1. トップ
  2. 恋愛
  3. 驚愕!結婚できないイタイ高望みアラフォーのエピソード

驚愕!結婚できないイタイ高望みアラフォーのエピソード

  • 2018.2.28
  • 52211 views

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。
20代で「●年彼氏がいないんです。このままじゃ危険ですよね」ってご相談にいらっしゃる危機感のある方も大勢いる。
一方で自分を客観視できず気がつけばアラフォーという方も。なぜか年齢が高くなるほど、望みも高くなるのです。
「こりゃ、結婚無理だろ」というイタイアラフォーの事例をお伝えします。

自然に出会って恋愛結婚したい

「婚活ってモテない人がやるんでしょ」みたいな思い込みを持ち、出会い方にこだわるのです。
「出会いがない」だけれど「ガツガツと婚活したくない」のだ。
40代50代でも自然に恋愛する方います。それはそういう体質の方であって、自分がそうじゃなければ早めに見切りつけて行動変えなきゃご縁はない。
しかし、頭が硬いのか、頭が悪いのか受け身な姿勢を変えないまま40代に突入する残念な方が多い。

結婚相談所で「医者と結婚したい」と駄々をこねる

結婚相談所をやっている方から聞くお話です。特定の個人ではなくよくいるイタイ40代女性の事例です。
「医者と結婚したい。結婚相談所に入ってまで理想下げたくない」
と年下の年収2000万円前後の医者にだけお見合い申請をする方がいるのだとか。他の男性からお見合い申請が来ても断り医者の妻を夢見続ける。
本人は高卒だったり、大卒でも年収300万円ぐらいだったり。イタイなぁ。

縁結び神社めぐりで努力した気になる

若い時にまともなアドバイスをする方は身近にいたかもしれない。しかし、アラフォーに誰も指摘はしない。
こういう方も「努力してる」とおっしゃるのです。やってることを聞くと多いのが神社に行ったということ。
由緒正しい遠方の神社に行くには時間と労力とお金がかかる。それを努力と呼ぶだろうか。(それはレジャーでは?)
次に多いのが料理教室通いなどのお稽古ごと。料理教室通いのアラフォー女性は実家暮らしが多い。誰が買ってきて材料揃えてくれたら誰でも作れるよ。努力というより、単なる娯楽では?

「この前」が古く、「今度やる」はやらない

私もアラフォーだけれども同世代と話していて「この前のオリンピック」が2006年トリノオリンピックでした…。バンクーバーとソチが出てこなかった!
出会いにおいてもアラフォーはイタイ。「この前の彼氏」が10年前だったり、「この前の合コン」が3年前だったりするのです。そして「今度やる」と誓ったことの実現率は50%以下。
若さがないと恋愛や結婚は厳しいと言いたいわけじゃないです。年齢受け入れて、年相応になりましょう。(菊乃/ライター)
(愛カツ編集部)