じつは「ママ」呼びがうらやましい?「ママ」から「お母さん」切り替え時期

© milatas - Fotolia.com

小さい子には「ママ」のほうが呼びやすいけど、成長したらいつまでその呼び方でいいんだろうか…。お受験対策のために「お母さん」と呼ばせたい。「ママ」から「お母さん」へ切り替えるタイミングや理由はさまざまです。みんなはどのようなタイミングで切り替えたのでしょうか?

■お受験を目指している家庭では

©Monet - Fotolia.com

小学校受験の場合、多くの学校で面接試験が行われます。そのときには、「パパ・ママ」呼びが不利になると、お受験用教室でいわれることもあるのだとか。そのため、お受験を考えるママたちは、早めに切り替えをしているようです。
●生まれる前から決めていた。でもじつは…
子どもが生まれる前から小学校受験を考えていました。だから、言葉を覚える前から自分のことをママとはいわないようにしていたんです。

話しかけるときは「お母さんですよ~」ということを徹底したおかげで、小さいころから「お母さん」と呼ばせることができました。でも、じつはよその子が「ママ」と呼んでいるのがうらやましかったです(42歳・小学6年生のママ)

●お受験反対の姑によって子どもが混乱!?
試験のときだけ「お母さん」というのは難しいので、受験対策をはじめたころから切り替えました。じいじとばあばも「おじいちゃん」と「おばあちゃん」に切り替えたけど、お受験に反対していた姑がわざと「ばあばだよ」というので、最初は子どもが混乱して大変でした(40歳・小学4年生のママ)

●自分の呼び方も同じなのでスムーズに切り替え
「ママ=若い」イメージが自分の中にはあったので、「ママ」と呼ばせていたんですが、受験ではNGと聞いてからお母さんに切り替えました。同居する母を私自身が「お母さん」と呼んでいるからか、子どももスムーズに切り替えできました(40歳・小学2年生のママ)
学校によっては、お母さんではなく「お母さま」をよしとする場合もあり、併願を考えたときに悩んだという声も。ただ、実際には、「ママ」と呼んだだけで不合格になる学校は少ないようです。

■小学生になると自然に切り替える!?

© milatas - Fotolia.com

小学生になると、子どもが自発的に呼び方を変えることも少なくありません。そのため、切り替えを意識しなかったという意見も見受けられました。
・「小学校に入学したころは『ママ』と呼んでくれていたけど、いつの間にか『お母さん』に代わっていました。どうやら友だちにからかわれたようで…」(31歳・小学4年生のママ)

・「男の子がいつまでもママ呼びするのはどうなの? と思っていたけど、周囲の影響で自然と切り替わるものですね。ママとしてはちょっと寂しいけど、これも成長の証かも」(38歳・小学4年生のママ)

・「高学年になってもママと呼んでいた息子。中学生になる前には切り替えてほしかったので、『ママも大きくなってお母さんに進化したんだよ』といって誘導しました」(40歳・中学生のママ)

・「関西に住んでいるので、小さい子ころからずっと『おかん』。切り替えを意識したことはないけど、東京へ遊びに行ったときに、その呼び方はちょっと恥ずかしい…」(42歳・小学1年生のママ)
とくに男の子は、友だちの影響で自然と切り替えることが多いようですね。男の子は、ママからお母さん、そしてお袋へと変わっていくのでしょうか?

■中高生のママ呼びはアリ? ナシ?

多くの家庭では小学生のころに切り替えのタイミングを迎えるようですが、中高生の場合はどうでしょうか。先輩ママたちに聞きました。
・「娘はいまでもママ呼び。女の子だからいいかな、と思うけど、よそでは母というように話している」(50歳・高校生のママ)

・「娘が中学生になったとき、お母さんと呼んだほうがいいか聞かれたけど、ママのままでいいと話しました。自分も母をママと呼んでいるので、そのほうがしっくりくる!」(38歳・中学生のママ)

・「思春期を迎えてから、恥ずかしいのか『ねえ』、『あのさ』などと話しかけてくるようになった息子。もうお袋でもいいからちゃんと呼んで!」(40歳・中学生のママ)
私の友人も、いまだにママ呼びですが、それは親しい間柄のみであり、対外的にはきちんと「母」を使っています。ある程度大きくなれば使い分けも可能なので、家庭では子どもが呼びやすいものでいいのかもしれません。

