1. トップ
  2. グルメ
  3. インスタ映え間違いなし!アフタヌーンティー&夜のシメパフェ、東京とっておき10店

インスタ映え間違いなし!アフタヌーンティー&夜のシメパフェ、東京とっておき10店

  • 2018.1.31
  • 6396 views

インスタ映え間違いなし!アフタヌーンティー&夜パフェとっておき10店

冬本番。
寒さの中毎日仕事を頑張る私を、たまには思い切り甘やかしてあげませんか?
今話題の夜の“シメパフェ”と、午後休を取ってでも行きたい、とっておきのアフタヌーンティーを紹介。
癒やし時間と甘い楽しみをどうぞ。

優雅にご褒美アフタヌーンティー4選

■パレスホテル東京
ラウンジバー「プリヴェ」

小鳥舞うティースタンドに
東京の中心で自然を感じる
パレスホテル東京のバーで楽しめるアフタヌーンティーは「自然との調和」がテーマ。とまり木のような特製ティースタンドに小鳥が舞う、おしゃれなビジュアルは食べるのがもったいないほど。ハンバーガーにパテを挟むなど、お酒にも合うバーならではのメニューも。隠れ家のような店内で、自分だけの時間を心ゆくまで満喫して。

ホテル内のフレンチのシェフが作る「プリヴェ・アフタヌーンティー」(1人4212円※サ料別)。あらごしされたクリの食感が人気の「マロンシャンティイ」は、創業時からの変わらぬ味

TEL 03-3211-5319。11:30 ~ 24:00
※アフタヌーンティーは14:00 ~ 16:30、17:30 ~ 18:30(17:30 ~ 18:30は2組限定)。
東京都千代田区丸の内1丁目1−1 「大手町」駅C13b出口から地下通路直結

■六本木ヒルズ森タワー52階
THE MOON Lounge(ザ ムーン ラウンジ)

「月」がテーマのラウンジで
ロマンチックなティータイム
ふかふかのラウンドソファでのんびりくつろぎながら、森タワー52階から絶景を眺める優雅なひととき。店名にちなんだ「月」がテーマのメニューは、その名も「After MOON Tea」。ウサギ形の最中や月見団子、月に見立てたマカロンのかわいさに思わずキュン。空を近くに感じながらロマンチックなティータイムを過ごせそう。

「AfterMOON Tea」(現在イチゴバージョン1人4104円。別途500円のビューチャージが必要)。うさぎや梅の最中は自分であんをつめてカスタマイズ※写真はイメージ

TEL 03-3470-0052。11:30 ~ 23:00(金・土曜、休前日は翌1:00まで)。
※アフタヌーンティーは14:30 ~ 19:00(L.O.17:00)、2時間制。
東京都港区六本木6丁目10−1 「六本木」駅1C出口直結

■セルリアンタワー東急ホテル
タワーズバー「ベロビスト」

夕暮れどきをシックに彩る
天空のアフタヌーンティー
セルリアンタワー東急ホテル40階のバーで食べられるのは、銀器に盛られたキュートでスタイリッシュなアフタヌーンティー。夕暮れどきにゆったりと落ち着いた空間でいつも頑張る私をねぎらって。いつもと違う高さから渋谷の街並みを眺める優越感が、午後休の喜びを引き立ててくれそう。1日5組10人の限定品なので、平日にこそ味わいたい。

「アフタヌーンティーセット」(1人3800円※サ料込み、2人から)。お重に入ったスコーンには、リンゴの食感が残る自家製ジャムを付けて

TEL 03-3476-3398。16:00 ~翌1:00(土・日曜、祝日は13:30から)。
※アフタヌーンティーは18:00来店まで2時間制、要予約。
東京都渋谷区桜丘町26−1 「渋谷」駅徒歩5分

■bills(ビルズ) 銀座
「ロンドンスタイル」にこだわり
世界で銀座店だけの特別メニュー
他店舗のカジュアルな雰囲気とは一風異なる、「ビルズ 銀座」だけで食べられるのは、紅茶の種類をあえて限定し、食事とのセットで楽しむ「ロンドンスタイル」のアフタヌーティーセット。人気の「ジャスミンパンナコッタ」のほか、特製スコーンやミニリコッタパンケーキが付き食べ応え十分。シャンパンフリーフロー(飲み放題)でお酒と楽しむことも。

「リチャード・ジノリ」の陶器も美しい「アフタヌーンティーセット」(1人3780円。2人から)

TEL 03-5524-1900。8:30 ~ 23:00。不定休。
※アフタヌーンティーは12:00 ~ 19:00入店まで(2時間制、要予約)。
東京都中央区銀座2丁目6−12 Okura House 「銀座」駅A13出口徒歩3分

 

こんな時間に食べる 魅惑の夜のシメパフェ

■夜パフェ専門店
Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)(渋谷)

シメパフェの本場から上陸
一日を幸せに締めくくるスイーツ
札幌発祥の夜パフェ専門店「パフェテリア ベル」は、「一日の嫌なことを忘れ、いい夢を見られるような、おいしく手の込んだパフェを作りたい」というオーナーの思いからスタート。魅力は華やかな見た目と、果物の甘味や酸味をしっかり感じられる味わい。“甘すぎず、重すぎない”夜だけのスイーツで一日を幸せに締めくくれそう。

