1. トップ
  2. ネイル
  3. 【ネイルブラシの正しいお手入れ法】アートをより美しくするためのポイント

【ネイルブラシの正しいお手入れ法】アートをより美しくするためのポイント

  • 2017.6.19
  • 7029 views

ネイルアートをするうえで欠かせないアイテムのひとつである、ネイルブラシ。皆様は普段、きちんとネイルブラシのお手入れをしていますか?ネイルブラシの状態はネイルアートの仕上がりに影響することもありますので、正しいお手入れのやり方について、しっかり把握しておきましょう。

ネイルブラシの状態でアートの質が決まる!?

ネイルアートの必需品、ネイルブラシ。ジェルを塗ったり、ラメをのせたり、絵を描いたり、グラデーションをつくったり…というように様々な場面で使うため筆先の形や毛の硬さにこだわりがある方も多いかと思いますが、「お手入れ」についてはあまり考えたことがない、という方が少なくありません。

ネイルブラシはその管理方法によって寿命にかなりの差が出てきますし、筆先の状態によっては、綺麗にカラーリングできなかったり、ジェルにホコリが混ざってアートが台無しになってしまったりと、様々な問題が起こる可能性もあります。

Slow (埼玉県伊奈町)

ネイルブラシを使った後のお手入れ法

ネイルブラシを使った後のお手入れには、ジェルクリーナー(エタノールでもOK)を使います。キッチンペーパーにジェルクリーナーをたっぷり染み込ませ、筆先についた汚れをふき取りましょう。
ラメやパール入りのジェルを使った場合は、ダッペンディッシュに少量のジェルクリーナーを入れ、筆先を洗うと綺麗になります。

セルフネイラーさんの中にはアセトンを使ってお手入れする方もいますが、あまりおすすめはできません。アセトンでも筆先の汚れを落とすことはできますが、ジェルクリーナーに比べて毛にかかる負担が大きいため、ネイルブラシの劣化を促進してしまう可能性があるのです。

H&S

ネイルブラシを保管するときに注意すべきポイント

ネイルブラシを良い状態に保つには、その保管方法にも気をつける必要があります。

まず、ジェルクリーナーでクリーニングした後についてですが、筆先がバラバラにならないよう、綺麗に揃えておきましょう。筆先が割れるとその部分がスジのようになり、綺麗にカラーリングできなくなってしまいます。

またブラシを保管する際は、必ずキャップを付けておくようにしましょう。キャップをせずに保管していると筆先にホコリが付着し、次に使うときジェルに混入してしまいます。キャップをなくしてしまった場合は、アルミホイルで筆先を包んでおくといいでしょう。

 
Itnail編集部