寺島しのぶ「ザワザワしています」 共演・柄本佑と語る『秘密の花園』の難しさ

寺島しのぶ「ザワザワしています」 共演・柄本佑と語る『秘密の花園』の難しさ

いま活躍する演劇人たちに、多くの影響を与えてきた唐十郎さん。その作品のなかでも傑作と名高い『秘密の花園』。唐さんに深いリスペクトを抱く演出家の福原充則さんの旗のもと、寺島しのぶさん、柄本佑さんら個性あふれる実力派が揃った。

寺島:唐さんの本って、理詰めで役を構築していこうとすると、いま自分が誰で何をやろうとしているのかわからなくなるんですよね。久しぶりに、台本に振り回されている自分がいて、ザワザワしています。
柄本:でも…楽しくないですか?
寺島:それは佑くんが唐作品をよくわかってるからでしょ。でも佑くん、全然楽しそうには見えないけど?
柄本:「ワーイ!」ってやってたら逆に変ですよね(笑)。でも『秘密の花園』を筆頭に、唐さんの芝居に憧れていたので、「俺、いま唐さんのセリフ言ってんなぁ」っていう感慨はあります。
寺島:蜷川(幸雄)さんも、唐さんの作品が大好きだったんだよね。私は唐戯曲ではご一緒できなかったけれど、蜷川さんがイキイキと演出していらっしゃるのは伝わってた。唐さんの戯曲は、言葉のパワーがすごいじゃない? あの熱量が劇場をパンパンに満たすなかに、自分も浸かってみたいと思っていたんです。今回のお話をいただいたのが、ちょうど蜷川さんが亡くなった少し後だったのもあって、当時の熱量で「やります」って言っちゃったんだけど…。
柄本:稽古しながらも「わからない」って言ってますもんね(笑)。しのぶさんが演じる“いちよ”も“もろは”(二役)も、どこか抽象的な存在じゃないですか。その人が6畳一間の超現実にいるのが唐作品の面白さだと思うんですが、現時点でそうやってちゃんと存在できているから、しのぶさんはきっと大丈夫です。
寺島:共演者が佑くんということで安心してる部分はあるかな。演出の福原さんも含めて、唐戯曲を理解している方々が一緒だから、その船に私は乗ればいいんだ、と思ってる。
柄本:福原さん、稽古初日の本読みからすでに熱がすごかったですよね。本当にこの作品が好きなんだなって。
寺島:ほんとほんと。演出の仕方も、事細かに指示するのではなく、抽象的なヒントをくださる。こちらもトライしていけるし、その余白のある感じが好きだなと思っています。
柄本:この作品って、ちまちました世界を描きながら、ラストでそれまでのことが全部吹き飛ばされるカタルシスがあって、そこがカッコいいんです。想像力を思う存分働かせながら、楽しくやれたらいいですね。
てらじま・しのぶ 1972年生まれ。4月には舞台『ヘッダ・ガブラー』に主演。映画『のみとり侍』が5月に公開予定のほか、主演映画『Oh Lucy!』の公開も控える。
えもと・たすく 1986年生まれ。ドラマ『平成細雪』放送中。1月17日~のドラマ『ROAD TO EDEN』に主演。3月に映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の公開も。
寺島さん/ニット¥43,000 スカート¥38,000(共にAcne Studios/Acne Studios Aoyama TEL:03・6418・9923) リング¥71,000(CHARLOTTE CHESNAIS/EDSTROe M OFFICE TEL:03・6427・5901)
柄本さん/ニットカーディガン¥55,000(アンデルセン‐アンデルセン/メイデン・カンパニー TEL:03・5410・9777) シャツ¥26,000(インディビジュアライズド シャツ/メイデン・カンパニー) ビンテージデニム¥24,800(メチャ TEL:03・5929・8993)
ホステスのいちよ(寺島)とポン引きの大貫(田口)の夫婦の元に、毎月、何の見返りもなく自らの給料を届けるアキヨシ(柄本)。ある日、アキヨシに縁談話が持ち上がり…。1月13日(土)~2月4日(日) 池袋・東京芸術劇場 シアターイースト 作/唐十郎 演出・出演/福原充則 出演/寺島しのぶ、柄本佑、田口トモロヲほか 一般6500円ほか(税込み) 東京芸術劇場ボックスオフィス TEL:0570・010・296
※『anan』2018年1月17日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・中井綾子(crepe/寺島さん) 林 道雄(柄本さん) ヘア&メイク・片桐直樹(EFFECTOR/寺島さん) 星野加奈子(柄本さん) 取材、文・望月リサ
