1. トップ
  2. スキンケア
  3. 内側から美白! スキンケアにプラスする美の習慣#2

内側から美白! スキンケアにプラスする美の習慣#2

  • 2017.10.4
  • 5149 views

毎日のスキンケアにプラスオンしたい内側からの美白アプローチを紹介しているこの企画。今回は、おすすめの漢方をご紹介します。

美白の基本

出典:Shutterstock.com

美白は、現在の肌を白くすること、これからの肌を黒くしないことのふたつが大切です。現在の肌を白くするには、新陳代謝によって肌に蓄積されたメラニンや古い皮膚を新しい肌にしていくこと。また血行をよくして肌に必要な栄養をきちんと届けること、くすみのない状態にしていくことがメインとなります。
これからの美白肌のためには、メラニンを蓄積させないこと、また肌のターンオーバーサイクルを整えておくことです。つまり、余分なものを捨てる・必要なものを得られる体の状態を保つのが美白への道。これらを助ける成分を配合したものが、美白効果が期待できる漢方です。

主な血行促進や代謝アップ効果のための成分

出典:Shutterstock.com

■血行促進のための主な成分・桃仁(とうにん)
・牡丹皮(ぼたんぴ)
・イチョウ(葉のエキス)

■おすすめの漢方薬
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
血行促進、ホルモンバランスを整える、冷えの改善、のぼせの改善効果が期待できます。
瘀血対策としてメジャーな漢方です。
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血行促進、貧血改善、冷えの改善、月経不順・月経困難の改善効果が期待できます。
血虚対策としてメジャーな漢方です。

■シミや色素沈着対策のための主な成分
・桑黄(そうおう)
・ハトムギ(ヨクイニン)
・ナツメ

■シミ対策におすすめの漢方薬
・加味逍遥散(かみしょうようさん)
血液循環を整える、自律神経を整える、のぼせの改善、ホルモンバランスを整える、イライラや不安の解消効果が期待できます。
・四物湯(しもつとう)
肌荒れ改善、肌の保湿、シミ、冷えの改善効果が期待できます。
血虚対策にすすめられる漢方でもあります。

漢方の選び方

出典:Shutterstock.com

ほしい成分の漢方の取り入れ方には、いろいろあります。漢方薬局でカウンセリングしながら処方してもらう漢方薬、薬局で買える漢方薬、漢方の成分が摂れるサプリメントやお茶などです。
カウンセリング後にオリジナル処方してもらう漢方薬がおすすめですが、漢方薬局にはちょっと行きにくいという人は、ネット診断ができるところもあります。ネット上で悩みや症状から合うと思われる漢方薬を教えてくれ、紹介状(診断結果の漢方薬も記載)を提携薬局に持っていくと漢方薬が買える、というシステムです。カウンセリングよりざっくりした診断ですが、初めての人が試してみたいときにはよさそうです。

西洋医学ベースの通常の病院で処方された薬と併用できないものもありますので、通院している人や処方薬を服用している人や、妊娠中の人は、かかりつけの医師に相談してから漢方にトライしてください。

漢方は、即効性のある対処療法というよりも体質から改善していき、根本的な解決や症状とのよい付き合い方を目指すのに向いています。体内の環境を整えて壊れにくい美しさを内側からつくりましょう。