1. トップ
  2. 恋愛
  3. LINEは?デートのアポは?忙しい男との付き合い方のコツ4つ

LINEは?デートのアポは?忙しい男との付き合い方のコツ4つ

  • 2018.3.26
  • 31261 views

恋愛の優先順位が低めの「忙しい男」に悩まされている女子も多いのでは?年度の変わり目はふだんより忙しくなる男性も多いです。すれ違いをさけて、ラブラブに付き合っていくにはどうすればいい?
忙しい男との付き合い方のコツをまとめました。

LINEは追撃してもいい

一般的には「返事がないのにガンガン追撃してはダメ」と言われるLINEですが、忙しい男が相手なら話は別。彼らは、自分は忙しいからと連絡しないくせに、彼女が連絡を控えると「こんなに連絡がないなんて、なんかあったのかな」なんて言い出すことも。
「スルーしちゃうことはあるけど、めげずに連絡をくれていれば、時間があいたら真っ先に連絡する」という声も多いので、返信のないLINEにも、2、3日後に追撃してみるのはむしろアリなのだそう。

わかりやすく明るく接する

とはいえ、忙しい男相手に長くて深刻なLINEを送るのはNG。「忙しいってことは私の優先順位が低いってことだね……」なんて送られても、返信を考える気力もないのだそう。
「時間が出来たら○○に行きたいな」と、自分の気持ちをストレートに送るようにしていたら「明日、時間できた!行こう!」なんて誘いが入ることもよくありますよ。
せっかく会えたのに、会えないことを責めたり、辛い思いをぶちまけるのも、「忙しいのはどうにもできないから、そんなにつらいなら別れる?」と言わせてしまう原因に。
女子には考えにくいことですが、忙しい時期の男性は察する能力&気遣いスキルが普段より大幅にダウンします。わかりやすく&明るく接するのが大事です。

いちいちお伺いを立てない

忙しい彼に気を遣って「今週末は会えそう?ムリかな?」なんて、彼に対して都合を尋ねる聞き方をしていませんか?一見、優しい気配りに見えるのですが、彼としては、かまってあげられてない彼女から優しい聞き方をされることがかえって心の負担になることも。
低姿勢で聞かれることで、彼女がデートのアポ取りをしてくることが憂鬱に感じられることもあるようです。女子サイドとしても、彼の予定に振り回されて不安になったり、イライラするのは嫌ですよね。
「時間あいたら教えて。予定入れちゃうかもしれないけど」くらいのライトな対応の方が、お互いハッピーに過ごせるようです。

被害者意識は敵!スケジュールは自分で決めてよし

忙しい男の言う「忙しい」は、シンプルに言葉通りの意味であることがほとんど。決して、気が進まないから忙しいと言ってごまかしているわけではないんです。
「忙しいなんて、私に関心ないんだ……」なんて、勝手に被害者意識を持つのはやめましょう。自分のスケジュールは自分で決めていいんです。「それでは彼と都合が合わなくなるのでは?」と思いがちですが、彼女は楽しく過ごしているし、自分が合わせないとスケジュールが合わないようだ……と思えば、彼が合わせてきます。
 
連絡は遅いし、デートの約束もしにくい。こちらの気遣いにも「あんまり気を遣われてもなあ」なんて言うし……。忙しい男性は、恋の相手として考えると実は結構ワガママ。
でも、だからと言って女子が必要以上に顔色をうかがう必要はないんです。癒される相手なら、彼が勝手に寄ってきます。彼を待つことに必死にならず、楽しく過ごして明るく接するのが一番です。(中野亜希/ライター)
(愛カツ編集部)