際立つ大人の透明感。最旬キーワードで紐解く“ワンランク上”のボブヘアの愉しみ方

定番人気のボブヘアにも毎年のようにトレンドが生まれています。特に2018年は“大人の透明感”を演出するスタイルがトレンドの予感。それでは早速、最旬キーワードや似合わせのポイントともに甘さや幼さを感じさせない“ワンランク上”のスタイルをまとめてチェックしてみましょう。

“あご下のボリューム”と“前髪”の調整で輪郭に合わせたスタイルに

重たい印象にも幼い印象にも転びやすいボブスタイルですが、まず注目したいポイントが“あご下のボリューム”。輪郭との相性を最重要視しましょう。

例えば、顔全体の横幅が狭く、縦に長い雰囲気を持つ面長さんなら“あご下にボリュームをプラス”、顔全体がふっくらとした丸い印象の丸顔さんなら“あご下にボリュームを抑える”のが正解です。

また、面長さんであれば“長めの前髪”で顔の長さを視覚的に補正するのもオススメ。

長めの前髪を作ることにより目元印象も強調されるので、よりフェミニンな魅力を強調できますよ。

一方、柔らかく優しい印象で幼く見られることも多い丸顔さんの場合の前髪は、流し前髪やシースルーバングなどで額を覗かせることでスッキリとした印象になります。

また、全体的にゆるふわなボリューム感を持たせると個性も引き立ち、可憐さを残しながら大人感をグッと高めることができますよ。

“前下がり”、“切りっぱなし”、“暗髪”もトレンド継続中

2018年も引き続き人気のスタイルが“前下がり”、“切りっぱなし”、“暗髪”のボブスタイル。

前下がりボブの場合、面長さんなら前髪を作ることで横と縦のバランスを調整できますし、丸顔さんなら前髪なしにして縦長な印象作りが可能になります。

また、パーマとの相性も良いので、ボリュームが出しにくいなら輪郭に合わせてトップやサイドにパーマを取り入れてみましょう。

大人クールな雰囲気を演出するなら“切りっぱなしボブ”が断然オススメ。

毛先をパッツンと切りっぱなしにするだけなのに、自然と大人っぽさを演出できます。外ハネなどのラフなスタイリングで仕上げると、一層透明感が増しますよ。

一般的にボブは快活な印象を与えますが、暗髪×ストレートボブなら上品さとともに個性を強調できます。

毛先のワンカールで軽やかでこなれた雰囲気を演出しつつ、束感スタイリングで新鮮な印象を愉しみましょう。また、時にはサイドを耳かけするだけで簡単イメチェンも叶いますよ。

大人の透明感を意識して周りと差を付けるボブヘアを愉しむためには、自分の輪郭に合ったポイントを抑えたスタイル作りが不可欠です。ぜひ参考にして、最新トレンドを抑えたスタイルを今年も愉しんでいきましょうね。<top image出典:@hair.cm/秋山 絵梨香 / DECO

元記事を読む
提供元: beauty news tokyoの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。