1. トップ
  2. ファッション
  3. 「色」と「香り」がカギ! 夏の寝室を涼しく快適にするアイデア2つ

「色」と「香り」がカギ! 夏の寝室を涼しく快適にするアイデア2つ

  • 2017.6.26
  • 1198 views

こんにちは。ママライターのあしださきです。

2017年、梅雨が明ければ夏はもうすぐそこです。日本の夏は熱帯夜との戦いが大変ですね。

パピマミをご覧の皆さんは小さいお子さんをお持ちのパパやママたちが多いと思いますので、一緒に寝ているお子さんのことを考え冷房ガンガンで寝るということもできず……。

暑くて眠れないまま夜明けを迎えてしまうこともしばしば……ではありませんか?

今は夏の不快な暑さをやわらげるような“接触冷感素材”なる寝具も登場し、その機能もかなり優秀だということですから、そこも上手に取り入れつつ、今回ご紹介するようなアイデアも併用してみたらいかがでしょうか?

1つ目はインテリアコーディネーターとしてのアドバイスでもあります。

夏の暑さを根本から排除することにはなりませんが、寝室の環境を「涼しげに」「落ち着く」コーディネートにしていく ことで快眠を得るお手伝いをしていく方法です。

●(1)寝室には“青”が正解!

色彩学というものがあります。色が人に与える印象や効果について研究した学問です。

色に対する人の感情には2種類あって、(a)表現感情、(b)固有感情となっています。

【(a)表現感情】
“その色を見た人の主観的な感情”のことです。たとえば、その色を「好き」か「嫌い」なのか。そういった感情のことを指します。

【(b)固有感情】
その色に対する“生理的な感じ方”のこと。つまり、表現感情よりは個人差が出にくく、多くの人に共通して見られる感情 のことを指します。

この(b)固有感情を利用した色彩イメージとして広く知られているのは、「暖色系」「寒色系」という色彩の分け方ですね。

言うまでもなく“青”は寒色系に区分されますから、真夏の暑さをやわらげ快適な睡眠を得られる寝室の色選びにはぜひ“青”を。視覚的に“涼しさ”を感じられるからです。

なんと、固有感情によって感じる「暖色系」と「寒色系」の心理的温度差はおよそ3度ある とも言われています。

また2013年、ホテル予約サイトの『Travelodge』が2,000世帯のイギリスの家庭を調査したところ、青の寝室で眠る人の平均睡眠時間は7時間52分で、他のどの色よりも長く眠れるということが分かりました。

2番目は黄色、3番目に緑と続きます。

また同調査では、「青い寝室で眠る人の58%が目覚めたときいつも幸福感を感じる」ということも分かり、睡眠から目覚めた後の人の感情にさえも色が影響を及ぼしている のです。

そこでおすすめしたいのは、寝室のインテリアにはぜひ“青”を取り入れてほしいということです。

布団カバーなどのベッドリネンはもとより、部屋のカーテンや壁に飾る絵や小物にも“青”いものを。

もちろん夏のあいだだけ“青”を使いたければ、タペストリーのように青い布を部屋に吊るすといった方法も便利ですよね。季節に応じて好きな色に掛け替えられます。

●(2)香りが“涼しさ”を感じさせてくれる

『アットアロマ株式会社』が2011年に行った香りの印象調査において、86%の人が「香りがあることで涼しく感じる」と回答 しています。

調査に使用されたのは、ペパーミント、スペアミントなどの天然成分を含んだ清涼感ある“ミント系オイル”でした。

そのオイルをアロマディフューザーによって噴霧し、香りを施設内に漂わせるという方法によって調査されたとのことです。

これを寝室においてもまねすることができるのではないかというのが2つ目のアイデアです。

・清涼感のあるミント系のアロマオイルを染みこませたコットンを枕元に置いてみる
・ミント系の香り付きのものを寝室のカーテンや寝具に軽くスプレーしてみる

など、ご自宅の勝手に合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか?

----------

いかがでしたか? 日本の夏の風物詩“熱帯夜”が今年ももうすぐやってきますよね。冷房を使わずに少しでも快適に眠れるようなアイデアを2つご紹介しました。

いつもの夏にしている工夫にもうひとつプラスして試してみよう! という簡単なものです。

次に寝具を買うときは“青”のものを。また、ミント系の香りをお部屋に取り入れて“清涼感”を。頭の隅っこにちょっとでも覚えていただけたら幸いです。

【参考リンク】
・Travelodge(https://www.travelodge.co.uk/press-centre/press-releases/SECRET-GOOD-NIGHT%E2%80%99S-SLUMBER-SLEEP-BLUE-BEDROOM)
・節電への取り組みに関する調査 | アットアロマ株式会社(PDF)(https://www.at-aroma.com/jp/pdf_news/26.pdf)

●ライター/あしださき(元モデル)
●モデル/坂井由有紀(央将くん)

元記事を読む