1. トップ
  2. ファッション
  3. ニットを使ったインテリア8選!秋に向けて取り入れたい毛糸を使った小物たち

ニットを使ったインテリア8選!秋に向けて取り入れたい毛糸を使った小物たち

  • 2017.9.23
  • 16606 views

まだまだ昼には暑い日もありますが、朝晩は涼しい季節になってきましたね。インテリアの面でもそろそろ秋冬仕様に模様替えを考えている方も多いのではないでしょうか?今回はそんな秋冬のインテリアに取り入れたいアイテムの1つニットを使った、おしゃれなインテリアコーディネートをご紹介します。手作りできるアイディアもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

インテリアにぬくもりを与えるニットアイテム

ソファに置いて

手編みのざっくりニットをソファに置いて。ざっくりとした編み目にしたのは、人気のチャンキーニットの風合いを出したかったからだそう。シルバーグレーの毛糸がモノトーンインテリアによく似合っています。大きめのニットアイテムはひざ掛けや肩掛けにもできるから寒い季節に活躍してくれそうですね。 

人気のプフも

おしゃれなインテリアアイテムとして、まだまだ人気が高いプフ。使い勝手の良さからクッションの定番になりつつありますね。こちらのアイテムもニットのものを取り入れるとインテリアにぬくもりがプラスされますよ。

さし色にも

ニットのプフを2つ積み上げて置いています。モノトーンとグレーを基調としたインテリアに、プフのグリーンがさし色になっていますね。クッションカバーなどのファブリックと同じで、ニットアイテムもインテリアのさし色やアクセントに使うのにぴったりですよ。 

かわいい家族のお気に入り

ニットのぬくもりを感じる肌触りが好きになったのか、ワンちゃんもお気に入りのようです。取りはずしができるカバーなら、手編みで作っても楽しいかもしれませんね。さらにお気に入りになってくれるように気持ちのいい素材を選ぶと、作っているときの手触りも楽しいですよ。 

マットに

編み物をあまりしたことがない方にとって、マットのような大きなものはちょっとハードルが高いですよね。でもここ数年人気のチャンキーニットを使えば大きなものも楽に編めるんですよ。チャンキーニットは太い毛糸を使うので、編む手数が少ないのに大きなものが作れるので、ビギナーの方におすすめのアイテム。 

複数作って

先ほどのマットよりも少し小さめのものなら、円座クッションのように使うこともできますよ。床に座るときにもニットのクッションがあれば、身も心もあたたかくなりますよね。 

タペストリーに

大きなアイテムはちょっと…という編み物が苦手な方には、タペストリーはいかがでしょうか?棒編みで編むこともできますが、三つ編みを何本か作ってつなげることでタペストリーに仕上げることもできますよ。 

プランターにも

こちらはプランターカバーをチャンキーニットで作っています。夏の間、活躍した涼しげな鉢も秋には衣替えしたいですよね。でも鉢そのものを変えるのは難しいという場合には、こちらのようにカバーを変えてみましょう。一気に雰囲気が変わりますよ。 

まとめ

ニットアイテムを使ったインテリアコーディネートをご紹介しました。今回ご紹介したものには、手作りができるものが多いのも特徴です。秋冬に向けて簡単なアイテムから手作りをはじめてみませんか?