1. トップ
  2. 恋愛
  3. ベティとは正反対!?『アグリー・ベティ』でお馴染みのアメリカ・フェレーラ

ベティとは正反対!?『アグリー・ベティ』でお馴染みのアメリカ・フェレーラ

  • 2015.1.15
  • 6169 views

こんにちは。海外ドラマコラムニストの伊藤ハルカです。

このコラムでは、海外ドラマの裏情報や、海外ドラマに登場する注目のセレブを紹介します。今回は、周囲の嫌がらせに負けず、明るく前向きに生きるヒロイン、ベティを描いたファッションコメディ『アグリー・ベティ』で、主役のベティを演じたアメリカ・フェレーラにフォーカス! ドラマの中ではおブスに描かれていたベティだけど、そのベティを演じたアメリカって実際はどんな人なの? 

Francois Durand/ Getty Images Entertainment/ Thinkstock

■『アグリー・ベティ』のストーリーを簡単にご紹介!ぐちゃぐちゃヘアスタイルに決しておしゃれとは呼べない独特のポンチョファッション、ダサイ眼鏡にニコっと笑うと見え隠れする矯正器具。そのあまりにも強烈な風貌で観る者をあっと驚かせたのが『アグリー・ベティ』のニューヒロイン、ベティ。舞台は、ベティの初めての就職先であるハイファッション誌『MODE』の編集部。編集長アシスタントとして雇われた彼女は、プレイボーイで、繊細な編集長ダニエルのお世話に追われながら、全米屈指のファッショニスタたちからのイジメにも負けず、「一人前のライターになりたい!」という自身の夢をかなえるために、前向きに頑張ります。そんな彼女の姿に、初めはバカにしていた周囲も次第に彼女を応援するようになります。周囲を巻き込みながら難題を解決するベティや、ドジなベティをいつも優しく応援するあたたかい家族、編集長の座を狙う悪女クリエイティブ・ディレクター、ウィルミナの陰謀など、見どころ満載なファッションコメディです。

Francois Durand/Getty Images Entertainment/ Thinkstock

■ホンジュラスの血を受け継ぐ本当は美女『アグリー・ベティ』では、破壊力抜群なベティだけど、それを演じたアメリカ・フェレーラという女優は、引き締まったウエストに、グラマラスなバスト、エキゾチックではっきりとした顔立ちと、ベティとは正反対の美人さん。アメリカの素顔を見ると、女優さんの役作りってすごいのねと思わずにはいられない。そんなアメリカは、1984年、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの現在30歳。ホンジュラスという中米のルーツを持っています。6人兄弟の末っ子として生まれたアメリカは、幼い頃から演技に興味を持ち、8歳の時に地元の劇団に入団。メキメキと頭角を現し、高校生の頃に、テレビドラマの出演によりデビュー。テレビ出演をきっかけに、数々の映画やテレビドラマに出演する傍ら、南カリフォルニア大学に進学します。「国際関係」と「演劇」を専攻しながら、多数のヒット作に出演したアメリカは、なんと、大学卒業までに10年かかったとか! それでもちゃんと卒業した真面目さは、ベティと似ているかもね。

■人生を変えた2作品そんな彼女の人生を変えた2つの作品があります。それは、『アグリー・ベティ』と、『旅するジーンズと16歳の夏』という映画です。2006年に公開された『アグリー・ベティ』の主演で、一躍有名になった彼女ですが、実は『アグリー・ベティ』が公開される1年前に、『旅するジーンズと16歳の夏』という青春映画に出演しています。ティーンエイジャーの恋や家族や進路などの悩みが独特の感性で描かれた本作は大ヒット。アメリカは本作でレッドカーペットを歩いています。また、見逃せないのが、本作でアメリカが共演した女優。なんと、あのブレイク・ライブリーも出演しています。大女優の初々しい姿が拝める作品として今もファンの間で根強い人気がある映画作品です。

Frazer Harrison/Getty Images Entertainment/Thinkstock

■とんでもないハプニングでも、プロ根性を見せつけたアメリカ!アメリカ・フェレーラと言えば、今年5月、フランスで開催された国際映画祭のレッドカーペットで、胸のあいたホワイトドレスの中に男が頭を突っ込むという事件に巻き込まれたばかり。その男は、ウクライナのテレビレポーターで、セレブにイタズラを仕掛けることで悪名高い人物だったとか。おふざけとはいえ、晴れの舞台で、素敵なドレスに頭をつっこまれたら、ビンタのひとつでもしてやりやいもの。しかし、アメリカはいたって冷静で、そのレポーターが関係者に連れて行かれる様子を怒鳴ることなく静かに見送ったそう。さすがの貫録!

■1000万ドルの保険金をかけたミラクル笑顔そんなアメリカは、プライベートでも幸せいっぱい! 大学時代より交際していた映画監督のライアン・ピアーズ・ウィリアムズと、2011年6月27日に結婚。結婚後もライアンの手掛ける映画にアメリカが出演するなど、バランスのとれた良い関係が継続しているようです。保険会社のロイズが彼女の笑顔に1000万ドルの保険金をかけたことでも有名ですが、幸せいっぱいな彼女の最近の笑顔は、もう1000万ドルじゃきかないとか!

これからも幸せいっぱい、笑顔いっぱいなアメリカの活躍に期待したいですね。

Text Haruka Ito