松山ケンイチ『隣の家族は青く見える』で妊活に向き合う! “夫”も一生の役作り

© フジテレビ

1月18日(木)にスタートする木曜劇場『隣の家族は青く見える』(フジテレビ)で、妊活という壁にぶち当たる夫を演じる松山ケンイチさん。自身の結婚観、家庭観について率直に語ってくれました。

■松山ケンイチ、妊活での夫の関わり合いとは?

――今回のドラマの役柄を教えてください
僕の演じる大器は、妻の奈々(深田恭子)に対する愛情を忘れない人。妊娠しないことで落ち込んだり悩んだりする菜々に対し、夫としてどう接していけばいいのか。難しいけれど、どんなときも妻に対する愛情は絶対に持っていたいなと思います。

たとえば、奈々が落ち込んでいるときは大器が引き上げてあげる。逆に大器がへこんでいるときは奈々が…というように、そのときで役割が変わるのが夫婦なのかもしれませんね。そうして2人で妊活に向き合い、ちゃんと同じところにいられればいい。両方ともへこんでしまったりすると大変ですが…。

家庭というものは夫婦のどちらかががんばりすぎてしまったら失敗で、ふたりで生活していくうちに、うまくでき上がっていくものではないかと思います。

――妊活する夫婦を演じる今の心境はいかがでしょうか?
僕には、経験はないことのですが、だからといって関わりのないことではないですよね。もしかしたら、自分もそういう問題を抱えることになるのかもしれない。

ドラマでは、役柄をとおしてちゃんと妊活に向き合い、それが新しい形に見えればいいと思います。そして、実際に妊活されている人たちの背中を後押しするようなものを表現したいですね。

■松山ケンイチの考える夫婦の形とは

© フジテレビ

――松山さんは、理想のパートナーシップとはどんな形だと思われますか?
夫婦の関係でいえば、触れ合いを忘れないなど、ちゃんとコミュニケーションが取れていることが大切。そもそも結婚するときは、夫婦として一生続いていくと思いながら結婚しているわけだから、そこはちゃんと続くように努力しなければならない。それがお互いにできる関係が理想かなと思います。

妊活する夫婦もひとつの形だけれど、ちがった形の幸せがあることも忘れてはいけない。『子供ができるイコール幸せ』というのは単純すぎるでしょう。このドラマにはいろんなパートナーシップの組み合わせが出てくるので、さまざまな形の幸せがあるということを表現できればと思っています。

――松山さんにとって大器とはどんな男性なのでしょうか?
僕自身は妊活をしなかったんですが、子どもが3人います。だからそのままの感覚で大器を演じたらダメだと思うので、『妊活するとしたら…』と想像しました。

ただ、大器という役を演じるのも、現実の家庭生活と通じるものがあるんです。夫であること、父親であることも、ある意味、一生をかけて役作りをしていくようなものでしょう。その役作りは現実でもやらなきゃいけないし、一回したら終わりではなくて、止まらずにずっと続けなくてはと思いますね。

――松山さんが、家庭生活で大事にしていることを教えてください
仕事にかまけて家族とのコミュニケーションを怠ってしまうことが一番残念だと思います。どんなに仕事がうまくいっても、何のために働いているのかがわかっていなければ、本当の幸せには届かない。それは僕自身の課題でもありますね。

■子どもを持つか持たないか、妊活する夫婦とは

結婚したら夫婦で話し合わなければならないことはたくさんあります。その中でも、「子どもを持つか持たないか」はもっとも重要なテーマ。

新しい連続ドラマ『隣の家族は青く見える』で深田恭子さんと松山ケンイチさんが演じるのは、住宅を購入し、いざ子供を作ろうと思ったら、なかなか授からずに“妊活”を始める30代の夫婦です。

そんな夫婦の機微をリアルに描くこのドラマ。夫の大器(だいき)を演じる松山ケンイチさんは、ご存じのとおり既婚者で3児のパパ。その境遇はこの役柄とは正反対なのですが、インタビューで語ってくれた言葉から、現役のイクメンパパであり、誠実な夫であることが伝わってきます。

