1. トップ
  2. おでかけ
  3. タイとヨーロッパのスタイルが融合。バンコクに「アテネ ホテル」がオープン。

タイとヨーロッパのスタイルが融合。バンコクに「アテネ ホテル」がオープン。

  • 2017.10.4
  • 1742 views

【さらに写真を見る】タイとヨーロッパのスタイルが融合。バンコクに「アテネ ホテル」がオープン。
「アテネ ホテル」はブランド刷新にあたり、ホテルに縁深いタイ王国ロイヤルファミリーの一人、ワラヤ・アロンコーン王女の人生と旅にそのコンセプトを見出した。ワラヤ王女はチュラーロンコーンことシャム国王ラーマ5世(1853〜1938)の娘で、タイ国王ラーマ 9世(故プーミポン・アドゥンヤデート)の叔母にあたる女性。

ホテルの前身である「プラザアテネ・バンコク」はかつて王女が暮らした王宮の敷地内に建設され 2004年から営業していたが、今回、約1年半にわたる大規模な改修を経て、ラグジュアリーコレクション(The Luxury Collection®)傘下のホテル「アテネ ホテル」として生まれ変わった。

ホテル全体のデザインコンセプトは、王女の生きた時代のタイのコロニアルスタイル。たとえばロイヤルクラブの客室やスウィートは、タイ王族の宮殿で行われたセレモニーのイメージにインスパイアされており、アテネルームとスイートもまた別の宮殿のイメージを映している。

エレガントな心地よさを湛えた客室は374室。クラシックな調度品、白、グレーと栗色の洗練された色調、生地にあしらわれた優美なタイのモチーフなどに、タイ・バンコクの文化と王室の伝統が息づいている。

「プラザアテネ・バンコク」時代から人気のある屋外プールエリアと4階に位置するホテル施設も改修。バンコクのダウンタウン中心地にありながらオアシスのように安らいだ時間を満喫できる。

なお開業を記念し、お得な期間限定宿泊パッケージ「トランスフォーマティブ ジャーニー」を販売中だ。
トランスフォーマティブ  ジャーニー 
予約期間/2017年10月6日(金)~11月15日(水)
宿泊期間/2017年10月6日(金)~2018年1月31日(水)
滞在場所/ラグジュアリーコレクション「アテネ ホテル(The Athénée Hotel)」 61 Wireless Road (Witthayu), Lumpini, Pathumwan Bangkok, 10330 Thailand 
Tel./66(2) 650-8800 
宿泊料金/1室1泊 9,000タイバーツ~
対象となる客室タイプ/ロイヤルクラブプレステージ、アテネスイート、ファミリースイート、ロイヤルクラブスイート 
特典/空港とホテルの往復送迎(BMW5シリーズを使用)、ロイヤルクラブラウンジを特典付きでご利用可能、レストランとスパ アテネで利用可能な2,000タイバーツ相当のホテルクレジットを1泊ごとに提供など 
http://www.plazaatheneebangkok.com/

参照元:VOGUE JAPAN