1. トップ
  2. 恋愛
  3. アリシア・ヴィキャンデル、自身の製作映画にはより女性を。

アリシア・ヴィキャンデル、自身の製作映画にはより女性を。

  • 2017.10.3
  • 792 views

アリシア・ヴィキャンデル。Photo: Bangshowbiz
アリシア・ヴィキャンデルは出演作により多くの女性が参加するように心がけているそうだ。『リリーのすべて』など大作4本でヒロイン役を演じてきているアリシアだが、その中で他の女性と一緒のシーンがなかったことに気づいたため、自ら製作を手掛ける映画ではそういったことがないようにすると誓ったという。

「ちょっと振り返ってみて、4本連続で大作に出演してその全てで主演を務めたけれど、他の女性と出たシーンが1つもなかったの。それってすごくあり得ないことよね。だから自分でプロデューサーを務める時には、他の女性とのシーンがあるようにするってずっと頭にあったの」。

スウェーデン出身のアリシアは、映画界での男女平等についてハリウッドがすでに変化の兆しを見せてきていると感じているそうで、「私は英語での映画に7年前から関わっているんだけれど、今でももっと選択肢があると感じるの。もっとそのことについて話題にしているし、関心も高まってきているわ。だからそれこそ変化への道だと思うのよね」と続けた。

そしてアリシアは挑戦を伴う映画作品を作るのが好きだとハリウッド・レポーターに語った。「ヨーロッパの芸術界が私のバックグラウンドではあるものの、子供の頃に『インディ・ジョーンズ』や『ハムナプトラ』なんて何回見たか数えきれないほどよ。私は挑戦となる芸術をやっていきたいけれど、だからといって自分が楽しめる映画に参加したくないということにはならないわ」。
参照元:VOGUE JAPAN