1. トップ
  2. 恋愛
  3. 幼稚すぎる…子供彼氏の教育法3つ

幼稚すぎる…子供彼氏の教育法3つ

  • 2017.10.3
  • 13627 views

付き合っているうちに彼氏の幼稚な一面を垣間見ることがあります。
子供のような反応や行動に彼女としてどう対処したらいいのでしょうか。
彼氏をただ注意してしまうと喧嘩になる可能性もあります。
そんな彼氏に対する正しい対処法をここではご紹介していきますので、ここの意見を参考にしてみてください。

①幼稚な面が見えてもその時はあえて無視する

外出中や何かをしているときに幼稚な彼氏の行動が起こったとしても、その時にはあえて無視しましょう。
その時に何かを言っても他のことに気を取られていますし、じっくり話すことができないので理解してもらうこともできません。
ですので、起こった瞬間はそのままにしておくと良いでしょう。

②じっくり話し合う場を設ける

幼稚な面があっても話し合う機会を設ければ、話を聞いてくれるはずです。
幼稚なことをしたときのことを説明する必要があります。
幼稚な部分を幼稚とは言わず、気になる点として指摘するようにします。
彼氏にもプライドがあるので、幼稚と言われると冷静な話し合いができなくなるかもしれません。
ここではあくまで指摘だけして、次はそのような行動を取らないように注意します。

③同じことをしたら同じように繰り返す

幼稚な彼氏は一度の注意で直ることはあまりありません。
ここがポイントなのですが、何度も同じように指摘することです。
辟易したリ、疲れたりするのは分かりますが、何度も言わないと分からないのです。
理解してもらうまで何度も言い続けます。
これが彼氏に対する教育になるのです。

幼稚な彼氏に対して何度も言い続けて、教育し続けることが大事です。
これを続けない限りいつまで経っても彼氏は分からないので、同じことを繰り返します。
怒ったり、キレたりしたら自分の負けと思って何度でも同じことを言い続けましょう。
彼氏を否定しても彼氏は反発するだけで直ることはありません。
ですので、あきらめずにコツコツと同じことを言い続ける教育こそが大事なのです。