何歳になったらお母さんに切り替えなくてはいけないというルールはなく、呼ばせ方にも決まりはありません。だからこそ、どう呼ばせればいいか悩むママが多い様子。受験を考えていない場合は、あまり意識することなく、子どもに任せてもいいかもしれませんね。
(丸部りぃ)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
【高校生向け】彼ママに「いい子!」と思われるための工夫9パターン
高校生カップルにとって、彼ママはとても大きな存在です。味方になってもらえれば彼氏との関係がぐっと安定しますが、最初に反感を持たれてしまうと大変かもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの女性500名に聞いたアンケートを参考に「彼ママに『いい子!』と思われるための工夫9パターン」をご紹介します。
オトメスゴレン
彼ママにも好印象!丁寧な肌に魅せるひと技はフェイスパウダー
コスメ選びに迷ったら、今週発売の新製品からチェックしてみませんか?  ≪1月14日(月)~1月20日(日)発売≫のコスメのなかから、GINGER...
GINGERweb
怒りモードを消せないママに、娘が放った一言が胸に突き刺さる!【子育ては毎日がたからもの☆ 第38話】
母になってもう6年、でも、まだ6年。いまだに「叱る」が難しくて、気づけば子どもたちをずっと叱ってばかりいるような気がします。そんなある日、子どもに言われたショックな一言をきっかけに、叱る際の対応方法を改善することに…。そんなわが家のしつけ事情をご紹介します!
ウーマンエキサイト
子育て初めてママ「理由もなく涙が出る…」気分が落ち込む原因は?
待ちに待っていた、わが子の誕生。会えるのを楽しみにしていたから子育ての準備も万端! …だったはずなのに、なぜか毎日泣きたくなる。つらくてつらくて仕方がない…。そんな自分に情けなくなって、さらに落ち込む…。今回は、生まれたばかりの子どもを前に、ママが落ち込んだり悲しくなったりしてしまうのはどうしてなのか? 解消法も合わせてお話ししていきましょう。
ウーマンエキサイト
彼氏の「母親」に好かれやすい彼女って?彼ママと良好な関係を築く方法
 大好きな彼との付き合いが安定してきて、“結婚”の話が出始めるころ、頭をよぎるのはお互いの両親への紹介ですよね。特に「彼ママ」―彼の母親との対面を考えると、ちょっとドキッとする人も多いのではないでしょうか。 では、彼ママと良好な関係を築けるか否かに、彼との恋愛の運命がかかっているも同然と言ったら、あなたはどうしますか?今回は、なぜ彼ママとの関係づくりが大切なのか、そしてどうすれば彼ママといい関係を築けるのか、じっくり考えてみましょう。
ハウコレ
派手でも地味でもダメ?彼ママ・義実家ウケ好印象メイク
イベントの多い冬の時期は、お義母さんや彼の親戚に会う機会が増えるかもしれません。特に初対面の場合、第一印象はとても大事です。人は初めて会ったときの目から入る情報で、その人の印象を決めるといいます。誰からも好かれる、好印象メイクについてお勉強しましょう。
myreco
子育て世帯「休めている」のは4%…ママに休みはない? 残る夫婦の不公平感
仕事に家事、育児とやることがたくさんの子育て世帯。「休日に休めていますか?」というアンケートでも、「充分休めている」と答えた人は、わずか4%。このことから、休息がとても貴重なものだということがわかります。では、その貴重な時間のバランスは、夫婦間ではどうなっているのでしょうか?
ウーマンエキサイト
どうしたらいい? 頑張るママが「理想通りにできない…」と思うこと
きっと誰しも、自分が理想とする「ママ像」があるはず。育児書や育児雑誌を読み、「絶対にいいママになるんだ!」と頑張っている人も多いのではないでしょうか。ただ、実際に育児をしていくと、自分が抱いていた理想の「ママ像」とどんどんとかけ離れてしまい…
Googirl
働くママに!「ワンピース&セットアップ」で忙しい朝も楽しておしゃれ♡
働くママは、毎朝の準備がとても忙しい!毎朝バタバタしてしまって、出勤前にヘトヘト・・・なんてこともありますよね。 そんなときに頼りになるのが、ワンピースやセットアップなど簡単にコーデが決まるアイテムたちです! 今回は、お仕事にもピッタリなワンピース&セットアップコーデをご紹介します。
folk
働くママの味方!「キッズランド佐野」が2019年に開園予定
働くママの希望を叶える保育園「キッズランド」は、平成最後の保育園改革に取り組み、子どもが心身ともに成長できるよう力を入れている。 2019年には、新たに「キッズランド佐野」が開園する予定だ。 親の仕事の都合で習い事ができない子どもがいることを考慮し、「キッズランド」では保育園に通いながら習い事ができるカリキュラムを採用。体操・リトミック・歌・英会話・キッズヨガなど、すべて専門の講師が指導に当たる。授業料は保育料に含まれているので、これらのカリキュラムは無料で受けることができる。 またキッチン改革も実施。導入されたオープンキッチンから食欲をそそる美味しそうな匂いが漂ってくることで、子どもたちが給食を残さず食べられるようになったという。 保育士改革にも力を入れ、保育士1人に対し、0歳:3名・1歳:6名・2歳:6名・3歳:20名・4歳以上:30名と、内閣府が勧める企業主導型保育を取り入れている。 いっぱい勉強して、いっぱい遊んで、いっぱい美味しいご飯を食べて、子どもの成長がますます楽しみになりそうだ。
ストレートプレス
パパが初めての寝かしつけに挑戦! ママが大喜びした意外なわけとは【ムスメちゃんとオコメちゃん 第5話】
眠くなるとパパではダメな時期が長かったムスメを、パパが寝かしつけようとしてくれたお話。とある平日の夜。ムスメをお風呂に入れてくれたパパがある提案をしてくれました。
ウーマンエキサイト
冷食、缶詰は、“手抜き”でない“息抜き”ご飯!? ママの罪悪感手放すレシピ【パパママの本音調査】 Vol.313
仕事や家事、育児に忙しくしているママやパパたちにとって、毎日のご飯作りは悩みのタネ。帰りが遅くなってしまう日や体調を崩してどうしてもご飯が作れないという日でも、おなかを空かせた家族にご飯を提供しなければなりません。そんなママやパパたちは、どうやって日々のご飯作りをこなしているのでしょうか。
ウーマンエキサイト
ママさんにおすすめ♡可愛くて動きやすい「スニーカー×○○」コーデ特集!
子供が小さくて、とてもじゃないけどヒールの靴は履けない・・・。 そんなママさんにおすすめな、動きやすくて可愛いこの冬におすすめな「スニーカー」コーデをご紹介します。 是非、最後までご覧くださいね♡
folk
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理