クセになる! 世界中の唐辛子が集まる”激辛の聖地”

アットホームな店内は、至る所の唐辛子をディスプレイ

表参道にある、「旨辛ダイニング 赤い壺」は、黒を基調とした入口の壁と唐辛子をイメージさせる店名の看板が印象的です。店内はナチュラルテイストの落ち着いた雰囲気。ふと壁を見ると、至る所に唐辛子が飾られているのが目に入るでしょう。

唐辛子を知ってもらいたいというこのお店のこだわり。「赤い壺」では唐辛子を見て、食べて楽しむことができます。

豆板醤の本場、四川でインスピレーションを受けた店名

「赤い壺」という店名は、店主が創業前に訪れた中国四川省で豆板醤が入っている壺を見て、インスピレーションを受けたことで名付けられました。

開業した当初は四谷に店舗がありましたが、2012年に現在の表参道に移転。旨辛ダイニング 赤い壺は、世界中の唐辛子を使用した旨くて辛い料理を作ることがテーマ。ここでしか味わえない創作料理が堪能できます。

自家製の旨辛たれが決め手! 「本日の辛いお刺身」

唐辛子をベースにした自家製の旨辛たれと、お刺身をしっかり絡めた「本日の辛いお刺身」。ネギの甘さと白ごまの香りがいいアクセントになっています。この一品に使用される魚は、鮮度抜群のぷりぷりのもの。

新鮮な魚は、特性の旨辛たれにもかけないぐらい甘さがあるので、辛くても食べやすいと好評です。魚の旨みと旨辛だれが口の中で広がり、お酒との相性も抜群なので一緒に注文してみてはいかがですか。

インパクト大! 唐辛子が山になった「赤富士鍋」

山盛りの唐辛子がインパクト大な「赤富士鍋」は、お店のおすすめ商品の一つです。唐辛子が大量に乗っているので見た目では分かりませんが、鍋の底には白菜やかぼちゃなど甘みの強い野菜と豚肉が入っています。

スープは素材の旨みを引き立てために6種類のチーズをブレンド。さっぱりとした中にもチーズのコクが効いているので、ついつい飲んでしまう美味しさ。汗をかきながらもペロリと食べてしまう魅惑の「赤富士鍋」は、男女問わず人気のメニュー。

旨辛ダイニング 赤い壺は、連日笑顔で溢れています

中国・韓国料理をベースにした旨辛創作料理が堪能できる旨辛ダイニング。厳選した国産の食材や唐辛子を使用して安心安全な料理を提供してくれます。

メニューの中には辛さを選べるものもあるので、辛さに自信がない人も安心です。自然とみんな笑顔になる旨辛料理は、女子会や飲み会に人気! 食べて飲んで盛り上ること間違いなしです。

東京メトロ銀座線表参道駅のA3出口から歩いて4分。青山ケンネル横の路地を左折した先に旨辛ダイニング 赤い壺があります。唐辛子の辛さが癖になる「赤い壺」の料理を、あなたも一度食べてみませんか。

スポット情報

・スポット名:旨辛ダイニング 赤い壺
・住所:東京都港区北青山3-5-9 レイカーズ青山 B1F
・電話番号:03-3401-7883

元記事を読む
提供元: LeTRONCの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理