1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. デッドスペースをおしゃれに変身☆収納アイデア14選

デッドスペースをおしゃれに変身☆収納アイデア14選

  • 2018.2.7
  • 54423 views

日々、インテリアに気をつかっていても、どうしても「デッドスペース」なるものが存在してしまいますよね。そんな空間を、あの手この手で有効活用する方法を考えている方も多くいらっしゃると思います。今回は、そんな空間をおしゃれに工夫しているお家のインテリアを集めてみました☆

デッドスペースと思わせない工夫が満載!

動線が多い場所

部屋の中心に位置していると思われるこの場所は、動線が多いので中々物を置くのに躊躇してしまいがちです。しかし、利用頻度の高い物を置くには一番適した場所でもあります。こちらのお宅では、スリムな鏡とすっきりとしたデザインのサイドボードをコンパクトに納めていますね。散らばりがちな書類などは、デスクキャビネットにまとめてわかりやすく収納すると、すぐに取り出せて便利です。

床の間だった場所

こちらは、和室から洋室にリフォームされたお部屋です。元々の床の間だった場所は、そのくぼみのような空間を「見せるクローゼット」のようにするのも良いアイデアですね。ドレッサーや棚なども自分流にDIYすれば、使い勝手も良く、毎日の身支度が楽しくなりそうです。 

廊下

廊下の数少ない壁スペースも有効に活用する他ありません。ただ、動線が多い場所なので、壁に掛けるものは薄手のかばんや帽子などがベストです。軽いものを掛けることで、重さを感じないナチュラルな収納スペースに。有孔ボードを使えば、賃貸住宅でも心配ないですね。 

洗面所の隙間

どうしても洗面台と洗濯機の間に生まれる隙間は、例えほんの少しの大きさでも、狭い空間の洗面所では貴重な場所です。市販で売られている隙間収納も良いですが、見た目にもおしゃれな木で手作りしてみるのもおすすめです。シンプルな作りで必要な木も少ないので、簡単にお安くDIYできますよ。収納するタオルを丸めて入れているのがおしゃれですね。 

洗面所の壁

こちらは、洗面所の壁におしゃれな掃除用品を掛けて収納されています。どうしても入口近くの壁は動線が多いので、収納できるものは限られてしまいますが、おしゃれな掃除用品なら見ていてもおしゃれですし、掃除や片付けがしやすいというのも生活する上で大変便利ですね。 

冷蔵庫の横

冷蔵庫は場所を取る家電の代表格とも言えるでしょう。そんな冷蔵庫のサイドはある意味壁のようなものなので、当然利用する他ありません。こちらは、利用頻度の高い物を厳選し、マグネットフックを使って収納しています。程よく隙間をあけているので、すっきりと見えますね。 

ベンチの下

ベンチタイプの椅子の下も有効活用。白い収納ボックスは、すぐに取り出せたり、しまう事ができて便利です。見た目にもすっきりするので、インテリア性も機能性も抜群ですね。 

押入れ

半畳ほどの押入れ空間は、使いやすくするためにDIY。扉を取り払って、引き出しの為の棚をいくつか設置するだけで、オープンな収納空間の完成です。木箱の風合いがおしゃれなので、見せる収納として大活躍ですね。 

こちらも扉を取り払って目隠しのカーテンをしていますが、中は空間に余裕のあるクローゼットになっているので、見せる収納としてもおしゃれですね。 

台所の棚の上部空間

台所は物が多いので、ほんの少しの隙間も見逃さずに収納できれば良いですよね。こちらは、棚の上部に瓶のフタを固定して収納しています。本体を回せば簡単に取れるので使い勝手も良いです。 

壁の上部空間

ほんの少し収納スペースを確保したい時も、壁を全面使ってしまうとお部屋に圧迫感を与えてしまいますよね。そんな時は壁の上部のみに棚収納を設置するのがおすすめです。あまり重たくない物を置くことを心がければ、すっきりとした印象に。

玄関のコーナー

玄関のコーナー部分は、中々物を置くにはスペースが取りづらいところですが、こちらはとてもコンパクトに収納棚を活用されています。使用頻度の高い靴などをまとめておくには大変便利ですね。 

階段のコーナー

階段途中に物を置くことはあまりないかもしれませんが、コーナーを利用すれば邪魔になりにくい収納ができますよ。こちらのように、おしゃれなはしごを設置すれば、さりげなく帽子などを掛けられて便利です。奥行きもないので階段の狭い空間にぴったりですね。 

机の下

こまごまとした物は隙間ラックに収納すれば、取り出しやすいので便利ですね。こちらのラックは端材などで簡単にDIYできるので、お家の隙間を見つけてオリジナルを作ってみてはいかがですか? 

まとめ

いかがでしたか?皆さんそれぞれのご家庭にある「デッドスペース」を上手に利用されていましたね!今回の記事を参考に、お家の収納を今以上に充実させていただけたらなと思います☆