異性として意識してもらうためのきっかけを作る3つのテクニック

気になる男性がいるけど、どうやら自分は恋愛対象として見られていないみたい…そんな悩みを抱える方、多いのではないでしょうか。相手をドキっとさせて自分を異性として意識してほしい。今回はそんなことを考えている方に是非実践してみてほしい、3つのテクニックをご紹介します。

実践の前に押さえておきたいポイント

ご紹介するテクニックを実践する前にまず考えておかなければならないことは、「相手と自分が今どのような関係になっているか」ということです。「仲の良い友達、または先輩後輩」なのか、「たまに挨拶するだけの人」なのかによってどのテクニックを実践するかが決まってきます。この記事では親密度が低い段階から使えるテクニックから順番にご紹介するので、一つずつ試してみてくださいね。

①挨拶をちょっと特別に

まずは挨拶の時に使えるテクニックです。

気になる人の時だけ意識的に相手の目を見て、嬉しそうな声と表情で挨拶してください。この時のコツは狙っている感じを出さず、少し嬉しそうなのが分かるくらいにするのがポイントです。得られる効果として、相手がそれに気づいてくれたのならすぐに意識してくれる可能性もありますし、何より周りの人がそれに気づいた場合、何かの拍子に相手に伝えてくれる可能性があります。周りの人が応援してくれるような、遊びでなく純粋な好意を抱いているというような雰囲気を出しましょう。あまりにも露骨に態度を変えてしまうと引いてしまう可能性が高くなりますが、「自分と話すのが嬉しいのかも」くらいの印象だと相手にも素直に嬉しいと思ってもらえます。

②何かをやってあげるのではなく、やってもらう方が印象に残る

気になる人ができると、その人のために何かをやってあげることで好感を持ってもらおうとする人が多いですが、実はこれは逆なのです。人の心理とは「やってもらった」という経験より「やってあげた」ということの方が好感に繋がるようになっています。恋人を好きなあまり料理や掃除など、なんでもやってあげたけど相手はそれほど喜ぶわけではなく、回を重ねるたびに疎ましく思われるまでになってしまう、そんな状況を何となく想像できませんか?

ではどうしたらよいのかというと、例えば同じ部署に勤めているなら、コピーをお願いしたり資料作成を手伝ってもらったり、とにかく「困っているところを助けてもらう」というのが効果的です。何かをやってあげた相手というのは印象に残りますし、手伝ってくれたお礼にと食事などに誘うきっかけにもなります。振り向いてもらうために色々としてあげるのではなく、あえて自分が困っているときに助けてもらいましょう。

③ 理想のタイプは?と聞かれた時に使えるテクニック

これは相手が同じ場にいる時に使えるテクニックです。飲み会などで「○○さんはどんな人がタイプなの?」と聞かれたときや、相手と二人で話していてそういう話題になった時には、気になっている人の特徴を何となく捉えているものを答えてみましょう。

ただし、飲み会など人がたくさんいる場ではあまりはっきりとしたことは言わず、「背が高くて声が低い人」くらいのアバウトな感じで答えます。露骨な人は周りがあまり応援してくれませんから、そこは注意が必要です。話している人数が少ない場合や相手と二人で話している時には、「背が高くて声が低い」などに加えて「理系」「サッカーをやっていた人」など少し具体的な内容を盛り込みます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。相手に異性として意識してもらうのは恋愛におけるファーストステップです。今回ご紹介したテクニックを使ってアプローチしてみるだけで、きっと相手の中でのあなたの印象が変わるはずです。

元記事を読む
提供元: Grappsの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。