1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お弁当グッズも、食器も、ストックも!キッチン収納のアイディア16選

お弁当グッズも、食器も、ストックも!キッチン収納のアイディア16選

  • 2018.2.24
  • 100879 views

細かいものが多く、お片付けのしづらい場所といえばキッチン!指先サイズのピックから大きなお鍋まで、さまざまなものがあるのでスッキリさせるのは難しいですよね。そこで今回は、キッチンをすっきりと整理整頓している実例をご紹介します。真似っこしたくなるアイディアが満載ですよ!

プチストレスを解消して、スムーズな家事を!おすすめ収納テクニック

丁寧に仕分けして、ひとめで分かるように

細かい仕切り付きボックスに、お弁当用のピックや型抜きアイテムを収納している実例です。ピックも色・モチーフごとに分けてあるので必要なものがさっと取り出せます。

詰め替えると、ぴったりきれいに収まる

キャニスターなどで、乾物をきれいに収納している実例です。ラベリングを取り入れることで、中身も分かりやすいですね。しっかりと密封できるので、湿気対策にも役立ちます。 

引き出しには仕切りを入れて

大きな引き出しには、仕切りボックスを利用すると中身がぐちゃぐちゃになりません。きちんと入っているさまが、美しいですね。右側の引き出しのラップにもご注目。シンプルなアイテムを使うことで、引き出しを開けてもスッキリとしています。 

棚を増設すると、収納力アップ

カゴや引き出しなどをうまく使って、「見せる」「隠す」の収納を両立している実例です。アクリル棚をセレクトすることで、収納力も上手にアップさせています。 

ストック食材・飲料も一目でわかる

ついついダブり買いをしてしまったり切らしてしまいがちなストック食材やストック飲料。一目でわかるようにしておけば、安心ですね。仕切りを上手に使うことで、雪崩も起きず見やすくなっています。 

フライパンは縦に収納して

引き出しの中に、お鍋やフライパンなどを収納している実例です。フライパンは、縦収納をすると出し入れも楽ちんです。重ねずにしまうことで、大切なお鍋も傷つかず見た目もきれいです。 

キッチンペーパーも、収納の中に

なんとなく、出しっぱなしにしておくことの多いキッチンペーパー。ですが、こちらの実例のように引き出しの中に入れておくのもおすすめです。ホコリや油がつきづらくなるので衛生的ですよね。突っ張り棒などを使うと、どんなキッチンでも実現できます。 

見せ収納でカフェ風に

普段使いの器やお気に入りの道具などを見せる収納にしている実例です。ペグボードやディッシュスタンドなどを使うことで、しっかりと整頓できます。ナチュラルな鍋敷きやレトロな郵便受けなどが、おしゃれ度満点ですね。 

明るい雰囲気のキッチンに

マグネットがつくタイプのキッチン壁を採用した実例です。収納力がぐんとアップしますね。IKEAのマグネットバーなどを使えば、賃貸のおうちでも真似っこできますね。調理に使う調味料や器具がすぐに手に取れます。 

シンク下も、程よいゆとりで使いやすく

棚やファイルボックスなどを使ったシンク下収納です。男前なラベルを取り入れることで、とってもおしゃれになっていますね。程よいゆとり感があるので、出し入れもスムーズにできます。 

突っ張り棒で、収納力アップ

引き出しが機能的なキッチンのシンク下です。突っ張り棒を取り入れることで、スプレー類の空中収納が可能になりました。色使いが統一されており、見た目にも美しい実例となっています。

ぐちゃぐちゃになりがちな消耗品も!

ゴミ袋は、そのまま置いておくとぐちゃぐちゃになりがちですよね。大きさがまちまちなので、収納も難しいアイテムです。こちらの実例のように、ケースを利用するとスッキリ。こちらの実例では、mon・o・toneのケースを使っています。 

お皿は縦収納が◎

重ねがちなお皿ですが、実は縦収納をすると取り出しやすく便利。ブックエンドなどを利用すると、雪崩も起きず安心して使えます。子ども用のお皿もひとまとめになっており、使いやすそうです。 

扉裏も賢く使う

収納が難しい薄い鍋敷きやビニール袋。必要な時にさっと取り出せないと困りますよね。こちらの実例では、そんなアイテムを扉裏収納しています。調味料などをファイルボックス収納している点にもご注目。見た目もスッキリしているうえ、奥のものも取り出しやすそうですね。 

吊り下げ収納で、収納力アップ

おしゃれな三連カゴなどで吊り下げ収納をしている実例です。デッドスペースになりがちな壁面や空間を、上手に使っていますね。利用する色を厳選することで、オープン収納でも重たくなりません。 

ごちゃごちゃお菓子は、カゴに入れる

大きさや色がバラバラなお菓子。そんなお菓子は、カゴに入れておけば見た目も良くインテリアになじみますね。ふんわりと布をかけておけば、生活感はゼロ。子どもでも取り出しやすいアイディアです。 

まとめ

いかがでしたか?さまざまなキッチンアイテムを上手に収納した実例をご紹介しました。しまう派さんも、見せる派さんも満足できるアイディアが満載でしたね。ぜひ参考に、キッチンを使いやすく見栄えよく大変身させてみてください!