の3つを大切にしながら作られるスイーツやパンは、パリっ子の心を捉えて離さない。

そんなリベルテが世界進出に当たって出店先に選んだのは、日本で常に「住みたい街」の上位にランクインする吉祥寺の裏通り。彼らはここで、地元の人に愛される店でありつつ、少し離れたところからでもわざわざ人が訪れるような、「街の顔になるパン屋さん」を目指しているのだという。

 

1Fの売り場のすぐ奥には、ガラス張りのオープンな工房が。パリ本店の象徴的な存在である大理石のカウンターは東京でも再現され、床に敷き詰められたタイルも本店と同じ。白と緑を基調にパリの雰囲気を再現した2Fのカフェは、オープンから19:00までノンストップで営業。時間帯により、1階で購入したパンやサンドイッチを持ち込めるイートイン(9:00〜11:00)、パンと一緒に、スープ、魚、肉、デリ、スイーツからひとつを選べるセットを展開するミディ(11:00〜15:00)、パンとワイン、ホワイトビールなどとともに肉やグリル野菜などのおつまみを楽しめるアペロ(15:00〜19:00、L.O.18:30)に分かれているのが特徴だ。

ブーランジェのスペシャリテである「パン リベルテ」をはじめとしたパンやスイーツは、日本のライフスタイルの中でパリらしさを感じられるよう、こだわり抜いた材料やレシピで丁寧に作られている。日常の食卓の強い味方になってくれるのはもちろん、ホームパーティーの際のお持たせにしても喜ばれそう。2Fのカフェも、休日のブランチに、ディナー前のアペロにと、さまざまな形で使ってみたい!

リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー
0422-27-6593
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-3
営業時間:1F平日 9:00〜19:00、土・日・祝日 8:00〜19:00/2F9:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日:月曜(祝日の場合は翌火曜を休業)
http://www.libertejapon.com


text : Shiyo Yamashita