1. トップ
  2. ファッション
  3. トム ブラウンがパリコレデビュー。美しすぎる夢の世界へ。

トム ブラウンがパリコレデビュー。美しすぎる夢の世界へ。

  • 2017.10.5
  • 934 views

【さらに写真を見る】トム ブラウンがパリコレデビュー。美しすぎる夢の世界へ。
やはりトム ブラウン(THOM BROWNE)のパリコレデビューは、壮大かつファンタジーに満ちていた。ユニコーンや人魚など、夢の世界で繰り広げられたショーの全貌とは?

舞台をパリに移したトム ブラウン(THOM BROWNE)のデビューは、今回のパリコレの見どころのひとつ。大勢の期待が集中する中、ショーはスタートを迎えた。ネオ・ルネサンス様式の建築と豪華な装飾が特徴的なオテル・ド・ヴィルに足を踏み入れた途端、そこは煌めく夢の世界。会場のベッドには、ふたりの女の子が眠っていて、会場のあちこちに惑星がゴロゴロと散らばっている。セットの全てがホワイトだ。

今シーズンのトムはパリコレ1番のストーリーテラーだ。女の子たちが見ている人魚とユニコーンの夢の世界を表現したそう。「パリのファッションと言えば、やはり高いクラフツマンシップとクチュール」という彼は、セットだけでなく、ランウェイでも圧巻のクリエーションを見せた。

淡いスパンコールの装飾をふんだんにあしらったマーメイドシルエットのドレス、ピンクとグリーンのオーガンザをレイヤードし、タコの足のようにうねりのあるラインを形作りボディに巻きつけたイブニングドレスをはじめ、ウロコや海藻をファブリックで表現したり、構築的なシルエットを作り出したりと、とにかく立体的。彫刻のようなシューズも登場した。今シーズンのトレンドでもあるトランスペアレントは、デリケートなファブリックで表現し、ショート丈のジャケットやスカート、そして終盤に登場した巨大なユニコーンに使用された。

得意なテイラードも健在。豪華な刺繍やスパンコール、ストライプを組み合わせたジャケットやスーツは会場の豪華さに負けない存在感を放っていた。パリ最終日に披露された美しすぎる夢の世界は、会場を感動の渦に巻き込んだ。

参照元:VOGUE JAPAN