吊す収納でデッドスペースを有効活用!壁面を利用すると収納スペースは増やせる!

収納スペースが足りなくて困っていませんか。収納ボックスを買い足すことはできるのですが、これ以上置く場所がないという方もいるのではないでしょうか。実は壁面や隙間などのデッドスペースを上手に使えば、もっと収納を増やすことができるんですよ。今回は吊す収納を取り入れた収納術をご紹介します。

吊す収納を取り入れて使いやすく♪

パントリーに

リビングから見えない位置にあるパントリーの壁面には、マグネットボードに貼ったおたよりなどと一緒に、月謝袋や薬などをポールに吊して収納しています。忘れたら困る物はしまうのではなく、目に付くような場所に吊しておくというアイデアは真似したいですね。

洗濯ネット収納

洗濯機の横にマグネットタイプのアルミフックを付けて、洗濯ネットを吊しています。大きさごとに分けているので使いたいときに取り出しやすく、通気性もいいので清潔に保つことができますよ。 

100均DIY

角材の断面にミニステーをネジ留めし、壁に固定するだけでインテリアバーのできあがり。材料はどちらもセリアの物を使用しています。お部屋のインテリアに合うようにペイントすればおしゃれですね。洋服をかけたり、オブジェを吊したりとさまざまな使い方ができますよ。 

子供部屋に

棚板を固定するためのIKEAのブラケットを逆さにして、ハンガーをかけています。洗濯した物をたたまずに吊すだけでいいのが楽チンですね。 

かさばる洋服も

壁面に取り付けた有孔ボードにフックをかければ、簡単に吊す収納ができますよ。洋服はもちろん、バッグや時計なども吊しておけば、お出かけの準備もスムーズにできますね。 

キッチン収納

フライパンや調理器具は吊り下げて収納すれば、収納が少なくても大丈夫。調理をしているとき、すぐ手が届くところに蓋や調理器具があるので便利ですね。 

掃除道具も

壁面にフックを付けて、掃除道具一式を吊して収納しています。掃除道具を奥にしまってしまうと、いざ掃除をするとき億劫になってしまうので、取り出しやすい場所に収納しておけば、掃除も苦になりませんね。 

お風呂に

お風呂で使う桶やスポンジ、洗顔フォーム、掃除道具などは、タオルバーにかけたフックに吊して収納しています。水切れがよく、ヌメリやカビ予防にもなりますよ。 

まとめ

吊す収納のアイデアをご紹介しましたが、いかがでしたか。どのアイデアも壁面を有効活用しているだけでなく、見せる収納としても素敵で使い勝手もよくいいことずくめでしたね。手軽にDIYできるアイデアやちょっとした工夫で収納場所を増やせるので、こちらを参考に吊す収納を取り入れてみてくださいね。

元記事を読む
提供元: folkの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。