1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ハロウィンが2倍楽しくなる?!さりげなくてもかわいいハロウィンインテリア♡

ハロウィンが2倍楽しくなる?!さりげなくてもかわいいハロウィンインテリア♡

  • 2017.10.7
  • 16083 views

10月31日はハロウィンですね。近年、日本でも様々なところでハロウィンのイベントが楽しまれるようになってきました。100円ショップや雑貨屋さんなどでも秋になると、雑貨が多く揃っていますよね。お家のインテリアに、ハロウィンモードを取り入れて、もっとハロウィンを楽しく過ごしてみませんか?

今年はおうちハロウィンを楽しもう

みなさんはハロウィンと言えばどんなことを想像しますか?こちらのキャラ弁もかわいいですね。ハロウィンの楽しみは仮装したり、ハロウィンにちなんだ料理を作ったりすることですが、インテリアとしても楽しめることがたくさんあるんですよ。今年はハロウィンをおうちの中でも楽しんでみませんか?

ハロウィンといえばジャック・オ・ランタン

先ほどのキャラ弁にもありましたが、ハロウィンといえば「ジャック・オ・ランタン」というかぼちゃのお化けを連想する方も多いのではないでしょうか。こちらのお部屋もピアノのおもちゃの上にジャック・オ・ランタンが乗っていますね。お化けなので、少し意地悪っぽい表情をしているものも多いですが、オレンジ色がお部屋のいいアクセントカラーになりそうです。 

こちらは紙製のジャック・オ・ランタンが飾られています。怖そうな黒いものはお城でしょうか。ハロウィンと言えば、ジャック・オ・ランタンやかぼちゃのオレンジ色と、黒がよく使われる色ですね。 

こちらはかわいらしい表情のジャック・オ・ランタンが3つ、ウンベラータの鉢植えの上に置かれています。枝にも緑色のジャック・オ・ランタンのオーナメントがさりげなくぶら下がっていますね♡ 

リアルな表情のジャック・オ・ランタン。家のインテリアに合った、少しシャビーでアンティーク調の雑貨ですね。シンプルなので毎年使えそうなところが素敵です。 

和室にも素敵なハロウィン雑貨

外国の行事であるハロウィンですが、和のお部屋にも合う雑貨はありますよ。こちらは和室に飾られたタペストリー。カラーがハロウィンらしいですね。 

ジャック・オ・ランタンの提灯です。ジャック・オ・ランタンは灯りをともすためにカボチャをくりぬいて作られたものなので、こちらの提灯はハロウィンにぴったりです。和室だけではなく、玄関やリビングに飾っても素敵でしょうね。 

さりげないおしゃれなハロウィンインテリア

ジャック・オ・ランタンではなくても、ハロウィンの象徴であるかぼちゃをさりげなく飾るのはどうでしょうか。元々はカブをくりぬいていたそうですが、ハロウィンの文化がアメリカに渡った時にそれがかぼちゃに変わったそうで、今ではかぼちゃがメジャーとなっています。 

白いかぼちゃなら、シンプルでさりげなく、どんなインテリアでも合いそうですね。 

おもいっきりパーティ感覚で楽しんで

せっかくの1年に1度のハロウィンですので、パーティ感覚で楽しむのもいいですね。こちらはクリスマスのツリーにハロウィンのオーナメントを飾ったもの。ツリーはクリスマスの時期だけではもったいないので、オーナメントを変えながら、長い間楽しんでいるようですよ! 

ガーランドをつりさげ、お友達や家族と仮装しながらのハロウィンパーティ。とっても楽しそうです♡ 

モノトーンハロウィンもおすすめ

モノトーンインテリアが好きな方には、モノトーンのハロウィン雑貨もおすすめです。こちらは「ハッピーハロウィン」「トリックアトリート」などとハロウィンらしい言葉の書かれたカードですね。 

板に貼ったりなどして立てかけて飾っておけば、それだけでおうちがハロウィンモードになれるかもしれませんね。 

こちらはジャック・オ・ランタンやお化けの切り絵を飾っています。可愛らしい表情で、シンプルな雑貨ですね。 

こちらもモノトーン調の「トリックオアトリート!」のボードです。立てかけておくだけで雰囲気がありますね。 

モノトーンのハロウィン雑貨もたくさん売られているようです。お店で探してみるのも楽しいですね☆

お外だってハロウィンモードに

おうちの中だけでなく、お外にもハロウィンモードを出して楽しんでみるのもいいですよ。こちらはベンチにお子さんと一緒にジャック・オ・ランタンが座っていますね。緑の多いお庭で、オレンジ色がいいアクセントになっています。 

玄関先にかぼちゃの3兄弟がいますね。こちらは本当のカボチャを切り抜いて作ったものだそうです。カビが生えてきてしまったようですが、やはり本物のかぼちゃを使うと、とても雰囲気が出ますね。 

かぼちゃをくりぬいて、中にライトを入れたものです。ソーラーLEDライトなどを使うと、夜、外でも光らせることができ、ハロウィンの雰囲気を感じられるお庭になります。 

こちらも本物のカボチャをくりぬいたのでしょうか。お子さんがいる家庭はお子さんと一緒にくりぬく作業をしてみても、楽しく思い出に残るハロウィンになりそうです。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。10月31日のハロウィンまでにおうちをハロウィンモードにして、イベントを楽しんでみませんか?いろいろなイベントに参加するのはもちろん、ハロウィンの可愛らしい雑貨を見つけて飾って楽しむのも、きっと楽しいですよ。おうちハロウィン、楽しんでみてくださいね!