じつは「ママ」呼びがうらやましい?「ママ」から「お母さん」切り替え時期

© milatas - Fotolia.com

小さい子には「ママ」のほうが呼びやすいけど、成長したらいつまでその呼び方でいいんだろうか…。お受験対策のために「お母さん」と呼ばせたい。「ママ」から「お母さん」へ切り替えるタイミングや理由はさまざまです。みんなはどのようなタイミングで切り替えたのでしょうか?

■お受験を目指している家庭では

©Monet - Fotolia.com

小学校受験の場合、多くの学校で面接試験が行われます。そのときには、「パパ・ママ」呼びが不利になると、お受験用教室でいわれることもあるのだとか。そのため、お受験を考えるママたちは、早めに切り替えをしているようです。
●生まれる前から決めていた。でもじつは…
子どもが生まれる前から小学校受験を考えていました。だから、言葉を覚える前から自分のことをママとはいわないようにしていたんです。

話しかけるときは「お母さんですよ~」ということを徹底したおかげで、小さいころから「お母さん」と呼ばせることができました。でも、じつはよその子が「ママ」と呼んでいるのがうらやましかったです(42歳・小学6年生のママ)

●お受験反対の姑によって子どもが混乱!?
試験のときだけ「お母さん」というのは難しいので、受験対策をはじめたころから切り替えました。じいじとばあばも「おじいちゃん」と「おばあちゃん」に切り替えたけど、お受験に反対していた姑がわざと「ばあばだよ」というので、最初は子どもが混乱して大変でした(40歳・小学4年生のママ)

●自分の呼び方も同じなのでスムーズに切り替え
「ママ=若い」イメージが自分の中にはあったので、「ママ」と呼ばせていたんですが、受験ではNGと聞いてからお母さんに切り替えました。同居する母を私自身が「お母さん」と呼んでいるからか、子どももスムーズに切り替えできました(40歳・小学2年生のママ)
学校によっては、お母さんではなく「お母さま」をよしとする場合もあり、併願を考えたときに悩んだという声も。ただ、実際には、「ママ」と呼んだだけで不合格になる学校は少ないようです。

■小学生になると自然に切り替える!?

© milatas - Fotolia.com

小学生になると、子どもが自発的に呼び方を変えることも少なくありません。そのため、切り替えを意識しなかったという意見も見受けられました。
・「小学校に入学したころは『ママ』と呼んでくれていたけど、いつの間にか『お母さん』に代わっていました。どうやら友だちにからかわれたようで…」(31歳・小学4年生のママ)

・「男の子がいつまでもママ呼びするのはどうなの? と思っていたけど、周囲の影響で自然と切り替わるものですね。ママとしてはちょっと寂しいけど、これも成長の証かも」(38歳・小学4年生のママ)

・「高学年になってもママと呼んでいた息子。中学生になる前には切り替えてほしかったので、『ママも大きくなってお母さんに進化したんだよ』といって誘導しました」(40歳・中学生のママ)

・「関西に住んでいるので、小さい子ころからずっと『おかん』。切り替えを意識したことはないけど、東京へ遊びに行ったときに、その呼び方はちょっと恥ずかしい…」(42歳・小学1年生のママ)
とくに男の子は、友だちの影響で自然と切り替えることが多いようですね。男の子は、ママからお母さん、そしてお袋へと変わっていくのでしょうか?

■中高生のママ呼びはアリ? ナシ?

多くの家庭では小学生のころに切り替えのタイミングを迎えるようですが、中高生の場合はどうでしょうか。先輩ママたちに聞きました。
・「娘はいまでもママ呼び。女の子だからいいかな、と思うけど、よそでは母というように話している」(50歳・高校生のママ)

・「娘が中学生になったとき、お母さんと呼んだほうがいいか聞かれたけど、ママのままでいいと話しました。自分も母をママと呼んでいるので、そのほうがしっくりくる!」(38歳・中学生のママ)

・「思春期を迎えてから、恥ずかしいのか『ねえ』、『あのさ』などと話しかけてくるようになった息子。もうお袋でもいいからちゃんと呼んで!」(40歳・中学生のママ)
私の友人も、いまだにママ呼びですが、それは親しい間柄のみであり、対外的にはきちんと「母」を使っています。ある程度大きくなれば使い分けも可能なので、家庭では子どもが呼びやすいものでいいのかもしれません。

何歳になったらお母さんに切り替えなくてはいけないというルールはなく、呼ばせ方にも決まりはありません。だからこそ、どう呼ばせればいいか悩むママが多い様子。受験を考えていない場合は、あまり意識することなく、子どもに任せてもいいかもしれませんね。
(丸部りぃ)