どんな夫婦にも他人からはわからない事情がいくつも隠されています。そのなかでも「妊活」で悩んでいる人たちは多くいるでしょう。

松山さんは、「夫婦は触れ合いを大切にするべき」、「父親とは一生をかけて役作りしていくもの」などの名言を聞かせてくれました。30代に入ったばかりでこれだけ家庭人としての自覚ある発言ができる男性もなかなかいませんよね。まさに理想の夫でありパパ! そんな松山さんが演じるリアルな夫の姿、楽しみです。
木曜劇場『隣の家族は青く見える』

© フジテレビ

1月18日 木曜スタート よる10時
ドラマ公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/tonari_no_kazoku/

(小田慶子)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
松田龍平、“誤報”をテーマにした社会派ドラマで主演!共演に松山ケンイチ、小芝風花ら
松田龍平が、11月3日(日)スタートのドラマ「歪んだ波紋」(毎週日曜夜10:00-10:49、NHK BSプレミアム)で...
ザテレビジョン
一生に一度は見たい絶景!! ブラジルの白砂漠「レンソイス・マラニャンセス国立公園」
「レンソイス・マラニャンセス国立公園」は、一生に一度は見たい桁違いの絶景が広がる大砂丘です。この記事では、「レンソイス・マラニャンセス国立公園」の魅…
トリドリ
一生に一度の思い出を。海外で過ごすケタ違いのニューイヤーイベント5選!!
日本でも素敵なニューイヤーイベントはたくさんありますが、やはり海外でのニューイヤーは特別な思い出になること間違いなし!? この記事では、世界中のおすすめ…
トリドリ
2歳児もお手伝い♪手抜き料理にひと工夫できる「とうふデコスタンプ」で家族の食卓が変わる!?
まだまだ暑い夏が続きそうですね。暑いと食欲もなくなるし、そもそもキッチンに立つのも億劫。毎日の献立を考えるのも大変なのに...
レタスクラブニュース
菅原りこの浴衣姿がキュート! 家族とのほっこりエピソードも
元NGT48のメンバーで、7月よりavexへ移籍した菅原りこが、自身のTwitterとInstagramを更新し、水色の...
ザテレビジョン
「ほんま皆のいいところが全部出てる」個性派キャストで新たな家族を描く 映画『おいしい家族』ふくだももこ監督インタビュー
母親の三回忌で故郷に帰った主人公・橙花を待っていたのは、なんと亡き母の服を着た父だった。離島を舞台に、穏やかに優しい眼差...
ウォーカープラス
休日は家族でおでかけ!パパママにおすすめの熊本のテーマパーク4選
休日のレジャーやショッピングに使える施設など、パパママの「困った」に応えるお役立ちスポットを、ジャンル別に一挙紹介。今回...
ウォーカープラス
是枝裕和最新作『真実』初の映像が解禁!豪華キャストが演じる新しい“家族”の姿
昨年のカンヌ国際映画祭で日本映画21年ぶりの快挙となる最高賞のパルムドールを受賞した『万引き家族』の是枝裕和監督が、初め...
Movie Walker
心を通わせれば一生の友!「ママ友の作り方」3ステップ
心を通わせれば一生の友!「ママ友の作り方」3ステップ
Grapps
家族の健康をラクして守る、我が家とっておき家電アイテム!【M子ママのずぼライフ 第14話】
日々育児に家事にバタバタな毎日、でも家族の健康は絶対守りたい妻&ママ心。今回は、そんな時にオススメ、大活躍間違いなしのアイテムを紹介したいと思います。まずは、毎日食べるアレが簡単に作れる神アイテム…
ウーマンエキサイト
お盆休みの食卓に! 家族が喜ぶごちそうちらし「スタミナ手こねずし」
家族みんなが揃うお盆休みの食卓に、食べごたえたっぷりのごちそうメニュー「スタミナ手こねずし」はいかがでしょう? 手こねず...
レタスクラブニュース
お盆に、家族で涼しい夜を 語り継がれる怪談話「琉球トラウマナイトレジェンド2019」
沖縄で語り継がれる怪談を基に制作されたオリジナルドラマ「琉球トラウマナイトレジェンド2019」が、8月13日(火)夜7:...
ザテレビジョン
知らない人からよく声をかけられる私たち夫婦、友人が語るその理由とは…【うちの家族、個性の塊です Vol.5】
私たち夫婦は、外出先でよく知らない人から声をかけられます。それがなぜかわからなかったのですが、友人から、言われたその理由は…なんとも複雑な気持ちになるものでした。
ウーマンエキサイト
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。