かわいい…!彼がちょっと嬉しく感じるLINEメッセージ

相手が好きな人ともなれば、何気ないLINEのメッセージのやり取りも楽しいですよね。つい意味もなくLINEをしたり、彼とのLINEが習慣になっている女性も多いのでは?
特に付き合ったばかりなら、恋愛感情が最も強い段階なので、なんてことないLINEも楽しく感じるものです。

では、付き合いが落ち着いてきても、お互いのLINEが楽しく感じることってできないでしょうか?
今回はそういった意味で、彼がちょっと嬉しく感じるLINEメッセージを考えてみました。

なるべく早く返信する

やはり返信が早いほど、相手のことを気にかけてくれている――。そんな印象を持ちますよね。それだけ愛情が強く、きちんと相手のことを想ってくれている。そうした言い方もできるでしょうか?
もちろん、仕事やプライベートに追われていて、リアルタイムに返信できないこともあるでしょう。でも、その場合も「ごめん、いま仕事終わった」「両親と家の手伝いしてた」と、返信が遅れた理由を添えるとか。
あなたを一番に考えているその気持ちを、どことなくメッセージで伝えられるといいかもしれませんね。

それに返信できる際は、なるべく早くしてあげたほうが、相手もテンションを維持しやすいので、より楽しくLINEができると思います。

相手を気遣うメッセージを盛り込む

たとえば彼が仕事中、勤務後なら「お疲れ様」とひと言メッセージを添えて送るとか。

デートの待ち合わせ場所も、「もっと近いほうがいいかな?」「無理なら遠慮なく言って」と添えるとか。

相手に対する配慮や気遣いが見えるメッセージって、それだけ相手のことを想っているからこそ、気に掛けるひと言が出てくるのだと思います。
付き合いが長くなってくるほど、こうしたひと言が薄れてきてしまいがちです。

リアルにも当てはまることですが、ぜひLINE上でも相手を気遣うひと言を添えてみてください。
思っているだけでは相手に気持ちは伝わりません。これは付き合いが長くなっている恋人に対しても同様です。

「もしかして〇〇なのかな……?」と気持ちを察することはできても、口にするまでは確信が持てないことも、たくさんあるでしょうからね。

「ありがとう!」を積極的に使う

相手がどんなに小さなことでも、何かしてくれたこと――。

それこそ察してくれたことや、配慮してくれたことがあれば、それに対して「ありがとう!」とメッセを送ることはとても大事です。
付き合いが長くなってきても、相手に対する感謝の気持ちを省いてしまうと、すれ違いを生む原因になりかねないからです。

自分が嬉しいと感じていることを彼に伝えることで、彼もあなたの気持ちがわかるでしょう。
たとえ付き合いが長くなったとしても、自分が感じた嬉しいこと、相手がしてくれて嬉しかったことは、積極的に伝えられるといいですね。それがふたりの愛を育むきっかけにもなるはず。ふたりの考えていることがわかって、すれ違いも防げるでしょう。
 
付き合いが長くなってきたからこそ、LINEの使い方も気にかけてみてください。こうしたことに配慮できる恋人同士は、きっと末永く幸せなカップルになれるはずです。(柚木深つばさ/ライター)
(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。