カレのことは好きだけど…終わりの見えないメールの上手な回避方法

メール・LINEなどで、誰とでも・いつでもメッセージのやりとりができるようになった現在。遠く離れた家族、同郷の友人から職場の同僚、そして恋人同士。24時間いつでも連絡を取り合えるツールの発達は、私達の日常をとても豊かにしてくれました。

ただ、それ故に日々些細な連絡の応酬に追われ、正直「え? それ今重要?」と思えるほどに、どうでもいいような会話を嫌々ながらも延々としているカップルも増えてきたようです。そうした状況では様々な物事がおろそかになってしまうし、関係の鮮度も落ちてしまうことでしょう。

そこで今回は、不毛なメールやLINEでのやり取りをきっぱり止め、かつ相手にもすんなりと納得してもらえる「言い訳」を幾つかご提案いたしましょう。普段から多忙な中、無理して連絡を取り合っているという方は必見です!

●疲れるやり取りの原因を早めに取り除くために

いつでも、制限もなくメッセージをやり取りしてしまうということは、裏を返せば、付き合っている男女が本来デートなどで話すべき重要な話題をムダ使いしてしまっているということ。デートのときには、間を持たせるために無理して疲労してしまう可能性を孕んでいるということでもあるはず。

こうしたやり取りは単純にデートでの楽しみを削ぐことになってしまうでしょうし、とっておきのネタなんて大抵有限ですから、いずれはお互いにメッセージの送受信に飽きてしまうものです。そんな事態を防ぐためには、やはり交際初期の段階から過剰なメッセージでのやり取りは控えておくべきではないでしょうか?

ひっきりなしに連絡を取り合う習慣を、この先交際し続けている限り続けるのは苦痛というもの。メールでは「こうして連絡してないと寂しい」とか「ずっと離れてても一緒だからね」なんて言い合っていても、お互い案外早い段階で辟易しているものなので、さっさと状況を一変させてしまうのが一番です。

●過度なメッセージのやり取りを止めたい時はこれを実践してみよう!

例えば「伝えたいことはいっぱいあるけど、メッセージじゃ味気ないし、貴方の目を見ながら話すことにするね」なんて言われたら、多くの男性はドキッとするでしょうし、内心「ああ良かった、これでちょっとのんびりできる」と安堵することでしょう。

また「愛してる」というワードをテニスで言うラリーの応酬のようにお互いが乱発しているのも、冷静に考えればつまらない光景ですが、話のネタに尽きるとこの手段に偏りがち。こんな時はいっそ「伝えることがなくなりそうだから、ちょっと自重するね(汗)」というメッセージを送るのも良いでしょう。

それから、実際に2人きりでいる時に、「いつも連絡いっぱい寄越してごめんね。実際返事するの大変じゃない? 自分が貴方の立場になって考えたら、そう思えた」と持ちかけるのも手です。メッセージのやり取りだけでは、どうしても本音は出しにくいものですが、このシチュエーションなら案外すんなり思い通りに行くケースもあるようです。

●おわりに

連絡のやり取りは決して義務ではないので、あまりにハイペース過ぎるのも考え物。そして多くの場合、どちらかが言い出さない限りひっきりなしに連絡を取り合う空気が生まれます。できるだけ早い段階で、「愛し合っているけどそう頻繁に連絡を取り合うことがない」カップルの枠組みを作っておきたいところですね。

(松本ミゾレ)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理