【世界中が感動】チームに仲間入りするため、数百kmの過酷なレースを共に歩んだノラ犬

皆さんは、山や川など大自然をフィールドにした「アドベンチャー・レース」をご存じだろうか? ときには何百キロもの距離を自分の足や自転車で移動する、この過酷なレースに突如参加した1匹の犬が、世界中に感動を呼んでいる。

・運命の出会い!?

「アーサー」と名付けられたこの犬。エクアドルで開催されたとあるアドベンチャー・レースに参加中のチームに出会ったことが、すべての始まりだった。

スウェーデン人を中心とするメンバーから、ふとミートボールを分け与えられたアーサーは、その日からノラ犬としてさまようのを止め、自らチームと一緒に移動するように。

レースを続けるため、はじめはアーサーに付いて来させないようにしていたメンバーだったが、いくら追い払ってもいつの間にか側に現れ、ついには根負けしてしまったようだ。

・命を懸けて共に歩もうとする感動的な姿

だが、カヤックで川を渡るときになって、アーサーをどうするのか?という問題が再度わき起こってしまった。 大会主催者からのアドバイスに従い、やむを得ずアーサーを置いていこうとするメンバーだったが、なんとそのときアーサーは川に飛び込み、必死に泳いで付いて来たのだ。

この姿には、関係者の誰もがすっかり心打たれ、救助されたアーサーは、ついにチームの一員として迎えられることに。

いつしか強い絆で結ばれるようになったこのチームは、見事一丸となってゴールに到着した。

このレースは、実は692kmにも及ぶ超長距離戦で、ケガを負い、満足に食事も摂れていなかったアーサーにとっていかに過酷なものであったか想像できる。

だが、アーサーはこの“運命の出会い”に迷いはなかったようだ。写真からは嬉々としてメンバーと共に歩む様子が見て取れ、種を超えた友情は世界中の涙を誘った。

・新天地での生活をスタート

気になるのは、その後のアーサーのことだが、実は多くの人の努力により、メンバーの住むスウェーデンで暮らすことになった。

空港にはこの話に感銘を受けた多くの人々や報道陣が詰めかけ、両国で温かく送り迎えられたようだ。

・「アーサー寄金」を設立

メンバーたちは、世界中にいるアーサーのような犬のため、「Arthur Foundation(アーサー・ファンデーション」を設立。ノラ犬の保護や虐待防止活動に取り組むという。 Facebookページでは、アーサーの様子や活動について随時アップデートされていく予定なので、ぜひチェックしてみて。

Facebook
https://www.facebook.com/peakperformanceadventureracingteam
Team Peak Performance
http://www.teampeakperformance.se/arthur/

犬(まとめ)

元記事を読む
提供元: isutaの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理