元旦とジェンガ【彼氏の顔が覚えられません 第8話】

元旦を迎えた。クリスマスから今日の日が急にやってきたような気がするけど、しょうがない。大きなことがとつぜん起こると、その前までの記憶は軽くふっとんでしまうものだ。

目覚めると、見慣れない天井、6畳の和室。隣には男性が寝ている。

「ん、もう朝かぁ~?」

あくび混じりの声をあげる彼。「おはようございます」と言うと、彼は顔をぎゅいっと素早くこちらに向け、

「…あれ、なんでイズミちゃんがいんの?」

「なんでって、先輩が誘ったんじゃないですか」

「あ…そうだっけ…うん、そうだ。あー、だんだん思い出してきた…やべぇ、頭痛ぇ」

寝ぐせだらけの頭に手を置く。表情は読みとれないけど、それだけでだいぶ、つらそうなのがわかる。

「きのう、ずいぶん飲んでましたもんね」

「あはは、どんだけ飲んだんだっけ…」

「八海山の一升瓶、一人で一本カラにするくらいです」

「…おぉ、まじか」

大晦日に一緒に過ごすはずのカズヤが、急に「バイト入っちゃって」と連絡してきたのと、恋人と過ごすはずの2年の先輩が、とつぜん「フラれたんで、みんなで宅飲みしない?」と誘ってきたのは、ほぼ同時期だった。

先輩の住むアパートの部屋に行ってみたら、最初は私の他に二人。それぞれ、「紅白」が終わったころぐらいに出て行った。「なんだよー、あとちょっとでカウントダウンじゃねぇかー」って先輩が引き止めるのも、「終電が」って断って。

じゃあ、私も帰んなきゃって思ってたら、「わあぁん、イズミちゃんはぁ…一緒にっ…カウントダウンしてくれるよねえぇ~っ! じゃなきゃ、俺っ……死ぬ!」って訴えられたのが、マジに聞こえたから。ひょっとしたら顔は笑ってたのかもしれないけど、そういうのって私、わからないから。ともかく気づかないで帰って、自殺なんかされたら困るから。

なんていろいろ言い訳するように考えてみたけど、本当のところは自分でもよくわかんない。帰って一人で新年迎えるのもさびしかったのかも。だからって彼氏以外の男と、二人きり一夜を明かすのはどうなのか。

「なんか俺、酔った勢いで変なこととかしなかった?」

不安げな声で尋ねる先輩。

「だいじょうぶですよ」

「そうか、よかっ…」

「胸をさわろうとしたとき、ちゃんと止めました」

「ダメじゃん」

うつむき、はぁ~っ、と長い息を吐き出す先輩。頬にできた、私の拳の形をしたあざは、少し変色して紫色になりかけていた。内出血させちゃうくらいなんて、私も酔っていたに違いない。未成年だから飲んではないけど、その場の雰囲気とかで。

「…その、ごめんね」

「いいえー」

謝る先輩から目をそらしつつ、私は答えた。

床には、お菓子の空袋やら、ペットボトルやら、昨晩遅くまで先輩と二人で積み上げては崩しを繰り返していたジェンガの一部やらが転がっている。昨夜のカウントダウンから点けっぱなしになっているテレビは、元旦のお笑い特番を流していた。

(つづく)

目次ページはこちら

【恋愛小説『彼氏の顔が覚えられません』は、毎週木曜日配信】

(平原 学)

元記事を読む
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理