1. トップ
  2. ヘア
  3. ラフな毛先が可愛い♡春のミディアムはくびれスタイルがおすすめ♪

ラフな毛先が可愛い♡春のミディアムはくびれスタイルがおすすめ♪

  • 2018.3.20
  • 6550 views

まだまだ人気のくびれミディアム♡この春は毛先をラフに動かすようにスタイリングするのがおすすめ。女性らしい抜け感があるナチュラルなスタイルは、大人の女性にぴったりのスタイルですよ♪

ラフな毛先が可愛い♡春のミディアムはくびれスタイルがおすすめ♪

ほつれたような毛先が可愛いくびれミディアム。作りこみすぎないの最近の人気アレンジです。カラーも柔らかい印象のブラウンで、スタイルとの相性がいいですね。アイロンで巻くときは、大きめの38ミリくらいのアイロンでワンカールするのがおすすめ。

フェイスラインはマッシュ気味で、丸みがあるソフトウルフ系のミディアム。トップにふんわり感を出したい人にもおすすめ。面長さんは前髪を重めにして、丸顔さんは軽めの前髪にするとさらに小顔効果がアップします! 

鎖骨下ラインの少し長めのくびれミディアム。ゆるやかな曲線のカールが女性らしくていいですね。肩に沿わせて自然な外ハネにしているので、カジュアルな印象になります。キチンと系に仕上げたいときには、内巻きやストレートに仕上げるのも印象が変わっておすすめ。 

ショートバングが可愛いカジュアルな印象のくびれミディアム。くせ毛の人にもおすすめですが、ストレートの人は全体にゆるくパーマをかけると、スタイリングしやすくなります。少しボリュームを出すように仕上げたほうが可愛く仕上がりますよ。 

長めの前髪と、センターパートで落ち着いた印象のミディアム。毛先はワンカールの内巻き程度なので、アイロンを使わなくてもドライヤーで仕上げられるアレンジです。前髪が長めなので、サイドに分けたりと分け目を変えると印象が変わりやすくていいですよ。 

毛先は少ししっかりとしたカールのあるミディアム。少し重さのあるスタイルですが、明るいカラーなので毛先の動きが出やすくなっています。軽く見せたい人は、やっぱり明るめのカラーにするといいですね。 

トップからレイヤーが入って毛先が軽く、動きの出やすいスタイルに。毛先は軽いのですが、トップは丸さがあるのでストンとなりすぎず、女らしいシルエットになっていますね。ラフに仕上がるようにアイロンより、カーラーで巻くといい感じになりやすいですよ。 

軽くしすぎない重さのあるミディアム。全体に重さはあるのですが、毛先は動きが出やすい程度に軽くしています。おでこを出しているので、重いスタイルですが顔の印象は暗くなりすぎないのでいいですね。タイトに仕上げるよりは、ボリューミーに仕上げたほうが可愛く仕上がります。 

ちょうど肩に当たってはねやすいミディアム。自然に外ハネに仕上がるように毛先を軽くするとスタイリングが楽に。時間のない朝などはとても楽になります。時間があるときはアイロンで巻けば、内巻きに仕上げることもできるので、アレンジを楽しむこともできます。 

ブラントベースのミディアムを外ハネに仕上げて、くびれアレンジに。頬骨からあごのラインにかけて丸さを出すように仕上げると、あごの下からくびれができて小顔効果も高くなります。 

ウルフベースの軽さのあるミディアムスタイル。柔らかいくせ毛の人にも向いてます。細い髪の人はあまりすき過ぎると、ボリュームがなくなりすぎてしまうので、毛先に少し重さが残る程度にするといい感じに。

ショートバングが可愛いミディアム。丸さがあり少し重めのシルエットがいいですね。重さがあるのでクラシカルな印象になっていて、個性的な印象にもなります。 

短いアシメの前髪が可愛い重めのミディアム。やりすぎない程度のくびれが大人っぽいですが、短い前髪で抜け感があるスタイルに。髪の量が多く広がりやすい人は、トップを長めにしたほうが収まりがよくなるので、このくらいもおすすめです。 

長め前髪のウザバング。ラフに仕上げたスタイルで、クールな印象に。ミディアムのくびれヘアは丸さが出やすいですが、ウェット仕上げやタイトに仕上げることで、クール系にもアレンジできます。 

自然な外ハネが可愛いミディアムスタイル。そんなに軽くないのでくびれヘアになりにくそうですが、外ハネに仕上げるとくびれ感が出やすくなります。面長さんはタイトに仕上げるよりは、少し丸さを出してボリューム感のあるアレンジにするのがおすすめ。 

まとめ

くびれミディアムでも毛先を軽くしたり、少し重さを出したりで印象が変わりやすいですね。少し前に人気だったくびれヘアよりは、毛先にラフさを出してキッチリ仕上げすぎないのがポイント。アイロンも32から38ミリの大き目のアイロンを持っていると便利です。ない人はカーラーを使ったり、細めのアイロンで毛束を厚めにとったりして調整するといい感じになりますよ。ワンカール以上は巻かないで、崩して仕上げるとラフ感が出やすくなります。