(by anan編集部)

提供元: anan webの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
是枝裕和、カトリーヌ・ドヌーヴ主演で新作映画『La Vérité』を監督 - イーサン・ホークら共演
映画監督・是枝裕和15作目となる長編映画『La Vérité(仏題・仮)』の製作が決定。公開は2019年を予定している。 www.fashion-press.net 是枝裕和の最新作は、主演にカトリーヌ・ドヌーヴを迎えた日仏合作 第71回カンヌ国際映画祭において、2018年6月公開の映画『万引き家族』で最高賞のパルムドールを受賞したことが記憶に新しい是枝裕和。そんな是枝監督の最新作は、フランスの至宝であり、世界的大女優であるカトリーヌ・ドヌーヴを主演に迎えた日仏合作映画。ストーリーはフランスを舞台に、カトリーヌ・ドヌーヴ演じる女優の「母」と、ジュリエット・ビノシュ演じる女優にならなかった「娘」、長くに渡って関係性が断絶してしまっている2人を軸に、力強く情感豊かな家族の葛藤の物語を描くという。 ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークら豪華共演陣 また共演陣にも、『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞助演女優賞を受賞、また世界三大映画祭の全ての女優賞を獲得しているジュリエット・ビノシュ、リチャード・リンクレイター監督によるアカデミー賞作品『6才のボクが、大人になるまで。』(14)のイーサン・ホーク、フランソワ・オゾン監督『スイミング・プール』(03)のリュディヴィーヌ・サニエと、豪華キャストの出演が決定している。 キャスト・監督によるコメント ■カトリーヌ・ドヌーヴここ数年、是枝監督の映画を観て、そしてパリ、カンヌ、東京でもお会いする機会がありました。賞賛の気持ちをお伝えすることはできたのですが、まさか私たちが一緒に映画を作れる日が来るなんて想像もしていませんでした。一緒に映画を作れる…それもフランスを舞台に!魅力に溢れ、ユーモアと同時に残酷さを備えた素晴らしい脚本です。言語の壁については、恐れるよりも私はむしろ好奇心をそそられます。それがもう一つの挑戦になるだろうと知りつつも、是枝監督と一緒に仕事をするのがたいへん楽しみです。■是枝裕和役者とはいったいどんな存在なのだろう。役を生きている時、演技で泣いている時、笑っている時、役者本人の存在と感情はどこにあるのだろう。そんな素朴な疑問から書き始めた脚本でした。今から15年程前に、『クローク』というタイトルで劇場の楽屋だけを舞台にした一幕もののお芝居を書き始めたのがスタートでした。しかし、この時は残念ながら力不足で脚本は完成しませんでした。2011年に、以前から親交のあったジュリエット・ビノシュさんが来日し、対談させていただいた折に、「何か将来的に一緒に映画を」と意気投合しました。企画のキャッチボールをしていくプロセスで、引き出しの奥に眠らせておいたこの企画が再浮上し、フランスを舞台に書き直してみることにしました。その時にこの物語を、女優の母と女優にならなかった娘の話にしてみようというアイデアが生まれました。カトリーヌ・ドヌーヴさんは、自作のフランス公開時にお会いしたことがありました。自分にとっては、フランス映画のアイコンのような存在ですが、せっかくフランスで撮影するのなら、と思い切ってオファーをさせて頂きました。映画について、演じることについて、ドヌーヴさん本人にヒアリングを重ねながら、今脚本を執筆中です。今回は言語や文化の違いを乗り越えて監督するという、刺激的なチャレンジになりますが、本物の「役者たち」に正面から向き合ってみたいと思っています。 物語のあらすじ ───ねえ、ママ。教えて。人生って楽しい?───母はフランス映画のスター女優。今の恋人、元夫、パーソナルアシスタント...彼女を愛してやまない男たちの上に君臨する。そんな彼女の自伝の出版を機に、娘がアメリカから、夫と幼い子どもを連れて帰省する。しかし、母と娘の再会は、たちまち対立へと変容。さまざまな真実は露わになり、愛と恨みは告白される。