1. トップ
  2. おでかけ
  3. 歯周病で早産に!? 悪阻がツラい妊娠中にもできる口腔ケア4つ

歯周病で早産に!? 悪阻がツラい妊娠中にもできる口腔ケア4つ

  • 2015.1.15
  • 328 views

【ママからのご相談】

最近つわりがひどく、あまり歯磨きができていません。どうしたらいいですか?

●A. 妊娠中の口腔ケアは無理をせず自分ができるものをチョイスして!

はじめまして! ご相談ありがとうございます。歯科衛生士の鈴木ハナコです。

妊娠中、特につわりがひどいときには、口に物を入れることすら抵抗があるという人は少なくありません。かといって歯磨きをやめてしまうのは考えもの。妊娠中のお口のトラブルや、それらに対処する方法についてみていきましょう!

●妊娠中はお口のトラブルが増加!

妊娠中は歯だけでなく歯肉などのトラブルや、熱いもの、冷たいものがしみやすくなるなどお口の中もかなりデリケートになっています。これらは急激なホルモンバランスの変化による唾液の粘つき、気分の悪さによる歯磨き回数の減少、食事回数の増加などが原因の一因と考えられます。

●歯周病と早産には関係性がある

これらお口のトラブルの中で一番避けたいのは歯周病。近年、歯周病をもつ妊婦と早産の関係性が明らかにされており、妊娠中、ひいては妊娠前からの口腔ケアが重要となってきます。

●つらい妊娠中にもできる口腔ケア4つ

妊娠中の体調にはかなり個人差がありますので今の自分ができる口腔ケアの方法を選んでいくことが大切。

●(1)洗口液を含んで歯磨き

歯磨き粉のザラザラ感が気持ち悪いという方は洗口液を少し含んで歯磨きをする。

●(2)小さい歯ブラシを使う

吐きっぽくいつもの歯ブラシが使いづらい方はブラシ部分が小さい歯ブラシを使う(場合によっては子ども用歯ブラシでも)。

●(3)一日一回しっかり磨く

こまめな歯磨きが難しい場合は1日の最後に少し我慢してしっかり磨く。

●(4)うがいをする

どうしても歯磨きできない場合はこまめにブクブクうがいをする。

など、できる工夫がたくさんあります。

●最後に

妊娠中の体調は千差万別、好きだった食べ物が食べられなくなったり、できていたことができなくなったりと、さまざまな変化がありますよね。お口の状態やケアの悩みは人それぞれですのでぜひ歯科医院で相談してみてください。

自治体によっては妊婦の歯科検診を無料で行っているところもあるのでそれらを利用するのもオススメです。

【参考リンク】

・お口の病気と治療 | 歯とお口のことなら何でもわかるテーマパーク8020(https://www.jda.or.jp/park/trouble/contents.html)

(ライタープロフィール)

鈴木ハナコ(歯科衛生士)/幼い時から医師や歯科医師などの医療関係者に囲まれて育ち、反発したものの大学卒業後自身も結局医療関係職に就く。本職の傍ら医療分野のコラムを執筆。現在結婚し、これまた医療関係職の夫と2児と暮らす、母親業と子どものことはわからないことだらけながらも日々奮闘中。気になったらとことん調べたいという性格が影響するためか、調べ始めたら止まらない。専門家へのインタビューも積極的にこなします! “キチンと知りたい”をモットーに取材、執筆活動中。趣味はお手軽アウトドア。