1. トップ
  2. レシピ
  3. 喉越しの良いシャンパンと合わせて。フレンチの技巧をこらした焼き鳥

喉越しの良いシャンパンと合わせて。フレンチの技巧をこらした焼き鳥

  • 2018.1.5
  • 3451 views

フランスのネオクラシックをイメージしたおしゃれ空間

大阪・北新地にあるビストロ「ル・コントワール・ド・シャンパン食堂」。入り口の扉はガラス張りになっており、外からでも中の様子を伺うことができます。カラフルでかわいい外観はパリの街角にあるお店のよう。

外観と同様、おしゃれな雰囲気の店内は赤い壁が特徴で、温かみのある空間が広がります。カウンター席11席、テーブル席8席となっており、メインはカウンター席。

デートや友人同士はもちろん、おひとり様でもシャンパン一杯から気軽に立ち寄れるのが魅力です。

焼き鳥とフレンチタパスを気軽に楽しめるフレンチバル

「シャンパン食堂」の姉妹店としてオープンしたお店。本店よりも気軽に足を運べるお店にしたいという思いからスタートしました。「フランス人のフランス料理シェフがもしパリで焼き鳥屋さんをオープンしたら」をテーマとしているそう。

遊び心溢れるお店のインテリアのテーマはフランスのネオクラシック。新しくもあり懐かしくもある、居心地が良くワクワクする雰囲気を目指しています。

フレンチの技巧を使った焼き鳥とフレンチタパスを気軽な雰囲気の中楽しめるフレンチバルとして、注目度の高いお店です。

居酒屋メニューの焼き鳥をフレンチテイストで

日本ではおなじみの居酒屋メニューである焼き鳥を、ここだけの新感覚の味わいとして楽しむことができます。シェフにかかれば焼き鳥もおしゃれな一皿に大変身! シャンパンとともに気軽につまめるのも魅力です。

ねぎま、すなぎも、せせりなど、たくさんある焼き鳥メニューの中でぜひ食べてみてほしい人気メニュー「とりむね(540円)」。桜チップの燻製で閉じ込めた新感覚焼き鳥となっています。

低温調理でやわらかくなった鶏肉に、白ネギとコンソメをもとに作られたソースをオン。その気になる作り方は、カウンター席から眺めて確かめてみてください。

盛りつけも美しく食べ応え抜群! 「サーモンマリネ」

シャンパンと相性抜群の上質なフレンチタパスも種類豊富。いろいろな味わいを楽しめるので、ついついお酒もすすんでしまいます。常時3~5種類ほどあるグラスシャンパンも自慢です。

ノルウェー産の肉厚サーモンを使用した、「サーモンマリネ(756円)」はお店でも人気のタパス。盛りつけも美しく、自家製のタルタルソースとともにいただきます。

日本の食文化とシャンパーニュの文化のマリアージュ

日本の食文化とシャンパーニュの文化を融合させているのがこの店の最大の特徴であり魅力。日本の食文化である焼き鳥をフレンチの技巧で分解、さらに再構築したフレンチ焼き鳥の数々をぜひ味わってみてください。

22:00以降はシャンパンバーとして、飲み物だけでも利用可能のため、2次会の場所にもピッタリ。デートに女子会と、思い思いの時間をこのお店で過ごしてみてください。おいしい発見があなたを待っています。

「ル・コントワール・ド・シャンパン食堂」はJR東西線「北新地駅」から歩いて5分の場所にあるお店です。未体験のフレンチ焼き鳥とシャンパンの味わいに、ぜひ魅了されてみてください。

スポット情報

  • スポット名:ル・コントワール・ド・シャンパン食堂
  • 住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-37
  • 電話番号:06-4797-2498
元記事で読む