1. トップ
  2. ファッション
  3. カーテンでお部屋を模様替え☆カーテンの選び方&ハンドメイド方法!

カーテンでお部屋を模様替え☆カーテンの選び方&ハンドメイド方法!

  • 2018.3.19
  • 10836 views

春は模様替えしたくなる時期。カーテンでお部屋の雰囲気を変えてみましょう。「市販のカーテンに思うような生地がない」「お金をかけずにカーテンを取り替えたい」「好きな場所に目隠しを作りたい」と思っている方も必見です。ハンドメイドのカーテンなら、好きな布で希望のサイズに作ることができます。インテリアを楽しむ皆さんのアイディアをご紹介します。

気取らないカジュアルカーテン

鉄の棒のカーテンレールとリネン生地のカーテン

カーテンレールは、ホームセンターで1本200円で購入した鉄の棒です。カーテンは、リネン生地をまっすぐ縫ってカーテンクリップでつけた、簡単仕様だそうです。リネンの透け感、シワ感がいい味わいです。

黒の厚地&レースの男前カーテン

アウトドアインテリアの、ご主人様の趣味スペースのカーテン。レンガ風壁紙と、インダストリアルテイストの家具が、男っぽい部屋です。黒レースのカーテンを合せ、バーのような大人っぽい雰囲気を演出しています。 

黒のドレープ(厚地)カーテンが、ジーンズのタペストリーや、カモフラ柄のキャンプチェアと相性抜群です。 

リーフ柄カーテンで西海岸&ヴィンテージミックス

バスロールサインが中心のヴィンテージテイストがベースのベッドルームです。観葉植物を思わせる、水色のリーフ柄カーテンと、マクラメタペストリーで、西海岸テイストをミックス。 

大好きなマリメッコ生地のカーテン

マリメッコのvihkiruusu(ヴィヒキルース)という生地。これを縫って、カーテンボックスから吊るすだけで、リビングが北欧インテリアに。カーテンはお部屋で大きい面積を占めるため、雰囲気をガラッと変えることができます。 

子供部屋こそ夢のあるカーテンにしてあげたい

男の子部屋のバスロールサインカーテン

バスロールサインが男前な雰囲気のカーテン。かっこいい男前インテリアですが、なんとトミカで遊ぶ年齢の男の子のお部屋です。 

女の子部屋のチェックカーテン

白とピンクが基調の女の子部屋です。カーテンは、天井クロスやおもちゃより1段濃いピンクのチェック生地を選んでいます。市販カーテンでは希望のチェック柄がない場合、布地屋さんならお気に入りが見つかるかもしれません。 

遊び心満載!パリのアパルトマン系カーテン

グレーの縦ストライプのクロスで、フレンチ系インテリアの女の子部屋です。TVボードの目隠しには、紫の花柄の布、チェストはマスキングテープを丸く切って水玉に、遊び心満載です。個性の強いアイテムを引き締めるのは、ショッキングピンクのカーテン。タッセルでゴージャス感を出しています。パリのアパルトマンのような子供部屋になりました。 

カフェカーテン

透け感たっぷりのリネン生地にステンシルをしたカフェカーテン

透け感のある、オフホワイトのリネン生地です。イラストやロゴをステンシルすることで、ナチュラルなカフェ風に。カーブのある裾や、フリンジがカジュアルなアクセントになっています。 

のれん

北欧の幾何学柄の布をのれんに

玄関から一直線にリビングが見えると、お金の逃げ道になるということで、のれんをつけたそうです。実は生成り色の布をベースに、北欧柄の布を縫い合わせています。ハンドメイドカーテンは、1枚の布ではなく、パッチワークのように布を縫い合わせて自由に作れる楽しみもあります。

オフホワイトのリネン生地に英字をステンシル

キッチン周りのみサブウェイタイル調クロスを残し、他を濃いグレーのクロスに貼り替えて模様替えした例です。雰囲気がガラッと変わり、男前インテリアになりました。のれんのホワイトが、男前インテリアに明るさとナチュラル感をプラスしていますね。 

間仕切りカーテン

マリメッコの布をリビングのアクセントに

リビングと子供部屋の間の、白い引戸では味気ないので、マリメッコのlokki(ロッキ)の生地をTVボードの後ろに天井から吊るしています。大きめのサイズで布を買ってきて吊るすだけの、お手軽な間仕切りカーテンです。大胆な柄が、リビングの北欧インテリアのアクセントになっています。 

リネン生地を流木にかけベッドスペースの間仕切りに

寝室の照明を裸電球にしているため、ダイレクトな光が寝るときに目に入り、眩しさを感じます。安眠のために取り付けた、リネンの間仕切りカーテンです。ベッドスペースだけ仕切ることで、秘密基地のようで不思議と落ち着く効果もあります。部屋は、オフホワイトのロールスクリーンを使っているのですが、かなり光を通しますし、透けます。間仕切りをして暗くすることで、TVも見やすくなったそうです。 

切りっぱなしがワイルドな間仕切りカーテン

ガーゼのような、ナチュラル感のあるホワイトと濃いグレーの布地。縫わずに、切りっぱなしのまま、シルバーの洗濯用ピンチでロープに吊るしています。ロープがカーテンの重みでたわんでも気にしない。切りっぱなしから、糸がほつれてきても、かえってワイルドでOK。古材とアイアン脚のデスクがある、ヴィンテージインテリアのパソコンスペースです。カーテンで仕切ることで、仕事や勉強に集中できる効果があります。 

収納カーテン

カラーボックス内に突っ張り棒で収納の目隠し

定番で、既に実践している方も多いですが、カラーボックスの内側に、短い突っ張り棒をつけ、カーテンで間仕切りにしています。カーテンクリップやカーテンに使う生地は、100均でも用意することができます。 

まとめ

選ぶ生地によっては、想像以上に透けて、外から見えてしまうこともあります。白・オフホワイト・薄いベージュの生地は、夜電気を点けると、人のシルエットまで映ってしまう可能性も。道路に面していたり、隣家が近い、女性の部屋など、プライバシーが必要な部屋のカーテンにしたい時は、生地選びに注意が必要です。心配な場合は、厚手の生地や、透けない色味の生地を選びましょう。