1. トップ
  2. スキンケア
  3. ほうれい線や目元のしわに叩き込め!化粧水の「本当の力」を引き出すつけ方

ほうれい線や目元のしわに叩き込め!化粧水の「本当の力」を引き出すつけ方

  • 2017.7.30
  • 28258 views

化粧水はただつければいいと思っていませんか?美容液やクリームに比べると地味な存在に感じるかもしれませんが、それは化粧水の本当の力を知らないから!

ほうれい線や目元のしわに叩き込む化粧水のつけ方をマスターしましょう。化粧水の底力を引き出せば、『潤いすぎて美容液いらない』と思うかもしれませんよ?

化粧水は”ただつける”だけでは本当の力は出せない?

化粧水をただ何となくつけているだけだと、顔のすべての部分に化粧水をつけることはできません。試しに、手を顔に当ててみてください。手があたる部分は顔の出っ張っている部分だけ、頬とか鼻とかごく一部だけですよね?たとえば、目の周りの部分はくぼんでいるので、意識しないと化粧水がつきにくい部分にあたります。

ですが、目の周りや口の端、小鼻の周りこそ、化粧水をしっかりとつけなくてはいけません。目の周りや口の端はよく動かす部分で、乾燥しやすく、化粧水をたっぷりとつけて潤してあげないとすぐにしわができてしまいます。小鼻の周りは黒ずみやすく、皮脂が出やすい部分ですので、化粧水をしっかりとつけて、肌を整えてあげる必要があります。

実は化粧水をちゃんとつけられている部分は少ない!

化粧水をパパッと手で付けるだけだと、顔のでっぱっている部分にしかつきません。ほとんどが頬の部分に吸収されてしまい、目の周りやほうれい線の奥まで届く化粧水はごくわずかかゼロです。化粧水をつけているつもりでも、つけられていないのですね。だから、目の周りやほうれい線部分は乾燥しやすく、しわができやすくなってしまいます。

顔のすべての部分に化粧水をつけることができれば、それだけでも嘘みたいに肌のツヤとハリが戻ってきてくれます。実際毎日きちんと化粧水をつけられている頬の部分は、皆さん結構綺麗だったりしますよね?顔のほかの部分も頬と同じようにつやつやにしましょう!!

しわの奥まで化粧水を届けよう!

化粧水をしわの奥まで届けましょう。しわの奥は普段化粧水が届かず、ひたすら乾燥し続けています。ここに潤いを届けてあげるだけで、しわが奥からふっくらとしてきて、ハリのあるやわらかい肌が戻ってきます。

しわの奥に化粧水を届けるには、まずは「化粧水をケチらずたっぷり使う」ことです。化粧水はケチってちびちび使うものではありません。安くてもよいので、たっぷりバシャバシャ使えるものを選ぶようにしましょう。

化粧水は手でつける

化粧水をつける方法は手がおすすめです。コットンでつけるようりも、肌の質感がはっきりとわかるので、肌のトラブルや潤い加減が、すぐにわかるようになります。そしてコットンよりも細かい部分まで、しっかりと化粧水の潤いを届けることができますので、指の腹などを使って、目の下部分など細かいところに押し込むように化粧水をつけましょう。

化粧水の本当の力を引き出すつけ方

化粧水は手にたっぷりととって、まずは顔全体に化粧水をしっかりとつけて潤します。次に目の周り、特にクマの出やすい涙袋から下にかけての部分に、指の腹を使って、丁寧につけこんでいきます。

目じりのしわになりやす部分は、涙で潤いが流れやすく、乾燥しがちなので、この部分も重ねて二度付け三度付けして、潤ったと感じるまで化粧水を浸透させましょう。化粧水の量やつける回数は、潤ったと感じるまで。手で触れて乾燥を感じなくなるまでです。

ほうれい線の奥にも届くようにしっかりと化粧水を押し込みます。ほうれい線のくぼみは手ごわいので、普通に化粧水をつけただけでは、奥まで届きにくいこともあります。そんな時は顔面運動を駆使して、さらに徹底的に潤いを届けましょう。

化粧水をくまなくつける顔面運動

顔の筋肉を伸ばしてながらエクササイズ

化粧水をつけるときは顔の筋肉を伸ばしながら、しっかりと潤しましょう。無表情では隠れている、しわの奥まで見えてきますので、徹底的に化粧水で潤すことができます。

まずは、頬膨らませて、ほうれい線のしわを伸ばしましょう。頬を膨らませることで、しわがしっかりと伸びますので、この間にほうれい線の奥の奥まで化粧水を押し込みます。

次に目の下が伸びるように、鼻の下をぐっと伸ばしましょう。目の下のしわがおんびるようになりますので、この隙に、目の下のしわがなくなるように化粧水を指の腹を使って目の下に押し込みます。

そして、口周りは口を大きく開けたり、ひょっとこのように左右に突き出したりしながら、まんべんなく化粧水が浸透するようにつけていきます。指の腹を使って、何度も重ね付けしましょう。

最後に顔まわりです。顔と首はつながっているので、首が乾燥していると、老けた印象になりやすくなります。首もしっかりと潤しましょう。特に首は年齢が出やすい部分ですので、ここをしっかりケアをすることで、周囲に差をつけることができるようになりますよ。

フェイスラインから首にかけては手のひらを使って、化粧水をしっかりと浸透させます。首は頭を後ろにそらせたりして、首のしわをしっかりと伸ばすようにしながら、化粧水を押し込んでいきます。

顔中くまなく潤うしっとり顔美人へ

顔中くまなく潤うと、嘘みたいに若返って見えるものです。化粧水をしっかりつけるようになって1週間たてば、今までいかに潤いが偏っていたのかわかるはずです。化粧水はたいていの女性がすでに持っているもの、でも本当の力を引き出せていません。

化粧水はスキンケアのファーストステップや美容液のブースター止まりの役者ではありません。スキンケアの中で、主役を張れるくらい、本来はすごい実力を持っているのです。しかも化粧水は他のスキンケアアイテムに比べて安い!!1本700円くらいでたっぷり入ったものも販売されていますので、スキンケアとしてのコスパも最高です。

化粧水の底力を引き出して、明日から潤いたっぷりしっとり顔美人を目指しましょう。