1. トップ
  2. ヘア
  3. 360°可愛いボブスタイル♪カラーやスタイリングでここまで変わる!

360°可愛いボブスタイル♪カラーやスタイリングでここまで変わる!

  • 2017.12.19
  • 22013 views

同じようなボブスタイルでも、雰囲気を変えることができます。短いから無理などということはなく、だからこそボブスタイルは人気がずっと続いていると思います。今回はそんなボブスタイルのさらなる魅力をお届けさせて頂きます。360°可愛さがわかるスタイル写真をご用意しましたのでぜひご覧ください♪

サイドスタイルから魅せる、360°可愛いボブスタイル

第三者目線の可愛いは重要です。鏡から見えるスタイルだけではなく、サイドからの視線も気にしてみましょう♪ 

ハイトーンカラーのアッシュベージュカラースタイルに、さらにハイライトを入れて奥行きを出し、立体的に魅せる3Dカラーがポイントのボブスタイル。ストレート感のあるボブスタイルも立体的に魅せることで動きが見えて、可愛いヘアスタイルになります♪

切りっぱなしボブスタイルのダークグレージュカラースタイル。ボブスタイルが人気の導火線となったヘアスタイルです。カットラインをしっかりと魅せることで可愛い仕上がりになり、このラインで外国人風になれるメリットもあります♪ 

ゆるふわウェーブのロングボブスタイル。外国人風が人気となり、ハイトーンカラースタイルからのウェーブスタイルは高支持されています。巻きすぎず、なだらかなウェーブがポイントとなります♪ 

ボブスタイルといえばお洒落ヘアスタイルの代名詞。ハチ下部分にブリーチでインナーカラーを施せば、さりげないお洒落感を出すことができます。特に耳あたりから出てくるハイトーンカラーは、イヤリングカラーとも呼ばれアクセサリーを使っているかのような仕上がりになります♪ 

外国人風といえばグラデーションカラーが鉄板スタイルでしょう。中間までをダークグレージュカラーで染めて、毛先をブロンドアッシュで黄色味のないホワイト感が可愛いカラースタイルに。ゆる巻きのロングボブスタイルと合わせてハーフっぽい仕上がりにするのもいいですね♪ 

切りっぱなしのロングボブスタイル。ボブスタイルとの違いは、少し髪が長い分、丸みのある仕上がりになります。カジュアルフェミニンなど、可愛さを出したい方はロングボブでの切りっぱなし外ハネスタイルがオススメです♪ 

ロックに決めるお洒落カッコいいスタイルなら、インナーカラーに原色系を入れてあげるのも可愛いです。特殊カラーで、ペールトーンピンクを入れることで、さりげないけどアクセントのあるカラースタイルのボブに♪ 

グラデーションカラーとパーマを入れたクセ毛風のヤンチャボブスタイル。実はインナーカラーでグラデーション感を出している技ありのカラースタイルで、スタイリングでワックスを適当に揉み込んであげれば完成です♪ 

ハイライトを入れた、暗髪でも動きのわかる立体的なカラースタイルで、外ハネボブスタイルにさらにアクセントを加えたヘアスタイル。あくまでダークカラースタイルを前提としているので、ハイライトを入れてもナチュラル感のあるヘアスタイルになります♪ 

柔らかいクセ毛風ボブスタイル。毛先のクシャクシャ感をよりアピールできるように、髪の内側にだけハイトーンカラーを入れ込んでいます。ダークトーンの中から出てくるハイトーンカラーが、お洒落感を引き出すボブスタイルにピッタリです♪ 

ハイライトとローライトを入れた3Dカラースタイル。浮かび上がるハイライトと、奥行きを出すローライトを組み合わせた立体的なカラースタイルは、ナチュラルなボブスタイルを一味違うボブスタイルに変えてくれます♪

耳元にくびれを作り、引き締めることで顔自体を小さく見せることができる前下がりショートボブスタイル。毛先を軽く内巻きにしてあげて、カール感を出せば大人っぽいボブスタイルになってくれます♪ 

表面にだけハイライトを入れて、ボブスタイルの外ハネの毛流れを作ったボブスタイル。外ハネスタイリングが苦手な方も、ハイライトを入れることで外ハネ感をアピールしやすくなりますよ♪ 

耳まわりにだけブリーチを入れたイヤリングカラースタイル。ボブスタイルだからこそ、耳にかけた時のイヤリング感が強調されます。耳にかけた時とかけてない時で雰囲気が変わるので、オススメです♪ 

顔まわりに入れたハイライトが、ゆるく巻いた時に出てくる仕上がりが可愛いお洒落ボブスタイル。ボブスタイルは短い分、ウェーブが出しにくいですが、ハイライトなどのカラースタイルと合わせて、可愛い動きを出しやすくしてあげましょう♪ 

まとめ

いかがでしたか?360°どこからみても可愛いボブスタイルは、正面からだけではわからない魅力がたくさん詰まっていますので、ぜひ参考にしてみてください♪