1. トップ
  2. レシピ
  3. 海外セレブにも人気!中東から世界へ広まるヘルシーフード“フムス”の基本レシピ

海外セレブにも人気!中東から世界へ広まるヘルシーフード“フムス”の基本レシピ

  • 2015.1.13
  • 979 views

ゆでたヒヨコ豆(ガルバンゾ)を潰して、練りごま、ニンニク、オリーブオイル、レモン汁、塩などを加えペースト状にした料理“フムス”(フンムス、フマス、ハモスなどの名前で呼ばれることも)。実はレディー・ガガがコンサート前に食べていることでも知られるこの料理は、厳しい戒律のあるイスラム教徒が多い中東の国々で、昔から食べられているもの。植物性かつ高栄養価であることから、世界のヘルシー志向の人々やベジタリアンたちが取り入れており、もちろん日本でもすでに注目が高まっています。

中東では“フムス”はピタパンに付けて食べるのが一般的ですが、クラッカーに付けたり、サンドイッチや野菜のディップにするなど、幅広い食べ方ができます。そこで今回は基本的な“フムス”のつくり方を紹介。フードプロセッサー等にかけて滑らかになるまで撹拌するだけと超簡単なので、ぜひ「自家製フムス」をヘルシーに楽しんでみてくださいね♪

====================

<材料>

ヒヨコ豆(茹でたもの) 1カップ ニンニク 1片 ヒヨコ豆のゆで汁又は水 大さじ2 練りごま 大さじ2 オリーブオイル 大さじ2 レモン汁 小さじ3 塩 小さじ 1/3

<つくり方>

材料をフードプロセッサーにかけ、滑らかになるまで撹拌する(フードプロセッサーがない場合は、すり鉢やマッシャー等でも可)。お好みで、バジル、クミン、コリアンダー、カイエンペッパー、ブラックペッパー等のスパイスを加える。

====================

豆類は全般的に栄養価が高く、ヒヨコ豆も例外に漏れず高栄養価。カロリーは171kcal/100gでタンパク質や食物繊維、ビタミンB群、亜鉛やマグネシウムなどのミネラル類も豊富に含まれています。

【ヒヨコ豆は大豆よりも食物繊維多く、カロリーと脂質が少ない】

また、ヒヨコ豆の食物繊維は水に溶けない「不溶性食物繊維」なので、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみ、便のかさ増しや、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進します。また、体にとって有毒な、ダイオキシンなどの物質を排泄するデトックス効果もあるそうです。

*ただし不溶性食物繊維を多く取ると、場合によっては便が硬くコロコロになることもあるので、水分もたっぷりと一緒に摂取することをおすすめします

参考:マイクロダイエット「ヘルシー志向で大注目!中東発のヘルシーフード「フムス」って?」