1. トップ
  2. ダイエット
  3. 冬でも出来る5つのワークアウト

冬でも出来る5つのワークアウト

  • 2017.11.24
  • 15166 views

夏の定番が水泳なら、冬のおすすめはハイドロフィット

屋外プールでラップを重ねるには、ちょっと身が引き締まりすぎる季節になった。屋内プールには行けるけど何か変わったことがしたいなら、ハイドロフィットをお試しあれ。トレッドミルやエアロバイクが設置された独立型のキャビンには水が入っており、負荷の高い運動とともにセルライト撃退に役立つウォータージェットによるマッサージ効果が得られる。

夏の定番がサーキットトレーニングなら、冬のおすすめは24

屋外でのサーキットトレーニングには寒すぎる。でも、Virgin Activeが開始した新たな屋内ワークアウト、24なら大丈夫。24分間で24種のエクササイズを行う高負荷の全身運動で、ドラマシリーズ『24』のジャック・バウアー並みの刺激を受けよう。犯罪を取り締まる必要はない。

夏の定番がランニングなら、冬のおすすめもランニング!

凍てつくような外気を走り抜けば、夏場以上のメリットが得られる。寒さの中では体がいつも以上に働かなければならないため、幸福ホルモンであるエンドルフィンの生成が促進されて気分も上々。適した服装で走ることだけは忘れずに。

夏の定番がサイクリングなら、冬のおすすめはヴィクトリア・ペンドルトンのプロサイクリング

吹きすさぶ北風で耳が痛い時は、エアロバイクにまたがって。イギリスのDW Fitness Firstでは、女子自転車競技のオリンピックメダリストであるヴィクトリア・ペンドルトンが自身のトレーニングをベースに考案した3種類のサイクリングワークアウトが楽しめる。スピード、パワー、そして持久力が試される30分のHIITクラス。オリンピック選手にできるなら、あなたにも……?

夏の定番がブートキャンプなら、冬のおすすめはバリーのブートキャンプ

Barry's Bootcampでインドアブートキャンプ。恐らく世界で最もタフなこのワークアウトでは1時間で最大1,000kcalものカロリーが消費され、ありとあらゆる筋肉群が熱く燃える。砂を詰めたバッグを背負って、雨に打たれながら泥の中を走る必要もない。

※この記事は、UK版ウィメンズヘルスから翻訳されました。