1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【プロが教える】今スグやめて!ちっとも「美肌にならなくて当然」な洗顔グセ4つ

【プロが教える】今スグやめて!ちっとも「美肌にならなくて当然」な洗顔グセ4つ

  • 2015.1.14
  • 465 views

キレイなメイクも整った素肌があってこそ。ですが、美肌づくりは1日にして成らず、なワケで毎日行うケアに勘違いやタブーポイントがあればちっともキレイになれません。

そんな誤解が多くみられるシーンが“洗顔”。メイクをする大人の場合、ただ顔を洗っていれば良いというわけではなく、正しい方法で行わないと実は肌トラブルの原因に……なんていうことにもなりかねます。

そこで今回は、メイクアップアーティストの黒木絵里が“美肌のために気をつけたい洗顔の4つのポイント”をご説明します。

■NG1:泡が貧弱

正しい洗顔には、キメが細かい“モコモコの泡”が必要不可欠。モコモコでむっちりとキメ細かい泡が、毛穴の汚れを吸着し浮き立たせてくれます。

手で泡立てが不十分な場合は、泡立てネットなどの便利グッズを使うのが吉!

■NG2:洗顔時、手のひらが顔に触れる

顔の皮膚の表皮は約0.1mmほどと薄~く、とってもデリケート。ちょっとの摩擦でも、肌トラブルの原因になってしまうので注意が必要です。

汚れをしっかり落とそうとゴシゴシこすって洗う人がいますがコレも無意味。ゴシゴシこすったからといって汚れが落ちるわけではありません。洗顔は、手のひらで洗うのではなく“泡で洗う”のです。手のひらが肌に触れるか触れないかくらいの、ソフトなタッチがgood!

正しい洗顔は、モコモコのキメ細かい泡を肌の上で揺らす程度で実は十分です!

■NG3:「冷たい水」または「お湯」ですすいでいる

この寒い時期、熱いお湯で洗顔している人はいませんか? 温度の高いお湯では、肌に必要な油分を取り去ってしまうため、肌を乾燥へと導きがちです。洗顔に適したお湯の温度は人肌程度と言われていますので大体35℃〜38℃程度のぬるま湯を使用すると良いでしょう。

NG4:すすいだ後鏡を見ないでタオル直行

豊富な泡で洗うからこそ、“泡のすすぎ残し”にも注意。特に髪の生え際やフェイスラインはすすぎ残しが多く、コレこそが肌トラブルの原因になることも少なくないので鏡を見ながら念入りにすすぎましょう。

いくら肌に良い美容成分が入っていても、洗顔の“いろは”ができていなければ全く功を奏しません。基本を見直して正しい洗顔をすれば、美肌に向けて一歩前進すること間違いありません!

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)