ラストオーダー 23:30まで
「キウイと発酵乳のパフェ」(1400円)は、シャンパンのジュレや白ワインを泡立てた「エスプーマ」が入る大人の味

TEL 03-6427-8538。17:00 ~ 24:00(L.O.23:30。金・土曜、祝前日は翌2:00まで)。無休。
東京都渋谷区道玄坂1丁目7-10 新大宗ソシアルビル3F 「渋谷」駅南口徒歩4分

■Neue(ノイエ)(下北沢)
下北路地裏スイーツ店の
ワインと合う“グラスデザート”
下北の裏路地にそっとたたずむ話題の店「ノイエ」は、夜にオープンする自然派ワインとスイーツの店。「見た目のかわいさを大事に」という店主の菅原尚也さんが作り出す、季節の果物を使った“グラスデザート” は芸術品のよう。中に入るアイスクリームやソースも手作り。旬の果物が引き立つ材料が厳選され、食感や香りの組み合わせを楽しめます。

閉店23:00頃
「イチゴを使ったパフェ」(1620円)。すべてのパフェに使われる塩気強めの自家製アーモンドクッキーがアクセントに※メニューは季節で変更あり

TEL 03-6407-1816。木~土曜18:00 ~ 23:00頃、日・月曜15:00 ~ 20:00頃。火・水曜休。
※売り切れ次第閉店。
東京都世田谷区北沢2丁目7−3「下北沢」駅徒歩5分

■SALON BAKE & TEA
(サロン ベイク アンド ティー)(新宿)

スパークリングワインで完成
さわやかな大人のスイーツ
NEWoManにある「サロン アダム エ ロペ」に併設された同店で、夜限定のパフェはいかが? 「パフェ・スパークリング」は、パンナコッタやジュレの上からスパークリングワインを注いで完成させる大人のパフェ。山梨県の直営ワイナリー「シャトージュン」で造られるスパークリングワインのさっぱりとさわやかな後味が夜のシメにぴったり。

ラストオーダー 20:30まで
「パフェ・スパークリング」(1404円)。中にはブドウの寒天やメレンゲ、ヨーグルトフロマージュブランアイスが

TEL 03-6380-1790。11:00 ~ 21:30(L.O.20:30)
※「パフェ・スパークリング」は17:00以降。
東京都新宿区新宿4丁目1番6号 NEWoMan 「新宿」駅直結(「NEWoMan」3階)

■NOA CAFE(ノアカフェ) 銀座店
あえて夜にトライしたい
高さ30cmの“甘いぜいたく”
夜の銀座で思い切り甘いぜいたくにひたれるのが、銀座店のみで楽しめる人気メニュー「キャラメルとショコラのパフェ」。高さ30cmの中には、バナナやガトーショコラのほか、アイスクリームが3つも。キャラメルアイスは、ほろ苦い大人の味わい。あえて夜にトライしたくなる、食べ応え十分の主役スイーツです。

ラストオーダー 23:00まで
上から流れるキャラメルソースに、心もとろけそうな「キャラメルとショコラのパフェ」(1037円)。店舗は地下にあり、ゆったり90席

TEL 03-3574-8324。8:00 ~ 23:30(L.O.23:00)。無休。
東京都中央区銀座5−8−15 「銀座」駅A5出口徒歩1分

■果実園 東京店
熟練のカッティングが光る
フルーツ10種の王道パフェ
歴史あるフルーツパーラーが20年以上変わらないデザインで作るのは、芸術的なカッティングに思わずため息がこぼれそうなフルーツパフェ。熟し具合を見極めた旬の果物、約10種が盛り付けられた器はフルーツバスケットのよう。甘さ控えめの生クリームとアイスクリームが果物を引き立てます。

ラストオーダー 21:30まで
「フルーツパフェ」(1188円)。取材時には、イチゴ、メロン、パパイヤ、ブラックベリーなどを組み合わせ

TEL 03-5220-4567。7:30~22:00( L.O.21:30)。無休。
※フルーツパフェは11:00から。
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 改札外 1F キッチンストリート 「東京」駅八重洲北口徒歩1分

■京王プラザホテル
オールデイダイニング〈樹林〉(新宿)

濃厚チョコと果物がマッチ
高級感あふれるデザートタイム
夜遅くまでスイーツを楽しめる京王プラザホテルのダイニングでは、濃厚なチョコレートクリームと新鮮な果物が組み合わさり、見た目も優美な「クープ“JURIN”」を。一番上には、フランボワーズとグレープフルーツをミックスした“ルージュのアイス” がオン。夜ならではのゆったりと落ち着いた空間で、一日の最後にくつろぎの時間を満喫して。

ラストオーダー 23:30まで
「クープ〝JURIN〞」(1550円※サ料込)。「クープ」はフランス語でアイスクリームやシャーベットを果物、リキュール、泡立てたクリームなどで飾ったデザートのこと

TEL 03-3344-0111。5:00 ~ 24:00(L.O.23:30)。
東京都新宿区西新宿2丁目2−1 「新宿」駅西口徒歩5分

オフィスで働く女性のための情報紙
「シティリビング」を無料であなたのオフィスに届けます!
いつもの毎日をもっと楽しく! 毎週オフィスに届く「シティリビング」は、最新グルメ、おでかけスポットをはじめ、仕事でも輝く“女子力アップのモト”が盛りだくさん!
新商品が試せるプレゼントやクーポン、シティリビング限定のイベント情報など、元気に働く女子に役立つ情報も。