母は、SF映画に出演することになるが、自伝に自分の名前がないことに傷ついたパーソナルアシスタントが突然辞めてしまい、娘が代わりに撮影現場に付き添うことに。その現場で出会った新進女優の姿に、母はかつて親友でライバルだった今は亡き女優の面影を重ねていく。母と娘は長年に渡ってへだてられてしまったふたりの関係を果たして修復出来るのだろうか…。母(カトリーヌ・ドヌーヴ)・・・仏映画界屈指の大女優。そろそろ第一線を退く時期だが、本人は老いを認めたくない。娘(ジュリエット・ビノシュ)・・・元女優志望の脚本家。拠点をアメリカに構え、夫と娘をもつ。娘の夫(イーサン・ホーク)・・・アメリカで主にテレビ俳優の仕事に就いている。女優(リュディヴィーヌ・サニエ)・・・母が出演するSF映画の共演者。 作品情報 『La Vérité(仏題・仮)』※邦題未定公開時期:2019年原案・監督・脚本 是枝裕和出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ撮影:エリック・ゴーティエ『モーターサイクル・ダイアリーズ』(03)『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(14)
ファッションプレス
吉沢亮、福士蒼汰とのに共演に「キャスティングをされた時から…」
吉沢亮さんが、6月28日に東京国際フォーラムホールCで行われた映画『BLEACH』ジャパンプレミアに登壇。福士蒼汰さんと『仮面ライダーフォーゼ』で共演したことを暗に触れ「特撮ファンが喜ぶ」と語りました。 同イベントには、 […]
NOSH(ナッシュ)
夜空と光の共演に魅せられる。この夏絶対に行きたい愛知県の花火大会6選
夏に欠かせないイベントといえば花火大会。毎年さまざまな規模の花火大会が開催されているが、今回は愛知県で行くべき花火大会を...
ウォーカープラス
杉咲花、“伝説のドラマ”で共演の土屋太鳳との2SHOTに「笑顔めっちゃいい!」
女優の杉咲花が6月23日にオフィシャルInstagramを更新。主演ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」...
ザテレビジョン
『ビバヒル』ルーク・ペリーなど豪華ドラマスター、タランティーノ新作映画で共演
海外ドラマナビ
万引き家族:安藤サクラと松岡茉優に聞く(下) 久しぶりの共演で「ヘビににらまれたカエル」の気分
毎日キレイ
岩田剛典の“正装”姿に期待の声! 共演の佐伯大地も「超カッコよかったなぁ」
岩田剛典演じる宇海直哉が、破産寸前の老舗ホテルを立て直すさまを描く「崖っぷちホテル!」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)。6月10日(日)放送の第9話では、宇海が初めて“正装”タキシード姿を披露する。これまでホテルに似つかわ..
ザテレビジョン
2018ミス・アース・ジャパン:ファイナリストがお披露目 華やかドレスで美の共演
毎日キレイ
松岡茉優:「万引き家族」共演の安藤サクラ絶賛 「絶望的な存在」
毎日キレイ
山田杏奈、「幸色のワンルーム」実写化でドラマ初主演! 上杉柊平共演で“被害者”と“誘拐犯”のいびつな共同生活描く
朝日放送テレビが立ち上げた新たな連続ドラマ枠「ドラマL」の第2弾「幸色のワンルーム」が、7月7日(土)よりテレビ朝日(関東)、7月8日(日)よりABCテレビ(関西)でスタートすることが決定。ドラマ初主演となる山田杏奈、上杉柊平らが出演するこ..
ザテレビジョン
上白石萌音&萌歌:姉妹初共演で「一番の夢かなった」 山崎賢人は「ぜいたくな時間」
毎日キレイ
山崎賢人:初共演の三浦友和が“座長ぶり”絶賛「うれしいです」
毎日キレイ
鈴木亮平&永野芽郁、時空を超えた“共演”にファン騒然「西郷どんと鈴愛…好きだーっ!!」
放送中の大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合)で主演を務める鈴木亮平が、5月27日に自身の公式Twitterにて女優の永野芽郁と“奇跡”のツーショットを披露し、ファンを騒然とさせている。鈴木は、この日「まだお江戸におった頃、美濃国の鈴愛どんな..
ザテレビジョン
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理