1. トップ
  2. 恋愛
  3. 意外とやりがち!? 長く愛されるために止めたいこと3つ

意外とやりがち!? 長く愛されるために止めたいこと3つ

  • 2018.3.21
  • 27118 views

彼氏・彼女でいるということは、ふたりの間には特別な関係があります。そんな関係だからこそ、してしまうとよくない気遣いや遠慮も……!? そこで今回は、意外とやりがちなNG行動をまとめてみました。長く愛されるためには、どんなことに気をつければよいのでしょう?

■彼ばかりを優先させる気遣い

それぞれの生活や仕事、予定があるため、デートをするにしても、用事を頼むにしても、スケジュールのすり合わせが必要です。ときには、彼に予定を調整してもらったり、自分が時間を調整したりすることもあるでしょう。
ただ、「彼のため」「彼氏が一番」と考えて、彼の予定を最優先させてしまう方も多いのではないでしょうか? たしかに相手のことを考えた気遣いですが、長く愛されるという基準からすると、これはちょっぴりよくない気遣い。
彼にしてみると、お客様扱いのように感じ、彼自身が無理をしなければならないと感じるケースもあります。逆に、彼の予定を最優先させることが「当たり前」になってしまうと、対等なお付き合いではなくなってしまうことも考えられるので、彼ばかり優先させることがないよう気をつけておきましょう。

■メリハリが◎ 終日完璧すぎる外見

外見に関しても、1から10まで完璧に見せることは、かえって彼からの愛情を遠ざけてしまうこともあります。デートに気合いを入れていくのは正解ですが、のんびりするはずのおうちデートや、お泊り、共通の友達とワイワイ遊ぶときにまで完璧な外見なら、ちょっと手抜きする時間を作ったほうがいいかもしれません。
むしろ外見には、メリハリをつけるのが◎。デートのときの素敵なあなたと、おうちデートやお泊りのときの、ちょっとラフなあなた。友達と遊ぶときのカジュアルな雰囲気。そして、記念日の夜などには大人の雰囲気を。
笑ったり、怒ったり、泣いたりする姿を愛おしく感じるのと同じこと。男性の多くは、完璧だったり、そうじゃなかったりという、人間らしさに惹かれるものなのです。

■私がやるから大丈夫! 彼への遠慮

自分自身の問題であれ、彼がやってくれようとすることであれ、ついつい「彼に負担をかけるのは申し訳ない……」と考えてしまっていませんか? たしかに、自分でできることは自分でして、彼が大変なときは、できるかぎり力になりたいと思うものです。
ただ、「彼に頼る」というのも、大切な愛情表現。あなたが彼にやってもらうことに、申し訳なさを感じている以上に、彼は「自分が手伝えないこと」を寂しく思っているかもしれません。
「手伝おうか?」「俺がやっておくよ」なんていわれたら、素直に「ありがとう!うれしい!助かる!」と、喜んで見せましょう。彼にとっても、大好きな彼女の力になれるという喜びが、末長く愛する原動力になるはずです。

■おわりに

彼氏のことが大切だからこそ、ついついやってしまう遠慮や努力。間違ったことではありませんが、愛情は必ずしも「正解」から生まれるものではありません。
人間だれしも完璧ではなく、疲れたりサボったりするもの。疲れているときに油断でき、助け合える関係になってこそ、深い愛情が生まれるのではないでしょうか?(山田あいこ/ライター)
(愛カツ編集部)