1. トップ
  2. レシピ
  3. これぞ世界一の美しさ! 祈りの花火が咲き誇る「長岡花火」

これぞ世界一の美しさ! 祈りの花火が咲き誇る「長岡花火」

  • 2017.8.10
  • 7742 views

空襲や自然災害の慰霊・復興を願う祈りの花火

長岡まつり大花火大会は、単に花火を競うものではなく、長岡空襲や中越地震などの慰霊・復興を願う「祈りの花火」。戦時中に一度は中断したものの、1947年に復活し、今年で復活70周年を迎えます。今まで地元の人たちがつないできた平和を願う想いが強く込められた花火には、ほかにはない優美な魅力が宿っています。

今年の長岡まつり大花火大会は8月2日に開催され、全国各地から観客が押し寄せました。花火は戦没者に捧げる「白菊」からスタート。夜空へと手向ける慰霊の花です。まばゆいばかりの花火が夜空いっぱいに広がり、大輪の花を咲かせては儚く散っていきました。その刹那的な美しさは、一度見たら忘れられません。

滝のように火花の雨が降りそそぐ「ナイアガラ超大型スターマイン」は、大花火大会復活70年特別バージョン!一般的なスターマインよりも華やかでダイナミックな輝きで、観客の心を虜にしました。

復興祈願花火「フェニックス」は生命力あふれる不死鳥の輝き

そして、長岡花火の目玉となっている復興祈願花火「フェニックス」も5分フルバージョンと見逃せません。「フェニックス」とは不死鳥のこと。生のエネルギーに満ちた不死鳥をイメージした荘厳な花火は、平原綾香さんの「Jupiter」に乗せ、みずみずしい命がしなだれるような美しさで観客を魅了しました。

さらに、「フェニックス」の後には昨年新登場したミュージック付きスターマイン「米百俵花火・尺玉100連発」が連続で打ち上げられました。時間を忘れてしまいそうなほど力強く華やかな花火に彩られた一夜は、すべての人にとって忘れられない思い出となったことでしょう。

文/萩原かおり

イベント情報

  • イベント名:長岡まつり大花火大会
  • 催行期間:2017年08月02日 〜 2017年08月03日
  • 住所:新潟県長岡市長生橋下流信濃川河川敷
元記事で読む