1. トップ
  2. 恋愛
  3. 子育て世代は猫派?犬派? ペットに癒されたい人たちが飼っている動物とは【パパママの本音調査】 Vol.163

子育て世代は猫派?犬派? ペットに癒されたい人たちが飼っている動物とは【パパママの本音調査】 Vol.163

  • 2017.10.5
  • 16526 views

©kinakoshiba‐stock.adobe.com

今では、ペットを飼っているご家庭も多いと思います。でも、ペットと暮らすということは命に責任を持つことでもあります。子育て世代のパパやママはペットについてどう考えているのでしょうか。

Q.自宅でどんなペットを飼ってる?飼いたい?
1.犬32.8%
2.猫17.5%
3.ハムスターなどの小動物11.0%
4.魚・は虫類など8.6%
5.ペットを飼う予定ははい30.1%

猫ブームの中、なんと犬を飼っている・飼いたいという人が32.8%と最も多い結果になりました。次に多いのは、ペットを飼う予定はないというもの。集合住宅などではペット禁止のところも多いという現実もあるようです。

■子どもの世話だけで精一杯!

今は手がかかる子どもたちの面倒だけで精一杯というママの本音がうかがえる結果に…。犬を飼うなら子どもたちが散歩に連れて行けるくらいの年齢だといいのかもしれません。

「子どもたちは犬を飼いたいとずっと言っています。私も嫌いではないけれど、結局世話をするのは私になるのは目に見えているし、仕事と家事で毎日忙しいのに、これ以上仕事が増えるのは無理」(奈良県 40代女性)

「子どもたち3人で精一杯です」(東京都 40代女性)

「今は子どもを育てるのに必死で余力がない。子どもたちに手がかからなくなり、一緒にお世話ができるくらいになったら考えようかと思います」(神奈川県 40代女性)

■すでにペットを飼っている人は家族の一員

ペットを飼うことは子どもにとっても命の大切さやお手伝いとしてお世話をするなどのメリットがある事も。もちろん子どもだけでなく、親も癒されたり心の支えになっていることもあります。

「ダックスフンドを1匹飼っています。家族の一員としてみんなに可愛がられています」(神奈川県 40代女性)

「フトアゴヒゲトカゲ2匹と亀2匹。それと保護センターから引き取った犬が1匹います。毎日世話がありますが、癒されています」(静岡県 40代女性)

「現在は犬6匹とリクガメ。ペットと言っても子どものような存在。別れは毎回とても悲しくつらいです。だけど、この子たちのおかげと思う場面も多いですよ」(熊本県 30代女性)

■もうペットなしでは生きられない!

もはやペットなしの生活は考えられないという人も。人間同士の絆とはまたちがった動物との絆を実感することもあるようです。ペットのお世話をしているようで、実は人間が動物からたくさんのものをもらっているのかもしれませんね。

「猫だらけです。ですが、我が家は猫たちなしでは生きられないかも。愚痴は聞いてくれるし、家族全員動物としゃべる! ストレス発散にもなっているのでしょうね。ペットはお金もかかるけど、それ以上の大切なものをもらっている気がします」(千葉県 40代女性)

Q.自宅でどんなペットを飼ってる?飼いたい?
アンケート回答数:7758件
ウーマンエキサイト×まちcomi調べ

(サトウヨシコ)