1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 柔らかい白で心が安らぐ☆ホワイトナチュラルインテリアを作るアイディア集

柔らかい白で心が安らぐ☆ホワイトナチュラルインテリアを作るアイディア集

  • 2018.3.7
  • 6095 views

暖かい光が室内に降り注いだ時に、最もお部屋の雰囲気を柔らかくしてくれるのは、やっぱり白ではないでしょうか?白を基調としたナチュラルインテリアにすると、忙しい日々の中でホッと一息つけるような、心安らぐ空間になりますよ♪今回は、そんなホワイトナチュラルインテリアを作るためのアイディアをご紹介いたします!

ホワイトナチュラルテイストに合う家具を揃える

優しい雰囲気のホワイトナチュラルインテリアを作るには、白い家具が欠かせません!白色家具でも、特に写真のようなラタンなどを編んだ素材を使っているものは、光を通して軽やかに見せてくれますよ。

テーブルなどの大型家具は存在感があるので、ホワイトナチュラルなテイストに合うものを選びたいですよね。写真のような、シャビーな色合いの角材を組み合わせたものは、ナチュラルインテリアに程よく馴染んでくれます。 

アンティーク風の色むらのある家具を取り入れると、風化したようなナチュラルな風合いが楽しめますよ♪100均などで売られている白い塗料を使ってDIYすると、さらにナチュラル感がUPします。 

同じ白いボックスでも、ペイントにむらがないと、よりクールな印象になりますね!こうしたクールでモダンな味わいの家具を取り入れるなら、ドライフラワーやナチュラルな素材感の雑貨と組み合わせてディスプレイすると、ナチュラルな雰囲気の中に洗練された印象が加わりますよ。 

こちらはリーディングヌックとしても使えそうな、小さなインディアンテントを置いたお部屋。テーブルセット以外にもこうしたリラックスできる場所があると、ホワイトナチュラルインテリアがさらに柔らかい雰囲気になります☆ 

白いディスプレイ家具を揃えてみる

白っぽいすのこの裏を活用して、おしゃれなナチュラル雑貨をディスプレイすると、お部屋にナチュラルインテリアらしさが加わりますよ♪色は真っ白にせず、元の木の風合いを残しておくのがポイントです。 

折りたためる木枠に、おしゃれなアンティークフックでナチュラル雑貨を飾ってみました!白壁と白い木枠がマッチして、ナチュラル雑貨の優しい雰囲気を際立たせてくれていますね。 

壁にディスプレイ用のドアを立てかけると、外国の田舎のお家のような、温もりあるナチュラルインテリアを演出できますよ♪ドアにフックを取り付けて、カーテンレールとの間にガーランドを垂らす方法は、ドライフラワーを飾る際にぜひ参考にしたいですね。 

ホワイトナチュラルインテリアに合う壁作り

ホワイトナチュラルインテリアを作る際には、まっさらな壁にナチュラル風の板材やブロックを貼り付けるのがおすすめです。ブロックは壁全部に貼るよりも、写真のように元の壁を残したほうが、ブロックのゴツゴツした雰囲気が際立ちます。

壁の片面にホワイトシャビーな板材を貼り付ければ、清潔感のあるホワイトナチュラルテイストに♪本物の板以外にも、白板風のウォールシールが100均やインテリア通販サイトで販売されているので、ぜひ活用して手軽に白板を楽しんでくださいね。 

こちらは、柔らかいベージュの木と小鳥柄のウォールステッカーを使用した例。白壁と白家具の清潔感を残しつつ、一気に森の中にいるような爽やかで柔らかい雰囲気を作り出すことができますよ☆ 

壁にナチュラル雑貨を飾り付けることで、ホワイトナチュラルテイストを作り出すこともできます。白くて硬い印象の壁に、写真のような優しい色合いのナチュラルインテリアを散らばるようにして飾り付けると、広い面積をDIYしなくても手軽にイメージチェンジできます! 

白い繊細なレースを使ったガーランドも、ホワイトナチュラルインテリアにはぴったりなアイテム☆アンティーク風アイアンの飾りの前にガーランドを垂らせば、アイアンの重厚で硬い雰囲気が和らぎ、優しい雰囲気のホワイトナチュラルテイストになりますよ! 

ホワイトナチュラルインテリアには、白や生成りの柔らかいレースが欠かせません!レースの模様がそれぞれ違うと、より気の抜けたリラックスした雰囲気を演出できます。

白いユニークな壁飾りを取り入れたい時は、部屋全体に似たようなテイストのアイテムを点々と置くと、浮くことなくホワイトインテリアに馴染んでくれますよ。こちらの白い壁飾りはアートな雰囲気があるので、お部屋の他のアイテムも、ナチュラルな中にもアートな雰囲気のある物を選んでいますね! 

まとめ

今回ご紹介したアイディアを使うと、ホワイトナチュラルインテリアがより優しく、心安らげる雰囲気に仕上がりますよ!現在ホワイトナチュラルインテリアにしていて、よりリラックスした雰囲気を作りたい方も、これからホワイトナチュラルインテリアを試したい方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。