1. トップ
  2. インテリア
  3. 寝室はゆったり落ち着ける空間にしたい!リラックスできるインテリア実例

寝室はゆったり落ち着ける空間にしたい!リラックスできるインテリア実例

  • 2018.2.27
  • 22648 views

寝室は、一日の疲れをとる大切なお部屋です。ゆったりと落ち着ける空間づくりができていると、体も心も疲れがとれてリラックスできます。ただ寝るだけのお部屋ではなくて、おやすみまでの時間をゆったりと過ごせるようなインテリアコーディネートのコツをご紹介します。

休息できるお部屋づくり

寝室の照明計画

おやすみになる前の照明は明るすぎない方が落ち着きます。間接照明を利用したりして、明るすぎない空間が理想的です。こういったふんわりとした明かりは、きっとリラックスできるでしょう。

蛍光灯の電球は種類がいくつかあります。寝室に使う蛍光灯の種類は、温かみのある電球色がおすすめです。やわらかい明りの中でリラックスできる空間を作りましょう。 

おやすみ前は、スタンドライトを使ってふんわりとしたやわらかい明かりの中で過ごすと疲れがとれていきそうです。ベッドサイドにスタンドライトがあると実用的でもあり、便利ですね。 

グリーンをプラスする

観葉植物があるお部屋なら、さわやかで気持ちよく過ごすことができます。寝室にもグリーンをプラスすることでリラックス効果が出てきますよ。ちょっとしたスペースに観葉植物を置くだけで、雰囲気がよくなります。 

スツールなどを使って寝室にグリーンのコーナーを作るのもいいですね。お気に入りアイテムと一緒に飾りましょう。 

寝室のカラーコーディネート

ゆったりと落ち着くカラーコーディネート

こちらは、とてもシンプルですっきりとしたカラーコーディネートです。ナチュラルな雰囲気がゆったりと落ち着ける空間を作っていますね。 

こちらは、モノトーンでモダンな雰囲気です。アクセントクロスとベッドカバーがコーディネートされていて素敵です。寝室は、モノトーンですっきりとまとめてもきれいですね。 

ホワイトをベースにすると清潔感が出るので、すっきりとした感じがします。ホワイトやアイボリーなどは、すっきりとした空間が落ち着くという方におすすめのカラーです。 

おやすみ前のくつろぎの時間

お気に入りの家具で過ごす時間

寝室をただ寝るだけのお部屋にするのではなく、おやすみ前のゆったりとした時間を楽しめる空間にしてみてはどうでしょうか。お気に入りの家具で、音楽を楽しんだり、本を読んだりと好きなことを楽しみましょう。 

おやすみ前のくつろぎの時間を楽しむソファです。寝室に自分の時間を楽しむスペースが少しあると、ゆったりできていいですね。 

好きなものに囲まれてリラックス

好きなものを飾る

寝室にお気に入りのアイテムを飾ってみるのはどうでしょうか?自分の好きなものに囲まれて過ごすのは気持ちがいいですよね。自分が一番リラックスできる空間を作りましょう。

好きなインテリアアイテムを飾るのもいいですね。寝室を、自分の好きなスタイルに作りあげてみてください。 

大好きなコレクションを寝室にディスプレイしてもいいですね。好きなものに囲まれて過ごす時間は、心地よいものです。 

くつろぎのアイテム

クッションでくつろぐ

いくつかのクッションを組み合わせることもおすすめです。お気に入りのカラーや柄のクッションに囲まれて、リラックスした雰囲気が味わえそうです。気分に合わせて寝室のクッションカバーを変えてみてもいいですね。 

ベッドカバーやシーツでくつろぐ

ベッドカバーやシーツの種類を変えることで、お部屋の雰囲気を気軽に変えることができます。模様替えしたいなと感じたら、ベッドカバーやシーツを変えてお部屋も気持ちもリフレッシュしてみましょう。 

まとめ

リラックスできる寝室を作って、おやすみ前の時間を楽しむことができるといいですね。休日の前の日には、こだわりの寝室でゆっくりとした時間を楽しんでみてはどうでしょうか?

元記事を読む