1. トップ
  2. メイク
  3. オーラを宿した品格眉に! KUBOKI流アイブロウテクニック

オーラを宿した品格眉に! KUBOKI流アイブロウテクニック

  • 2018.3.26
  • 4192 views

「MAQUIA」5月号では、メイクアップアーティスト・KUBOKIさんが、ツヤと毛流れを重視した品格眉の作り方をレクチャー。色っぽい濡れツヤと立体感で、トレンドの女優眉が完成!

美人のバランスを知り尽くした
アーティストは知っている

なりたい顔に近づくヒントは
女優眉にあり!

KUBOKIさんが考える女優眉とは…

ツヤと毛流れが命!
オーラを宿した品格眉

印象を大きく左右する眉は、潜在的な美しさや存在感を引き出すために有効で、実はアイメイクよりも大切にしているパーツ。ムラがなくてキレイに整ったフレームや毛流れは女優として必要な品格や内に秘めた凛とした強さを醸し出すことができます。ポイントは仕上げの透明セラム。毛並みを整えながら光沢感を加えれば、憧れの女優顔に早変わり。


“色っぽい濡れツヤと
立体感だからこそ成せる
トレンドの女優眉がここに”

―by KUBOKI

高発色で
密着度の高い
くり出しペンシル

なめらかな描き心地の細身の芯。ナチュラルブラウン。ペンシル アイブロウ BR302 ¥3500/コスメデコルテ

眉尻の繊細ラインも
お手のもの!
アイブロウリキッド

水っぽくなく、しっかり発色のリキッドタイプ。ナチュラルブラウン。インテグレート ビューティーガイドアイブロー N BR671 ¥980(編集部調べ)

ふわり&メリハリ
太眉が完成する
濃淡パウダー

濃淡ブラウンのパレットでニュアンスのある仕上がりに。マキアージュ アイブロースタイリング 3D 50 ¥2500(セット価格・編集部調べ)/資生堂

毛を育てながら
ツヤ感も!
ラッシュセラム

透明な美容液でナチュラルなツヤとボリューム感を。ラッシュセラム EX[ 医薬部外品] 7㎖ ¥1800/アヴァンセ


【次のページをチェック】KUBOKI流・女優眉の作り方はこちら! 》》


KUBOKI流女優眉の作り方

1 ペンシルで毛を足して形を補正

眉を描く前にプレストパウダーで余分な油分や皮脂を抑える。Aのペンシルで毛のない&少ない部分を描き足して、眉の底辺がややストレートになるよう調整する。

2 眉頭の毛を立たせて立体感を

Aのペンシルで眉頭の毛を立たせるよう下から上に繊細な毛を。この時、同じテンションで描いてしまうとのっぺりとしてしまうので、上に向かって力を抜くように。

3 リキッドで眉尻の毛を2本描き足す

自眉の眉尻からBのリキッドで2本の毛をプラスして、眉尻をやや長く仕上げて印象を強調。品の良さを引き上げる、この2本の繊細なラインは女優眉に欠かせない。

4 形を整えるようにパウダーをON

Cのパウダーの中央3色をブレンド。フレームをかたどるように眉頭から眉尻までふわっとのせて眉全体に立体感を。3で描いた2本の毛の上にも重ねるのが重要。

5 淡いパウダーでノーズシャドウを

Cの右から2番目のパウダーを眉頭から目頭上までの鼻筋のラウンドに沿って、さらっとひと刷毛。影を入れることで骨格が際立ちナチュラルな立体感のある顔立ちに。

6 透明セラムでツヤと毛流れを調節

毛並みをとかすよう眉全体にDのセラムを。下から上に毛を立たせるように塗布すれば、上品なツヤと立体感が両立。抜け感のある今どき眉はクリアな発色をチョイス。


MAQUIA5月号

撮影/菊地泰久、資人導〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three Peace〉 スタイリスト/後藤仁子 西野メンコ モデル/岡本あずさ 取材・文/佐藤 梓 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】