1. トップ
  2. スキンケア
  3. 絶対に焼きたくない! 水井真理子さんがUVケアをレクチャー

絶対に焼きたくない! 水井真理子さんがUVケアをレクチャー

  • 2018.3.18
  • 1232 views

「MAQUIA」4月号では、トータルビューティアドバイザーの水井真理子さんに、UVケアに関する基本知識とお手入れ法を教えていただきました。

美白&UVを最大に効かせるQ&A

美白ケアは毎年しているのにどうして効果を感じないの? そんな悩みは『サイエンス』の正しい知識を得れば解決。師匠がニッチな疑問にお答えします。


お手入れの真理子に聞いた!

トータルビューティアドバイザー
水井真理子さん

あまたの女性の肌に触れたエステティシャンとしての経験とコスメ知識で美の伝道師として大活躍。


まりこがレクチャー
UVは効果がなくちゃ、意味がない!

お手入れ de UV

Q ムラにならない塗り方を教えて!
A 顔のキワ、端を忘れずに!

「絶対に日焼けしたくないのなら、ケーキのスポンジに生クリームを塗るように、同じ厚さで均一に塗るのをイメージしましょう!」

適量を取り、親指以外の4本の指の腹に広げる。

顔の中心から外側へ、顔全体にまずは伸ばしていく。

上まぶた&下まぶた、目の周りへ丁寧に広げる。

忘れがちな鼻にも。鼻筋の中央、両サイドに塗布。

最後に細かくタッピングをして均一にならしていく。


【次のページをチェック】最大に効かせるお手入れUV! 》》

Q 絶対に焼きたくない!
日焼け止めはどのくらい
塗ったらいい?

A 500円玉大
またはパール粒大

「UVカット効果を出すには、各メーカーが推奨している適量を必ず使用して。みんなが思っているより“多め”です」

シャバッと系

シャバッと広がるテクスチャーは、顔全体で500円玉大の量が目安。

こっくり系

「パール粒大」といわれるものは、3Dでパール粒になるように取る。

Q 日焼け止めのお直し、
メイクの後だと難しい……

A お直しパウダーやBBを活用

「メイクの上からはなかなか重ねにくい日焼け止め。BBやUVパウダーを使って、お直し&UV重ねを兼ねて」


リキッドFDはBBでお直し

1水で濡らし軽く絞ったコットンで汗を押さえる。

2UVカット効果のあるBBなどを適量、上から重ねる。


つけているほうが潤う美容液BB。アスタリフト BBクリーム 全2色 SPF50+/PA++++ 30g各¥4200/富士フイルム(3/1発売)

パウダリーFDは
お直しパウダーで

パウダリーFD派も上プロセスの1を経てから、お直しパウダーを。

色ムラカバー&UVカット効果を両立。トランシーノ薬用UVパウダー(医薬部外品) SPF50/PA++++ 12g ¥3000(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア

Q メイク下地と
日焼け止めは分けるべき?
A なりたい仕上がりに
よって使い分けを

「アウトドアは強力な日焼け止めを優先。日常はUV下地など用途で使い分けを。『下地・日焼け止め』と書いてあるものは1品でOK」

水井さん推薦の重ねてもヨレない日焼け止め。SHISEIDO パーフェクトUVプロテクション S 低刺激タイプ SPF50+/PA++++ 50㎖ ¥4500/資生堂インターナショナル


MAQUIA4月号

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/甲斐美穂〈ROI〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/山賀琴子 イラスト/きくちりえ〈Softdesign〉 取材・文/松井美千代 構成/木下理恵(MAQUIA)

【MAQUIA4月号☆好評発売中】