1. トップ
  2. メイク
  3. コンシーラー使いがプロのコツ。汗ばむ季節も“崩れない”ナチュラル肌メイク簡単3STEP

コンシーラー使いがプロのコツ。汗ばむ季節も“崩れない”ナチュラル肌メイク簡単3STEP

  • 2017.8.16
  • 37573 views

海やプール、フェスなどイベントが多くより一層メイクに気合を入れたくなる夏ですが、紫外線や汗や皮脂による化粧崩れへの対策など悩みも尽きないもの。そこで、数多くの芸能人やモデルを担当するヘアメイクアーティスト・岩下倫之さんに、即真似できるトレンドを盛り込んだメイクテクを教えてもらいました。

ファンデ不要。汗ばむ季節も“崩れない”ナチュラル肌を作る3STEP

平日のお仕事シーンから海やプールなどで開放的に遊びたいときまで、基本となるのがトレンドをしっかり抑えたナチュラル肌。ファンデ不要、しかもわずか3STEPでササッと仕上げられるのが嬉しい簡単メイクテクです。

(1)手持ちの化粧下地やBBクリーム、CCクリームなどで肌を整える ※特に夏は日焼け止め効果のあるアイテムを推奨

(2)「眉の上」「頬の高い部分」「ほうれい線」「唇周り」の4か所にコンシーラーを乗せ、指でポンポンと馴染ませる

「ファンデは使わず、ハイライトにコンシーラーを使う」のがこのメイク最大のポイント。眉の上や頬など、高くみせたいところにコンシーラーを乗せることで、顔の輪郭を整えてメリハリを出すことができます。また、ほうれい線部分の影も薄くなり、唇周りに乗せたコンシーラーによって口角が上がったような印象まで叶えてくれますよ。

(3)テカリの気になる頬をベビーパウダーで抑える

特にテカリが気になりやすい頬の部分はメイク用のベビーパウダーを使って抑えておきましょう。また、夏は汗で首筋に髪の毛がベタつきやすいので、首筋にもベビーパウダーを塗ることで爽やかな清涼感をさりげなく演出できますよ。

このように、わずか3STEPで、紫外線、化粧崩れ対策バッチリのヌケ感フェイスが完成。ベースメイクの手間を極限まで抑えることができるので、忙しい朝にもピッタリです。

ちなみに今回のメイクでキーになったコスメはコチラの3種。

【アディクション スキンプロテクター / 資生堂ベビーパウダー(プレスド) / イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ】

ぜひコスメ選びの参考にしてみてくださいね。

text:Hiromi Anzai photo:本城直季(Nnoki Honjo) model:山岡葵 メイク監修:岩下倫之