1. トップ
  2. レシピ
  3. グルテンフリーなしあわせおやつ「豆腐と米粉のハニーパンケーキ」【今日の時短ごはん Vol.53】

グルテンフリーなしあわせおやつ「豆腐と米粉のハニーパンケーキ」【今日の時短ごはん Vol.53】

  • 2018.3.7
  • 16480 views

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。
子どものおやつを手作りしたいけれど、作る時間がないからつい市販のおやつを買ってしまう。そんなお悩みに、小さなお子さんにも安心のお豆腐と米粉で作る、ご飯のようなおやつ「豆腐と米粉のハニーパンケーキ」をご紹介します。お豆腐と粉を混ぜてフライパンで焼くだけ! オーブンを使わずに、手軽にパパッと作れる、素朴な材料だけどモチモチフワフワなしあわせおやつです。

小麦粉を使ったおやつは、ぐるぐる混ぜるとグルテンが出てしまって粘りが出てしまい、食感が悪くなってしまいますね。今回ご紹介する「豆腐と米粉のハニーパンケーキ」は、米粉を使っているから、何も気にせずぐるぐる混ぜられて、気軽に作れます。小麦は特有の軽い食感のスイーツが作れますが、米粉を使うスイーツは重たい仕上がりになってしまいますよね。今回はお豆腐をつなぎに入れているから、グルテンフリーでもふわっと軽い食感のパンケーキが作れます。

お豆腐とお米、和食のような材料だけど、仕上がりはちゃんと洋菓子、お子さんも満足してパクパク食べることと思います。米粉は小麦粉に比べておなかにたまるから、ご飯の前に「おなかすいた〜!なんかない?」なんてことにならずに腹持ちが良いですよ。パンケーキを焼くのは子どもも大好きな作業ですから、ぜひ一緒に焼いてみてくださいね。

すべての材料をフードプロセッサーにかけるとなめらかに仕上がりますが、フードプロセッサーがない場合は豆腐をざるでこせば同じようにできます。1歳未満のお子さんがいる場合には、はちみつの代わりにメープルシロップなどを使えば、家族みんなで楽しめます。

■豆腐と米粉のハニーパンケーキ
調理時間 20分

レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹

<材料>2枚分
豆腐 100g
米粉 80g
はちみつ 60g

※1歳未満のお子さんが食べる場合には、はちみつを使わずメープルシロップなどに替えてください

水 30g
菜種油 10g
塩 ひとつまみ
ベーキングパウダー 小さじ1

<作り方>
1、ボウルに豆腐、米粉、はちみつ、菜種油、水、塩を入れてブレンダーにかける。

2、ベーキングパウダーを加えてさらに混ぜる。

3、フライパンになたね油を入れて中弱火に熱し、余分な油をキッチンペーパーなどでふいて2の半量を入れる。

4、3分ほどで表面がプツプツとしてきたら裏返す。

5、2分ほど焼いてお皿にうつす。

6、3のキッチンペーパーでフライパンに油を加え、残りの半量も同じように焼く。

お好みでバターやメープルシロップ、はちみつなどをかけて召し上がれ! 米粉を使っているので冷めると固くなります。温かいうちにハフハフと食べてくださいね。

■「豆腐と米粉のハニーパンケーキ」のアレンジ例

●アレンジ1 「ミルフィーユ風ショートケーキ」
「豆腐と米粉のハニーパンケーキをスキレットなどを使って小さめの大きさに焼き、数枚重ねてクリームやフルーツを加えれば、スポンジの層が楽しめるミルフィーユ風ショートケーキのできあがり。素朴な材料だから、小さいお子さんのバースデーケーキにもオススメです。

※1歳未満のお子さんが食べる場合には、はちみつを使わずメープルシロップなどに替えてください

●アレンジ2 「パンケーキサンド」
「豆腐と米粉のハニーパンケーキ」を2枚重ねてハンバーグやフィッシュフライを挟めば、ボリューミーなパンケーキサンドとしても楽しめます。

また、「豆腐と米粉のハニーパンケーキ」を焼くときに、大きめのクッキー型などに入れて焼くと、かわいい形のパンケーキができあがりますよ。

ぜひいろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね。

(越野 美樹)