1. トップ
  2. グルメ
  3. パピコはこうして作られる! 手作りアイス体験も楽しい、グリコの工場見学「グリコピア CHIBA」へ親子で行ってみた

パピコはこうして作られる! 手作りアイス体験も楽しい、グリコの工場見学「グリコピア CHIBA」へ親子で行ってみた

  • 2017.8.21
  • 12745 views

今年7月にスタートしたばかりの「グリコピア CHIBA」のアイス工場見学に親子で行ってきました!

大好きなアイスの製造工程を見学できるのはもちろん、ズームカメラを操作して容器にアイスを詰める様子を観察したり、巨大冷凍庫の中に入って冷たさを体感したりと、五感で楽しめるのが特長です。今回は、あの「ポッキー」や「ビスコ」を自由にトッピングできる、アイス作り(有料)も楽しんできました。

「グリコピア CHIBA」の工場見学は、ママ友同士や三世代で訪れるグループが多く、早くも予約が殺到しているのだとか。

充実の工場見学コースとアイスの手作り体験レポをご紹介します!

■パピコはこうして作られる! 製造ラインを間近で見学
まずは約200インチの大画面を備えたシアタールームへ。アイスクリームの作り方とグリコの歴史を紹介した、2本のムービーを鑑賞します。

映像でアイスの基礎を学んだら、次に案内されるのは異物の混入を防ぐ「クリーンルーム」。ここでは、強風を吹きつけて身体についたホコリやゴミを飛ばす「エアシャワー」を体験できます。

両手を挙げて思いっきり風を浴びるのが、楽しむコツ。いつも食べているアイスの安全性は、こうして保たれているんですね。

続いて製造ラインへ。ガラス越しにずらりと並ぶタンクに、子どもの視線は釘付けです。タンクの中味は、アイスクリームのもとである「アイスクリームミックス」。砂糖・牛乳・バターなどを入れ、タンク中央部にあるハネで約24時間かけてゆっくりかき混ぜているそうです。

粒を整えて殺菌処理をしたアイスは、「エージングタンク」と呼ばれる巨大なタンクに詰められ、約4度で熟成されます。

タンクの数は全部で32本あり、1本で1日あたり約7万2500袋のパピコが作られているのだとか。実物大のタンク模型に映像を投影するユニークな演出で、アイスクリームが混ざる様子を説明してくれます。

■ボタンとレバーでカメラを操作し、パピコの秘密に迫る!
パピコの容器にアイスクリームを詰める工程は、通路から直接見ることはできません。でも、工場内にあるカメラを操作すると、映像で観察することが可能。

自分でボタンを押してズームインしたり、レバーで向きを変えたりと、自由自在。乗り物が大好きな男児には、たまらないですね。

次のお楽しみは冷凍体験! アイスクリームを保存する冷凍庫の中を通り抜けることで、アイスになったような気分が味わえます。想像以上の寒さにキャーキャーと歓声があがり、大盛り上がり。実は子どもたちに一番人気があるのは、このゾーンなのだそうです。

最後の工程は包装。パピコに加えて、自販機でおなじみの「セブンティーンアイス」の包装も見学できます。奥にはレントゲンのような機械があり、異物混入や重量のチェックなどが行われています。

見学コースの最後には、千葉工場で作られた出荷前のパピコを、手渡しでもらえます。家族やお友達と半分ずつ食べるのが楽しいですね。

■ポッキーのトッピングも楽しめる、アイス作りに挑戦!
無料の工場見学はここまでなのですが、せっかくなのでアイス作り(1500円 税込/2名分)も体験してみました。三角巾や紙エプロンも用意されているので、手ぶらでOK。まずは、ボウルに牛乳、生クリーム、砂糖を入れて混ぜます。

氷と塩(塩を入れることで温度がさらに下がるそうです)が入った器に、ボウルをぐっと押し込みます。しばらく放置してアイスが固まってきたら、ヘラでそぎ落としながら何度も混ぜます。

ほどよい固さになったら、バニラアイスのできあがり! 希望者にはセブンティーンアイスで使われているものと同じチョコクッキーを入れてくれます。

カップやコーンに盛り付け、テーブルに用意されているポッキー&ビスコを飾ります。

大好きなお菓子を好きなようにトッピングできるとあって、子どもの表情は真剣そのもの。セブンティーンアイスに使われている抹茶とコーヒーのパウダーも、自由に使えますよ。

工場見学の予約はホームページまたは電話で、先着順にて受付中。9月まではほぼ埋まっていますが、10月以降の平日ならまだ空きがあります(2017年8月10日現在)。また、キャンセルが出たら随時開放されるので、ホームページをこまめにチェックするのがおすすめです。

グリコピア CHIBA
入場料:無料(完全予約制)
休日:毎週金曜・お盆・年末年始・工場メンテナンス日
営業:9:30〜16:00
問い合わせ:04-7127-3355(開館日の9:00〜16:00)
所在地:千葉県野田市蕃昌10番地
アクセス:常磐自動車道「柏IC」から約30分/東武野田線「愛宕駅」からタクシーで約10分。
公式サイト:https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/glicopia/chiba/


(まちとこ出版社)