提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
0~3歳の子を持つママに聞いた! 1日自由な時間があるなら何をする?
小さい子どもの育児や家事に追われていると、なかなか自分だけで何かを満喫できる時間というものはとれないもの。ゆっくりとご飯を食べる時間はもちろん、時間を気にせずトイレにいったり、出かけたりすることも制限されますよね。そんな、毎日大忙しな育児中…
Googirl
【医師監修】「我慢せずにやせる」を実践してみよう!【やせにくいママのための「脳科学ダイエット」ってなに? 第3回】
第1回、第2回と脳科学を応用したダイエット法についてご紹介してきましたが、第3回の今回はいよいよ実践編! 仕事に子育てにと時間がないママでも脳科学ダイエットを上手に生活に取り入れるための具体的な方法について『無理なくやせる“脳科学ダイエット”』の著者、久賀谷亮先生にお話をうかがいました。
ウーマンエキサイト
「1日5分、タオル1枚」たったこれだけ産後ママのセルフケア【ママの心が軽くなる「助産師さんの子育てヒント」 第3回】
たらちね助産院院長、大坪三保子先生にお話を聞く連載。小さなママ・コミュニティの大事さをうかがった第1回、情報に振り回され過ぎない子育てをうかがった第2回に続き、最終回は育児に忙しいお母さんが無理なくできて、自分を癒せるセルフケアについてうかがいました。
ウーマンエキサイト
赤ちゃん連れの乗り物移動はしんどい…! 泣き声が気になるママへ【コソダテフルな毎日 第98話】
赤ちゃんって言い聞かせたり、諭したり、褒めたり叱ったりしたところでそんなの関係ない世界に生きてるじゃないですか。もちろんママのお膝の上でチョンっと座っていてくれる赤ちゃんもいるのですが、おっぱいも飲ませても、おむつを替えても、お昼寝を済ませても、万全に整えたとしてもずっとグズグズと泣き続ける赤ちゃんもいるわけですよ。
ウーマンエキサイト
ママにおすすめ!動きやすさもおしゃれも完璧なパンツコーデ15選☆
子供とのお出かけはおしゃれを重視すると、動きづらかったり汚れるのが気になってしまったりと、何かと面倒くさいですよね。そこで今回は、ママにもおすすめの動きやすさもおしゃれもばっちり兼ね備えたコーディネートをいくつかまとめてご紹介したいと思います。お子さんを持つお母さんは、ぜひチェックしてみてくださいね!
folk
赤ちゃんとの外出で気になる他人の視線。不安を感じるママは9割近くも!【パパママの本音調査】 Vol.307
数年前と比べて、交通機関や施設などではエレベーターなども多くつけられバリアフリーも進み、自動改札の幅が広くなったりなど赤ちゃんとのお出かけはラクになっているはず。それでも、ママたちが赤ちゃんとの外出に不安を感じるワケは、やはり他人からの視線だったようです。
ウーマンエキサイト
「あふれる子育て情報、ママはどれを信じれば?」悩む前に知っておきたいこと【ママの心が軽くなる「助産師さんの子育てヒント」 第2回】
たらちね助産院院長、大坪三保子先生にお話を聞く連載。第2回は、大坪先生が取材中に何度も口にされた「腑(ふ)に落ちる」子育てについて考えます。いろいろな子育て情報があふれているなかで、どうやって子育てをしたらいいか? その受け取り方や取捨選択、振り回されないコツなどをうかがいました。
ウーマンエキサイト
ママならみんな共感できる? 出産までに不安だったこと5つ
赤ちゃんができるとうれしさと同時に不安が募りますよね。自分が母親になる想像がつかないという方は多いですし、お腹が目立つようになるのは妊娠後期なので、妊娠している実感がわかなかったという方もいるようです。そこで今回は、今妊娠している方や育児を…
Googirl
ママを待っている!仕事復帰後のマミートラック対処法!
ママを待っている!仕事復帰後のマミートラック対処法!
Grapps
イヤイヤ期の無茶ぶり要求、どうする!? ママのメンタルを守るには【コソダテフルな毎日 第97話】
イヤイヤ期ってなんでしょうね。こんなに毎日一生懸命育ててるのに、なんでこんなに拒絶されなきゃいけないんだって心折れそうになりますよね(笑)
ウーマンエキサイト
THREEからベビー&キッズライン! ママも一緒に使える~
気になるコスメの開発秘話をお届けする「コスメラボ」。今回はTHREEのベビー&キッズラインの「ミルキーエマルジョン」「UVミルク」「スキン ピュアソープ」です。
anan web
ママになってもヒールは8cm! プリクラ世代ママの日常あるある
「アムラー」「コギャル」「ルーズソックス」「細眉」…この言葉に反応したあなた、もしかして、プリクラ世代(1977~1986年生まれ・32~41歳位)ではないでしょうか?
ウーマンエキサイト
何もかもがカオス…! 2人目妊娠中のママあるある
人生2回目のマタニティライフともなれば手慣れたもので、きっと充実した毎日を送れるはず! そう思うんですよね、妊娠発覚するまでは……。現実は初めての妊婦生活に輪をかけた混沌っぷり。何もかもがカオスなんです! リアルタイムで第二子妊娠中の筆者が…
Googirl
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理